ベルリン 蚤の市めぐり

あすきです。

先週のゆみさんのブログでも書かれていたとおりドイツでは休日というものを大切にする習慣があるようで、日曜日は大きなショッピングセンターやスーパーでも閉店していて、休日はゆったり過ごすということが多いようです。

しかし、ベルリンに旅行に来た方は日曜日に店が全然開いてなくてつまんない...なんてことはありません!
ベルリンは日曜日に蚤の市、つまりフリーマーケットがいたるところで開催されているのです。

蚤の市というと小さな広場でママさんたちが古着を売りにいくなんてイメージかと思いますが、ベルリンの蚤の市は毎週行っても飽きません。
例えば、マウアーパークという公園で開かれる蚤の市は人であふれかえっていて、晴れた日は歩くのもままならないほどの混雑です。

何が売っているかと言えば、古着や日用品はもちろん、アンティーク製品、陶磁器、アクセサリー、カメラ、はがき、...などなどなんでもあります。
それに加えて、果物やワインの販売、カリーブルストやビールなどのごはんも食べることができ、もうほとんどお祭り状態なのです。
子どもが遊ぶコーナーも作られていたり、ダンサーやバンドのライブも一日中行われていて、アンティークマニアでなくても楽しめます。

他にも博物館島(という博物館が集まっている地区があります)の裏にある東ドイツ製品を扱った市、プレンツラウアーベルク地区のBIO商品市、シェーネベルク地区の古着市などとそれぞれの蚤の市にも特色があります。

ドイツ各地の都市でも週末の蚤の市は行われていますが、ベルリンほど蚤の市が多い街はありません。ベルリンは先進的な街でもありますが、古い物も大好きという印象です。
東西分断の歴史から東ドイツを懐かしんで(ノスタルジーと東を意味するオストをかけて「オスタルギー」などと呼ぶこともあります)製品を物色したりすることもあるのでしょう。実際、東ドイツ製品は派手さは無いもののチープなかわいさが素敵だったりもします。

僕は古いフィルムカメラをたったの10ユーロで買ったり、古着を破格で買ったりと毎週のように蚤の市を満喫しています。
ビール片手にぶらぶらと蚤の市をまわるなんていうのもドイツらしい休日の過ごし方なのです。

ですから、ベルリンへ旅行をする皆さん。日曜はゆっくり休むのもいいですが、蚤の市へ行ってベルリンならではの楽しみ方を満喫してはいかがでしょうか?

DSC05124sds.jpg
画像は記事とは関係ないおっちゃんです。エジプト文字にこんなのありそう。

ベルクグリューン美術館Museum Berggruen

初めまして、ゆうこと申します。
東西ヨーロッパへの憧れが高じて、“東欧西欧の中間地点はベルリン!”と思い込んで、滞在中の女子です。
この度、とりきち横丁にお世話になることになりました、以後お見知りおきを願います

諸先輩方の過去のブロクを見せていただいたところ、ベルリンの街や生活に関してはすでに詳しく書いていらっしゃるようなので、自分は、大好きなアートについて、特に三度のご飯より好物の美術と美術館についてつぶやかせていただこうかと…しばしお付き合いくださいませ。

第一回目のテーマは、横丁からもそう遠くない、ベルクグリューン美術館Museum Berggruen。

DSC04825_2017081122323537f.jpg


ベルリンでは一番立派なお城、シャルロッテンブルク城の向かいに立つ二本の塔の右側がこの美術館。
ベルリンには、ギリシャ彫刻などで有名なペルガモン博物館を筆頭に、多くの巨大な国立博物館が存在しますが、実はここも同じ国立美術館…けれど、非常にこじんまり、ゆ~っくり回っても2時間弱あれば十分に回りきれる大きさ。
20世紀初頭活躍したベルクグリューンさんというベルリン出身のユダヤ系美術ジャーナリスト、兼、画商、兼、美術コレクターのコレクションを公開している美術館。

展示作品も世界的に有名な、美術史上重要な作品があるわけでもないのです…
…が!20世紀美術では非常に有名な画家ばかりが集められていて、小品とはいえ、マチス、セザンヌ、カルダー、ブラックetc…
手前はメインで一番多い展示品は、Picasoピカソ。彼は、状況によって絵のスタイルをガラッと変えますが、あらゆる時代の彼の作品が観られます、青の時代、薔薇色の時代、キュビズム、彫刻などなど。
ここの所蔵品のピカソの中では“緑爪のドラ・マール”が一番イイ、何かお茶目と言うか。

DSC04816.jpg



でも、私のお目当てはピカソではありません、Paul Kleeパウル・クレーです、数年前にこの美術館が改装されてからクレーの展示室が以前より広がったのです、よくやってくれたもんです(^o^)
カラフルながらも静かなトーンの色彩、ユーモア溢れるモチーフ、また実験的な作品は。ピカソほどではないとはいえ、日本でもクレーファンは多いでしょう。
クレー専門の美術館と言えば、彼の生まれたスイス・ベルンにある、パウルクレーセンター、Zentrum Paul Kleeですが、ベルクグリューンも小さいながらも約70点の作品を所蔵しているそうです。

DSC04809.jpg


そして、これまた大好きなアルベルト・ジャコメッティAlberto Giacomettiも何点かあるのも私にはツボ。特徴のある細長い人物像や猫の彫像にご対面できます。

時間の限られた旅行者の方は、他にたくさん回るべき名所があるので、小さな美術館に立ち寄るのは難しいかもしれません。ただ、絵画に興味がある方なら中々面白いと思いますので、城見学のついでにでもふらりと寄ってみてください。
周りにはパートナー的存在のシュールレアリスム作品中心の美術館、シャルフ・ゲルステンベルク・コレクション Sammlung Scharf-Gerstenberg、
真横には、アールヌーボーやアールデコを中心とした工芸博物館、ブローハン美術館 Broehan Museum、
少し歩くと、陶芸美術館 Keramik Museum(まだ行ったことないですが日本人の友達の間では人気)
などがあり、美術館が集まっています。
ちなみに、シャルロッテンブルク城内にも、ロココ芸術、絵画がひっそりと隠れていますよ。

絵画鑑賞やお散歩に疲れたら、お城の横に、ベルリンでは比較的老舗(?)のクラフトビール屋さん、レムケ Lemkeもありますので、ソーセージでもつつきながらビールをグビっと、ってのもありです

DSC04823.jpg

ベルリンの湖

皆さん、こんにちは。ヤクブです。

今日のテーマは、ベルリンの湖です。

バルト海沿岸に位置する国々のなかには、たくさんの湖沼地帯があります。

ベルリンも、まさに似通った地形をしています。首都ベルリンとその近郊は、たくさんの湖に囲まれていて、夏に水浴びし、冬にはアイススケートする人々を集めます。

Wannee1.jpg


ベルリンで一番有名な湖はおそらく、西南のシュテーグリッツ=ツェーレンドルフ区に位置するヴァンゼーです。

Wannsee3.jpg


南西ベルリンの住民の多くは暮らし向きがよく、それゆえ贅沢な邸宅が湖の縁に並んでいますが、『シュトランドバド=ヴァンゼー』(ヴァンゼー浴場)という国営遊泳場では、皆が貧富差に関係なく楽しい時間を過ごすことができます。

そして本場のベルリンの雰囲気がありますので、私は皆さんに日帰りの旅行としておすすめします。


Wannsee2.jpg


ベルリンの建物

皆様、こんにちは。桃です。

今日のブログのテーマはベルリンの建物についてです🏢

ヨーロッパの建物と言えば多くの人がイメージするような、
レリーフなどで装飾が施されたヨーロッパらしい華やかで古い建物も、もちろん沢山あります。

しかしそれだけではなく、無機質で冷たい感じのあるデザインの建物もまたあり、
特に、幾何学模様を用いたモダンな印象のものが多く見られます。

例えば、有名な建物で言えば、テレビ塔の球体部分。
太陽が当たるとギラギラ光りますが、それもまたどこか冷たい印象を与える気がします。
tower400.jpg

そして、カイザー・ウィルヘルム教会の新教会堂(右)。
一見、教会のようには見えない、四角形のみで埋め尽くされたとてもシンプルな八角形の建物です。
500.jpg

中にある像も、曲線が少なく、多くはまっすぐなラインで作られており、
一般的な教会の像のイメージを覆すような大変斬新なデザインで私は好きです!
inside.jpg

ちなみに、これは私のエコバッグですが、この柄はBerliner Rockhaus(ベルリナー ロックハウス)という、
ミュージシャンがリハーサルなどをするスタジオの建物の幾何学模様をモチーフにしています。
bag400.jpg

ごてごてと華やかに装飾されたヨーロッパらしい建物ももちろん素敵ですが、
余計なものを一切そぎ落としたミニマルなデザインや、幾何学模様の建物も私はとても気に入っています☆

来週のブログは、ヤクブが担当です★

ベルリンのオーケストラ&歌劇場の紹介【2】

皆様、こんにちは、とりきち横丁スタッフのタケシです。

今回は現在135年の歴史があるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を紹介します。

このオーケストラは世界最高と言われるだけあり、クラシック音楽に興味がない方でも名前は聞いたことがあると思います。

確かに、伝統・人気・音楽性・音の魅力等、全てにおいて素晴らしいです。

DSC01050.jpg



ベルリンフィルで約28年前、ヘルベルト・フォン・カラヤンという人物が終身首席指揮者 兼 芸術総監督に就任していました。

この写真では、カラヤンの偉業をたたえて、フィルハーモニーの横の通りは彼の名前の"Herbert von Karajan Strasse"という名前の通りなっています。

DSC01051.jpg


私自身、様々な演奏を聴きに行きますが、このオーケストラの各演奏者の技術は間違いなくトップクラスです。

もしベルリンに来たならば、ベルリンフィルハーモニーの演奏を生で味わうのがお勧めです。

DSC02032.jpg


タケシ

来週のブログは、スタッフが担当します!
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR