横丁スタッフのご紹介です☆

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが
働いています!(国内編)Vol.28 まゆみさん編~♪


皆さま、こんにちは!しおんです!
いつも横丁スタッフブログをお読みくださり
どうもありがとうございます。

本日は、国内スタッフとして昨年の夏より
横丁業務に携わっている、まゆみさんへの
インタビュー内容をお送りいたします!

-まずは、まゆみさんととりきち横丁との出会いを教えてください☆

とりきち横丁のことは、鳥飼さんのブログの紹介記事で知りました。
ウチにインコさんをお迎えしてすぐの頃ですので、今から
3年半ほど前のことです。

飼い主さん達が「とりきち横丁のご飯は食いつきが全然違う」と
喜んでいるのを見て興味を持ちました。その後自分でも商品を
購入し、実際にインコさんが喜ぶ姿を見て、私もとりきち横丁の
トリコになりました。

もとからお買い物は好きなので、最初は沢山あるラインナップを見て
インコさんの喜ぶ姿を想像するショッピングをウキウキと
楽しみました。そうして何度もサイトを訪問し商品を吟味するうちに
次第にインコさんのお世話の仕方について少しずつ考えながら
商品を選ぶようになりました。

安心安全素材なこと、バリエーションをあげて食べる楽しみを
提供することや、必要な栄養素について知ること、インコさんの
体調にあわせて食の管理をすること、
ケージ用品でインコさんの暮らしに楽しみを増やす工夫など…。

インコさんをお迎えするにあたって一応、飼育書は一通り読みました。
でも実際に自分ゴトとして、ウチのインコさんの飼育方法を考える
きっかけをくれたのは、先輩飼い主さんたちのブログを通して出会った
とりきち横丁のサイトとその商品たちだったと思います。

1_2018020923585920d.jpg
とりきち横丁の商品には、いつも満面の笑顔がかえってきます。
だからお互いやめられないね♪


-まゆみさんの愛鳥さんを詳しく教えてください

2014年6月生まれの雄のセキセイインコさんです。我が家には
生後約4~5週間の頃にやってきました。名前はとりチャン、
とても元気で好奇心旺盛なやんちゃ君です。

新しいモノやはじめて見るモノでもこわがらず、すぐドツキ回す
ジャイアン君でもあります。ボール状のものを転がしたり
投げ飛ばしたりして遊ぶのが大好きです。スマホは大嫌いで
写真をとろうとスマホを向けるとすぐガブリ攻撃をしてきます。
そのため、可愛い姿を撮影するのはいつも四苦八苦です(;∀;)。

2_20180212203314cab.jpg3_20180212203316b3a.jpg
おっ、新しいオモチャか、どうやって遊ぼうかな・・・!
こうかな!(・・・違います。)


-まゆみさんの鳥さん歴はどれくらいですか?

幼少のころ、親が近所からセキセイインコさんを譲り受けたことが
ありましたが、わずか数か月後で転勤となり別のお宅に譲り
渡したそうです。当時のことは私も記憶があまりないので
実質、今お世話しているインコさんとの生活歴が私の鳥さん歴に
なります。現在、約3年半です。

4_20180212203631369.jpg
よろしくね、ペコリ~♪

-愛鳥さんが好きな横丁商品は何ですか?
また、お客様におススメしたい一品をぜひ教えてください


インコさんの大好きな横丁商品は、何と言っても横丁の
おいしいご飯たちです。なかでも不動の1位は、みんな大好き
「セキセイ・スペシャルブレンド」。日替わりで複数のご飯を
用意しているのですが、一番最初にかぶりつきで食べるのが
「セキセイ・スペシャルブレンド」です。

5_20180212203913197.jpg
それは君、かぶりつきすぎやろ~!(;’∀’)

次にインコさんからのおススメの逸品は「半熟キビ穂」。
1年のうち晩夏から初秋にかけて、横丁に登場する、
とれたての数量限定品です。これも本当に美味しいようで、
食べるときは必ずより目&笑顔です(笑)。

そして食べかたも、伸びあがったりぶらさがったり
足をつかったり、と大変忙しく、まさに
「やめられない止まらない」状態で食べ尽します
(それがまた見ていて可愛いのです!)。

残念ながら今年度の収穫分は売り切れてしまいましたので
来年度はたっぷり買っておいてあげよう、と思っています。

6_20180212204253289.jpg
本当に美味しいんだね♪見ているほうも嬉しくなる笑顔です。

-鳥さんを飼う魅力とは何ですか?

とても純粋で愛情深いこと、だと思います。
小さな体でとても感情豊かに、様々な事を全身で表現し
語りかけてくれるので、自分も精一杯それに応えようと思います。

なのでインコさんと向き合うときは自然と笑顔になれたり
自分の中から愛情深い一面が出てきたり…そんな風に日々の
生活のなかで、自分の心を豊かに変えてくれることだと思います。

7_20180212212850797.jpg
ボール大好き!でっかいヤナギボールもね!

-とりきちさんの第一印象は?
また、実際に会ってみてどうでしたか?


とりきちさんとは東京駅のとあるお店でお会いしました。
ご出張の移動の合間に時間を割いて下さったこともあり
第一印象は「とても忙しそうな方」でした。

次に実際にお話を聞きながら感じたのは「芯の強いブレない方」。
ドイツに行った経緯からとりきち横丁をはじめて今に至るまでを
大変情熱たっぷりに語っておられる様子を見てそう思いました。

そして最後にもう一つ印象に残った事は「とても真摯な方」。
とりきち横丁のこれからの夢を語りながらも、お客様のつどいで
「横丁が大きくなって距離を感じるようになった」と言われた事を
大変気にしている様子から、そう感じました。

横丁をはじめた時の原点を忘れない事と、より大きな理想の
実現に向かって走り続けることの、バランス感覚を常に
大切にしようとしている方だと思いました。

8_20180212213112398.jpg
このバッグでいつかボクもドイツへ…(いえ、行きませんから。)

-東京にお住まいとのことですが、何か街の魅力がありましたら
ぜひ教えてください


私もとりチャンに似て食いしん坊ですので、東京の一番の魅力は
「日本中と世界中の美味しいものが一通り食べられる」ことかと
思います (^p^)。

次に、食べる事とは関係がないのですが、私が住む武蔵野市の
おすすめスポットは「ジブリ美術館」です。ジブリが好きな方は
もちろん、そうでない方も一度は行ってみて頂きたいです。

美術館の中の一角にはいくつかの小さな部屋が繋がっていて
そこの展示を見ながら歩いていくと、映画の製作過程が
わかるようになっています。クリエイターが一つの世界を
緻密に練り上げ形にしていく過程をひとつひとつなぞって
体験できる、ため息がでるような素敵な場所です。

入場にはチケットが必要なので、早めに予約をして是非
一度足を運んでみて下さい!

9_20180212213335069.jpg
巨神兵と記念撮影できます。
(この写真は公式サイトから転載しています)


-今後は国内スタッフとしてとりきち横丁と
どう関わっていきたいと思いますか?
一緒に叶えていきたい夢など何かありましたら教えてください。


私はウチのインコさんの反応を通して、とりきち横丁の商品が
本当に良いものなのだということを実感しました。
この素晴らしい商品たちを1羽でも1人でも多くの鳥飼いさんに
届けるお手伝いをしたい、と思いスタッフに加えて頂きました。

とりきち横丁では今、お客様との接点をより密度濃く&数多く
増やしていくために、日本支社や支店などの基盤づくりが
始まっています。その活動を支える国内のスタッフの一人として
土台作りの役に立ちたいと思っています。

支社は、ドイツや世界中からの優れた商品の輸入だけでなく
いつか日本発の優れた商品を世界に発信する基地になればと
思います。

そして支店は、鳥好きさんの集う場所である事はもちろん
「鳥のいる生活って素敵だな!」と思う仲間を増やす、憧れを
育む場所になれたらいいな・・・というのが、ささやかな夢です。

10_20180212213603155.jpg
夢に向かって一歩ずつ、ね。少しずつでも、前をみて歩き続けることで
いつかきっと大きな夢にたどり着くんだよ。


-最後に横丁をご利用されているお客様に向けて一言お願い致します!

私がインコさんをお迎えした3年半の間でも、鳥さんの
生活にまつわる新しい商品や情報がどんどん増えて
行っているように感じます。

これからも大切なインコさんとその仲間たちのために
愛鳥さんの生活に役に立つものを沢山紹介しお届けできるよう
私自身も商品をしっかり理解して知識を蓄えていこうと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いします!

11_201802122216024b0.jpg
ボクぁ毎日、試食を頑張ります、キリッ!

以上、まゆみさんのインタビュー記事を掲載させて頂きました☆

まゆみさん、インタビューに答えてくれて
本当にどうもありがとうございました!
かわいいトリちゃんの画像をたくさん寄せてもらい、
「ん~かわいい~(*´~`*)」と、写真を眺めては
思わず独り言をつぶやきながら記事を
アップさせてもらいました♪

国内スタッフとして的確に業務をこなし、また
とりきちが東京出張の際には率先してイベントのオーガナイズも
担当してくれて、心から感謝しています。

まゆみさん、これからもよろしくお願いします\(^o^)/

私の今。

こんにちは、るーです。

今週、ベルリンはきりっとした寒さが戻っていますが、総じて今年の冬は暖冬だなあと思います。
日本は今年とても寒そうな冬ですね。
どうか皆さま、くれぐれもお身体はお大事に

さて、とりきち横丁で働き始めてから9ヶ月目に入りました。
その間、色々と経験させてもらい、毎日が濃く、1年以上経っているような感覚です
しかし、もちろん経験値的には全くそんなことはなく、
まだまだ実務でたくさん分からないことがあるので、日々先輩方から学んでおります。
また、今年から始まった社員研修では、知らない知識を学べ、とても有意義です。

梱包業務、商品集めの業務を経て、今は新しく確認メールを担当しております。
もちろん、どの業務も最終的にはお客様に直結しますので、
気が緩まることは一切ありません。
各業務で注意を払う点が変わるので、それぞれ違った達成感と疲れを感じます。
特に、確認メールは、お客様をより近く感じ、そしてお顔が見えない分、緊張しています。。。
少しでもお客様のお買い物がスムーズに進むように、と毎日そう願い書いております。
間違いもしてしまうので、その時は、お客様に迷惑を掛けてしまった、、、と
深く反省し、落ち込みます。
せめてもの償いとして、同じ間違いは二度としないよう一層気をつけています。
ご理解あるお客様に助けられて、本当にありがたく、
この場をお借りして、皆様の寛大なお心に感謝申し上げます!!!
不束者ではありますが、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、仕事中の水分摂取に、私はハーブティーを飲むことが多いです
ちょうど写真を撮った日は、6種類、会社にありました
ドイツは、ハーブティー大国です。
あまり好きではなかったけど、こっちに来たら飲みやすく感じ、好きになりました。
そして、たまに、インスタントコーヒー。
最近気づいたのですが、ドイツにはあのドリップバッグコーヒーがないのです
インスタントコーヒーはあまり好きではないので、
ドリップバッグコーヒーの質の高さと便利さに、今更ながら素晴らしさを感じます。
夏はガス入りの水を用意してくれるので、それを飲んでいます。

blog_ai.jpg

体力・集中力維持に、この一息と水分補給は欠かせないのです

お読みいただき、ありがとうございました!
では、eines schönes Wochenende

るー

カーリーちゃん

皆さま、こんにちは。
サプライヤーとのやり取りにおいて
マリウスのアシスタントを務めているヤクブです。

CarlyAmFressen2.jpg

本日は、私がとりきち横丁の小鳥たちの中で一番お気に入りの小鳥、
カーリーについて書きたいと思います。

とりきちTagebuchをご愛読くださっているお客様には
すでにご存知の通りかと思いますが、
カーリーちゃんは当店の代表、シシイ家原が教会で出会った鳥です。
非常にかわいい雌鳥で、彼女のきれいな顔立ちは目を惹きます。
一緒に暮らしている3羽のインコたちの可愛さについては
言うまでもないのですが、カーリーはある特別な魅力を
持っているように思います。

もう少し具体的にいえば、彼女はいつも元気で、ケージの上を歩いて
エサを探したりおもちゃで遊んだりすることが大好きです。
他にも、ココナッツの中でぼんやりして楽しんだりしています。
ある意味、人間のような印象を与えてくれます。

自分が業務でいっぱいっぱいになっている時、一呼吸置こうと
カーリーの姿を眺めると、とても落ち着きます。

カーリーちゃん、いつもありがとう!

CarlyKoko.jpg

入社の経緯

こんにちは、入社半年目のゆうこです。

私が、東京で長年勤めた会社を退社してまで、
ドイツに行こうと決心したのは、
学生時代から憧れていたヨーロッパ、
特にドイツに住んでみたい、という思いが断ち切れなかったこと、
そして、ベルリンを選んだ理由は、この街が東西ヨーロッパの接点だと考えたからでした。
西ヨーロッパ、同時に、中央ヨーロッパの文化と芸術、歴史に興味があったので、
ベルリンが自分にとってベストだと判断したのです。

それ以前20年ほど前に、ベルリンへ足を踏み入れたくて旅行で立ち寄ったことがあります。
その時の印象は、予想を裏切らず“少々退廃的、ちょっと暗い”←失礼!
ベルリンの壁はとっくに崩れてはいたものの、当時は街の中心部は全て工事中。
ベルリンの空に向かってクレーンがニョキニョキと伸びているのを、街中至る所で見かけました。
最初に南ドイツから北上し到着したこの街は、
バイエルン州の明るい雰囲気とは打って変わって怖くなるくらいでしたが、
異様に後ろ髪をひかれたのも事実。
結果、長い時間は経ちましたが、ベルリンに再訪してしまいました。


長期滞在するならば、もちろんお仕事はせねばならない…
…スタッフを募集していたとりきち横丁を受けました。
心惹かれた大きな理由は、
私がその良質さに感心しているおもちゃ会社の商品を扱っていること、
動物が好きだったことや、ドイツの動物愛護活動に興味があったこと。
私(素人)になりに、ドイツ滞在中に、知識を深めたいテーマがたくさんあり、
そのうちの二つが、“ヨーロッパのおもちゃ”と“動物愛護”でしたので、
とりきち横丁に興味を持ったのです。

皆さまもスタッフブログでレポートされているティアハイムなどの存在はご存じと思います。
このティアハイム、
ベルリンだけではなくドイツでは多くの街に、大小問わず存在するようです。
ちなみにベルリンならば、ティアハイム意外にも動物の老人ホームもあり、
たくさんの鳥さんも保護されています。
街に出ても、日本のようなペットショップらしきものが見当たりません。
テレビ番組でも、動物愛護団体提供らしき動物の里親捜しの番組もあり、
ティアハイムに保護されている動物たちを個々に紹介して
(性格、ティアハイムにたどり着いた経緯、好きなことetc…)、
メディアを通し、たくさんの人たちに彼らの存在を知ってもらおうということのようです。
番組の間には、動物、ペット事情のドキュメンタリーなども織り込まれていて、
悪徳ブリーダーや、動物の医療についてなど、勉強になることが多いです。
確かに、保護されている動物たちが不快な思いをせず住むような住環境が、
少なくとも日本よりかは守られている感じは受けます。
ヨーロッパで動物の住環境について学んで、
日本でも参考にすべき活動が多々存在することを感じます。

今年からは、社員研修として、ドイツの鳥や、取り巻く環境などを、
店主とりきちから教わることになりました。
スタッフの私たちも、鳥に関する商品を扱う身として、鳥についての知識を深めよう、
ということです。
日本での講演内容を元に、先日、第一回セミナーが行われました。
まだ、導入部分ですが、ヨーロッパの動物愛護運動を理解していく上で興味深い内容でした。
自分でも知りたかったテーマを、講義で聞かせていただけるということなので、
やはりとりきち横丁でお仕事させていただいたのは幸運だったと思います。
今日も、しばらくしましたら二回目のセミナーが開かれます、
偶然にもテーマはティアハイム、より正しい知識をつけたいと思います。

通常の実務をより良くこなすよう頑張ると同時に、
この折角の機会に、徐々に鳥を始めとしたドイツの動物事情について勉強し、
会社とお客さまへ更に貢献できるように、
また同時に、ベルリンで吸収していきたい知識を自分の為にも、
より深めてこうと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。



写真は、動物の老人ホームの鳥さんたちです。
寄り添う姿がほほえましかったので、思わず撮らせていただきました。

動物老人ホームの鳥さんたち

私の担当する梱包業務について

こんにちは。

いつもお世話になっております、
梱包担当のしのぶです。

お客様の皆様に大切な荷物をお届けするため、
日々業務にあたらせて頂いております。
少しでも早く皆様の手元に荷物がお届けできるように
私達は発送時間に向けて、一つでも多く仕上がるよう
努めています。
そのような中で、最近は窓から見える雪景色に
作業中、和むこともあります。

それでは、本日のブログでは私が担当させて頂いてる
梱包業務についてお書きしたいと思います。

とりきち横丁の梱包業務は、私にとって
日々達成感を感じられる、やり甲斐のあるお仕事です。
まだまだ勉強中の身ではありますが、
頑張っていきたいと思っております。
けれども、心ではそう張り切っていても
時には上手くいかずにヘコむことも多々あります。

例えばですが、

朝はまずシード詰めからのスタートが多いのですが、
匂いの強いシード詰めで手がかぶれたり、シードが袋から
溢れたりした時には、手元を掃除しながら
ため息が漏れることがあります。

また、梱包中にガムテープが手に絡みついた時は
「時間がもったない!」と、焦ってしまいます。

ラベルや送り状の文字を間違えた際には修正液で消した後に
書き直しているのですが、「この修正液の上に書いた文字の
ラベル、お客様に嫌に思われないだろうか?」と不安になります。

発送時間が刻々と近づいて出荷間際になりますと、
「あとガムテープさえ貼ってしまえば出せるのに…!」、
「あとこの商品さえ入れられれば、すぐに仕上げられるのに…!」
といった思いに駆られ、結果タイムアウトとなって
出せなかった荷物が出てしまう時は、非常に残念でなりません。

他にも、空になったキビ系の入っている箱や袋を整理する時には、
目や鼻、喉や髪の毛に異物を感じ、目がしょぼしょぼとして
何かと戦っているうような感覚を覚えます。

しかし梱包をしていて大変だと感じることばかりでは決してなく、
作業をしていて思わずテンションが上がったり、喜びを
感じることも多々あります。

「シード詰めで重量の数字がピッタリと合う瞬間」。

時折、一度シードを袋に入れただけで重量が合致した時には
「今日はラッキーな一日だわ~!」と、思わず笑みがこぼれます
(*^_^*)

そして箱に商品が入り、ガムテープと送り状を貼り終わった時の、
お品物が全て箱に収まった瞬間がとても好きです。

送り状に記載されたお客様のお名前を拝見していて、
「あっ、このお名前は小学校の時の◯◯ちゃんと同じだわ!」と、
自分の子供時代をほんの一瞬、思い出すこともあります。

ご住所を拝見していて、ご当地で有名な物産や観光名所が
パッと頭に浮かび、「食べたいなぁ」、「温泉入りたいなぁ」と
日本を身近に感じ、そんな時もふと一人で
作業中に微笑んでしまう瞬間があります。

「とにかく時間までに一つでも多くのお品物を出荷したい!」と
思って頑張っていると、時間が猛スピードで流れていき、
あっという間に出荷時間を迎えます。
そして当日の様々な反省点を振り返りながら入る、休憩室。
そこにある鳥さんのカレンダーを眺めながら飲むコーヒーは
格別で、とても心が優しくなれる、ホッとするひと時です。

coffee and calender

このようにして、私は日々、業務に取り組んでおります。
ベルリンへは結婚を機に移り住んだのですが、それから
数年が経ち、最近では日本の良さ、誇らしさを大切にしたい、と
しみじみ感じています。
ドイツとベルリンがどんどんと好きになっていく中で、
とりきち横丁でのお仕事は私にとって、こうした思いの
架け橋になっています。

そしてお客様の皆様にとって、ひいては日本にとっても
小鳥さんを通して少しでも私がドイツとの架け橋になれたら
素敵だなぁ、と心から思います!

これからも精一杯努めてまいりますので、
どうぞよろしくお願い致します!

最後になりますが、日本も現在、とても寒いことと思います。
心も体も温まられて、皆様が日々を元気に過ごされますように。
ベルリンより心より祈っております。

しのぶ
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR