『ヒンメルの横丁探検記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.27 あふぃー編〜♪

こんにちは♪ヒンメルです🐦🐦🐦

IMG_5968.jpg

あまりにお久しぶりで、皆さん忘れてると思いますが、
ヒンメルです(笑)未発売商品の前でパチリ撮らせてもらいましたよっ(*´з`)

今回のスタッフブログは、昨年10月から横丁スタッフの仲間入りをしたあふぃーのインタビューをお送りします!

IMG_5969.jpg

横丁オフィスのケージ前、ヒンメルを頭に乗せて撮影させてくれました(笑)お顔はご想像にお任せします...

現在2歳のお子さんがいるあふぃーは、実は、横丁に来る前はバリバリのパティシエさんとして活躍されていたすごい人物なのです(+o+)
お菓子を作るが如く、繊細に横丁シード商品も扱う((笑))あふぃーのインタビューをどうぞ(・∀・)★

―とりきち横丁を知ったきっかけは何ですか?
実際にお仕事をしてみて抱いた横丁の印象を教えてください。
また、鳥さんについて、横丁で働いて初めて知った事実や驚きの事実などはありましたか?


「とりきち横丁はMixBという海外在住日本人コミュニティで掲載されていた求人広告を見て知りました。
スタッフの皆さんについては、優しい方ばかりです。わからないこと等質問してもどの先輩も時間を割いて丁寧に教えてくれ、新人の私にとってもとても良い雰囲気の中でお仕事させて頂いています。また気軽に冗談を言い合ったりとても和やかな環境ですが、皆さん気を引き締める時はしっかりと締め、チームワークも素晴しいと思います。

鳥さん、特にインコの種類の数に驚きました。
また同じ鳥さんでも表情、体の大きさが違ったり、食べる物が違うことを知りそんなところは人間と変わらないんだなと思います。」

―横丁でお仕事を始めて3ヶ月が過ぎ、現在シード集めや梱包作業を主に行っていただいておりますが、実際に作業をして大変だと思うことや面白いと思うこと、初めて気づくこと、発見したこと、自分が工夫して作業していることなどなど、お仕事エピソードを教えて下さい。

「楽しくお仕事できているので、大変だなぁと思ったことは今までありません。といいますか、きっと大変だと私が思う前に先輩方がもう先回りして助けに来てくださってるのだと思います。

面白いと思うことは、美味しそうな良い香りのするシードもたまにあって、私でも食欲をそそられてしまうことです。お昼前なんかはシード詰めの最中にお腹が鳴ってしまうこともしばしばあります。

工夫していることはシード詰めも梱包もとにかく自分がお客様側の気持ちになって作業することです。迷ったら、まず自分が受け取るとしたらどんな風なら嬉しいだろうかと考えてみます。できるだけ丁寧にキレイに心をこめて作業すればちゃんと伝わると信じてお仕事しています。」

ー今まで動物と一緒に暮らしたことがありますか?どんな動物ですか?

「日本の実家では犬を飼っていました。ゴールデンレトリバーです。家族みんな大好きで1匹目が亡くなってしまった後もまた同じ種類を飼っていました。主人と付き合い始めた頃になんと主人の実家でもゴールデンを飼っていたので、驚いてしまいました。私達もまたいつか飼えたらなぁと夢見ています。」

―自分を動物に例えると何の動物に似てると思いますか?

「長いこと考えてみましたが自分では答えが出ないので、今まで人に言われた中で一番自分であぁ~って思うのが、動物でも一匹に特定されてしまうのですが、スクラットです。
理由はすぐに冗談にだまされるとか、驚いた時の目が一緒とか、食べ物への執着心があり過ぎ、等らしいです。

他にもとかメガネザルとかリスとかいろいろ言われたことがありましたが、自分では一番スクラットが近いかなと思います。」

スクラットとは...?
映画「アイスエイジ」に登場するリスとねずみを掛け合わせたような架空の動物とのこと。
似てるような、似てないような...???(笑)

Scrat-7914.jpg

ードイツでの生活は既に10年を超えているということですが、ドイツでの生活で感じる日本との大きな違いや、カルチャーショックだったことはありますか?

ビールが美味しくて安い!つい飲みすぎてしまいます。それでなのか、ドイツ人の皆さん寛大で、週末なんかは友達と集まった時にお昼から飲んじゃっても白い目で見られないのがお酒好きには嬉しいです。

mood_oktoberfest_maerzen.jpg

このビールの量ですからね...(;´∀`)

今でもあまり慣れることのできない文化は、家に玄関と部屋の境がないこととバスタブがあってもその横でお湯バシャバシャやり放題できるスペースがないことです。この時期は雪があったりその為に撒かれているスリップ防止用の砂利が靴底にいっぱいついて玄関(として一応マットを敷いているスペース)付近が汚れるので毎日掃除しないといけないです。そしてこの時期凍えながら家に着き、さぁ一番風呂だぁとザブンとつかってお湯が湯船からあふれる感じを再現したらもう家中大変なことになってしまいます。インタビューにお答えしているうちに日本が恋しくなってしまいます。」

ー横丁に来るまでは、某人気カフェや一流ホテルのレストランのシェフパティシエとして活躍されていたとのことですが、なぜパティシエを目指したのですか?なぜドイツを選んだのですか?

「気がついたらもう目指していました。小さい頃からお菓子を作るのが好きで、両親にも絵本や月刊のふろくが付いてるような少女雑誌ではなく料理本をねだっていた記憶があります。毎晩のように作っていて、できたお菓子は夜でも近所に配っていました。今思えば、子供が作った完成度の低いお菓子を夜にいきなり届けられるなんてありがた迷惑ですよね。でも喜んでくれてるって勝手に信じ込んで作り続けていたら職業になっていました。

日本で専門学校も卒業しパティシエとして麻布で就職が決まった際に、タイミング良く(悪く?)ドイツに居た父の知り合いにいきなり呼んで頂き、まずはそこに住まわせて頂けることになったので、言葉も職も何もない状態でドイツに来てしまいました。当時ハタチでしたので若さのみで怖い物知らずで飛び込めたんですね。ドイツ語もKonditorの見習いもまた全てイチからのスタートでしたが、今は当時思い切って決断して良かったなと思っています。」

ーお得意なお菓子は何ですか?また、食べるのが好きなお菓子は何ですか?
もしオススメの”ドイツのお菓子”があったら、是非教えてください。


「得意。。。あまり無いです。お菓子難しいです。でも作る相手がわかっていると比較的うまく焼ける気がします。美味しそうに食べて喜んでくれているところを想像しやすいからでしょうか。職業的に言えば人生最多でやってきたのはマカロンとアイスとチョコレートのテンパリングなので、その辺りが他の人より練習したかなと思います。

※テンパリングとは...?
チョコレートのテンパリングとは、チョコレートを溶かして固める作業における温度調整のことで、こちらをすることで柔らかい口当たり、滑らかな口溶けになるそう!


自分で食べるのが好きなのは、ガトーショコラ、モンブラン、シュークリームです。またドイツのお菓子で限定するとSchwarzwälder Kirsch, Bienenstich, Berliner がお勧めです。」

schwarzwaelder-kirschtorte-F3903301,id=21a09310,b=lecker,w=440,h=440,cg=c

Schwarzwälder Kirsch 「黒い森のサクランボ酒ケーキ」を意味するドイツを代表するケーキの一つです!

Bienenstich.jpg

Bienenstich  「蜂の一刺し」という意味のケーキです!(笑)
スポンジケーキの上にスライスされたアーモンドがカラメルでコーティングされていて、
中にはクリームたっぷりです(´~`)

Berliner_Pfannkuchen.jpg

Berliner ベルリン以外の人たちはベルリナーと呼びますが、ベルリンの人たちはPfannkuchen(プファンクーヘン)と呼ぶジャム入りの揚げドーナツ?です。大みそかにこれを食べたりする習慣があるようです。

ー現在2歳のお子さんがいるとのことですが、ドイツでの子育てについて何か面白いことや気付くこと、日本との違いなどがあればぜひ教えてください。

「日本での子育ては見聞きしている程度なので、違いはあまりわからないのですが。。。

ドイツの皆さん、ベビーカーを押しているととにかく助けてくれます。周りにいる通りがかりの人です。段差のある電車の乗り降り、ちょっとした階段の上り下り、老若男女誰でも、あっココどうしよう。。。と考えている間にもう手をさしのべてくれます。感動的です。

面白いなって思うことは、スーパーで買い物していてたまに見かけるのですが、会計前の物を買い物している最中に子供に飲ませたり食べさせていて、レジで申告してその空き容器をスキャンしてもらっている人がいるんです。えぇー?!って思います。レジの人も普通に応対しているので、まぁ寛容といいますか。。。」

ー最後に、横丁を利用してくださっているお客様に一言お願いします!

「お届けしたお客様にやっぱりとりきち横丁で良かったと、喜んで頂けるように心をこめてお仕事させて頂きますのでどうぞよろしくお願いします。」

インタビューに答えてくれてどうもありがとうございましたm(_ _)m

仕事覚えもとても早く、やはりパティシエさんだけあって手先がとても器用なのか、細かい作業も難なくこなしてしまうあふぃーは梱包チームにとってもとても重要なスタッフです!お酒好きとあって、同じ梱包チーム・リーダーのカメとも話が合うのではっ!?(笑)
業務中はくれぐれも呑んべえにならないようにしてくださいねぇ(・∀・)(笑)

昨年12月に開かれたクリスマス会では、こんな可愛いバナナケーキを作ってきてくれました(*´▽`*)♡♡

IMG_0029.jpg

こちらもさすがプロの味!本当に美味しくってお持ち帰りしたくらいですよっ(*´σー`)エヘヘ♪♪

様々な経歴を経て集まった横丁スタッフの面々は、一緒に仕事をするにあたり、良い刺激にもなりますし、良いチームワークが生み出されていると日々感じます!
これからもみんなで一緒に頑張っていきましょうね(*'ω'*)

こんなユニークな面々が揃う横丁スタッフですが、お客様たちの信頼を第一に、確認メールから梱包業務まで愛鳥さんたちに美味しいごはんをお届けするために日々頑張ってまいります!
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

ヒンメル

お詫び→前回のスタッフインタビューの際、次回は研修生のチョーさんのインタビューをお送りする予定でしたが、
今回あふぃーのインタビューを先にお送りいたしました!チョーさんのインタビューは次回お送りいたしますm(_ _)m

『ヒンメルの横丁探検記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.26 タケシ編〜♪

こんにちは♪ヒンメルです(•ө•)♡

21日からついにベルリンでは各所でWeihnachtsmarkt(独:ヴァイナハツマルクト=クリスマスマーケット)が始まりましたよっ!
10月はたった2日しか太陽をみる機会がなかったベルリンはそのまま冬時間になり、
このまま暗黒の世界に突入してしまうのでは...と思っていましたが、
11月後半になると、街はクリスマスマーケットのためにキラキラ電球がきらめき、寒い外にも人が出始めるので街は活気を取り戻すんですねぇ(*´з`)!

実際、クリスマスマーケット初日も気温が10℃近くまで上がったおかげで多くの人でにぎわっていましたよっ♪♪
これからだんだんと寒さが厳しくなっていくと思いますが、
これからクリスマスまでこの街の賑わいと共に過ごしていきたいと思っています★

さて、今回は9月から横丁に仲間入りしたスタッフインタビューをお送りします!
待望の(!?)男性スタッフ、“タケシ”が仲間入りしました。
現在梱包スタッフとして、業務に励んでいます。
それでは、タケシのインタビューをどうぞ!

image のコピー

横丁の鳥さんたちをお世話するタケシを後ろからパチリ撮りました!

―とりきち横丁を知ったきっかけは何ですか?
実際にお仕事をしてみて抱いた横丁の印象を教えてください。


「私も(他先輩スタッフ同様)ベルリンの求人広告を見てとりきち横丁を知りました。
スタッフたちはとても親切で、雰囲気がとても良いと感じました!
また、商品は自然食材無農薬など健康や栄養面を考えられている物ばかりで、鳥に優しい会社なのだと思いました。」


―横丁でお仕事を始めて2ヶ月が過ぎ、現在シード集めや梱包作業を主に行っていただいておりますが、実際に作業をして大変だと思うことや面白いと思うこと、初めて気づくこと、発見したこと、自分が工夫して作業していることなどなど、お仕事エピソードを教えて下さい。

「シード集めでは種類が多くて大変ですが、花が入っているシード果実イカの甲など新しい商品の発見が毎回あって面白いです。
梱包作業ではドイツからお客様への長旅になるので、どのように商品を梱包したら箱の中の商品のダメージを無くせるかを毎回考えながら作業しています。」


ー日本のご実家ではセキセイインコさんと暮らしているとお聞きしましたが、愛鳥さんのご紹介をお願いします。ちなみに鳥さんと暮らす一番の楽しさ、面白さはなんですか?

「インコとの出会いは、野生のインコが私の部屋に突然飛んできた事から始まりました。
インコは昔から大好きでしたが、まさか突然一緒に暮らす生活が始まるとは思いませんでした。
セキセイインコは非常に感情が豊かだと思います。昔、私が音楽を聴いているとインコが頭を上下に振って音楽に乗っていた時が一番笑いました。」


bird_inko_kubi.png

―自分を動物に例えると何の動物に似てると思いますか?

「結構難しい質問で、いろんな人に聞いてみたところ...なんでもゲーム感覚、じっとしているのはあまり好きじゃない、などという事からサルらしいです。
でも果物でバナナが大好きなので、自分でもそうなのかな~って思います...(笑)」


eto_remake_saru.png

いわれてみると、なんとなく似ているような気もします...(笑)

ーベルリンに来る前はブレーメンという町に住んでいたとおうかがいしていますが、どれくらいの期間住んでいたのですか?ブレーメンの町の魅力やオススメスポットなどなど是非こちらのブログを読んでらっしゃる読者の方々にブレーメンについて教えてください。

「本場のオーケストラ音楽を学ぶためにドイツのブレーメンに1年以上住んでいました。
ドイツの北部に位置するブレーメンは小さな街ですがとても可愛く、自分がおとぎ話の中で暮らしている気分になれます。
ロバの足を触ると幸せになれると言われている音楽隊の銅像はちゃんとブレーメン旧市街の中心地にあります。
まず、おすすめレストランですが、ブレーマー・ラーツケラーです。ここでは約1000種類以上のワインが貯蔵されています。非常に大きいワイン樽を見ながら料理とワインを堪能するのも良いと思いますよ。
是非訪れて欲しい場所は、シュノア地区です。小さく可愛い建物が沢山並んでいて、自分が小人の街に紛れ込んだ雰囲気になれます。
ここには世界で一番小さいホテルがあります。客室が一室しかないので泊まるのは難しいと思いますが、ブレーメンを訪れた際はこのホテルを探してみてください。」


bremen-1193830_640 のコピー

有名なブレーメンの音楽隊の銅像です!
ロバの脚の部分が金色になっています(笑)


bremen-schnoor-1374630_640 のコピー

まるでおとぎ話に出てくるような街並みですね!

ードイツと日本の文化の違いなどでビックリしたこと、感心したこと、カルチャーショックを受けたこと、是非教えてください。

「ドイツで驚いたことは、電車に自転車を乗せてOKな所です。私の住んでいた東京ではまず不可能な事なので、最初は驚きました。
私は暖かくなると自転車と一緒に電車で遠出してサイクリング&小旅行をします。
ドイツはきちんと自転車用の道があり、郊外だと信号も少ないので、運良く赤信号などに当たらなければ、止まることなく気持ち良くサイクリングが出来ます。」


ー好きなドイツ料理はなんですか?奥様の好きな手料理はありますか?

「私が好きなドイツ料理は、Roulade mit Rotkohl(ルラーデミットロートコール)です。薄めの牛肉にピクルスや玉ねぎ、豚の脂の塊を巻いて煮込んだドイツ料理です。
それにRotkohl(紫キャベツの煮物)を添えたのが好きです。ちなみに私はRouladeを食べるとき、いつも脂の塊は取っています..

妻が作る手料理で、美味しかった料理はkönigsberger klopse(ケーニヒスベルガ―クロプセ)Würzfleisch(ヴュルツフライシュ)です。
Königsberger Klopseは東プロイセンの郷土料理で、大きめの肉団子にホワイトソースがかかっていてジャガイモと一緒に食べます。
Würzfleischは伝統的なDDR(東ドイツ)料理で、豚肉(特に決まっていない)とキノコなどが混ざった肉煮込み料理です。」


ー最後に、横丁を利用してくださっているお客様に一言お願いします。

「荷物が無事に届き、箱を開けた時に喜んで頂けるような梱包を目指しております。
皆様どうぞ宜しくお願いします。」


タケシ、インタビューに答えてくださって、ありがとうございましたm(_ _)m
出勤日は、毎朝横丁鳥さん軍団のお世話をしているタケシ。
セキセイさんを飼っていた経験から、鳥さんの扱いも手慣れています。
(しかし、突然窓からインコさんが入ってきて一緒に生活することになるとは...(゚Д゚)ノこんなことってあるのでしょうか...(笑))
また、お客様から荷物到着のご連絡の際、きれいな梱包に感想をいただき、梱包担当者はタケシでした!
このようなお客様からの感想はスタッフもとても励みになりますねっ(*´ω`*)♪♪
今後は梱包を全てマスターして、業務をこなしていってくださいねっ!期待してますよっ!

それでは、次のインタビューは、9月からPraktikum(企業研修)で横丁で一緒に働いてくれたチョーさんのインタビューをお送りします。
お楽しみに♪♪

ヒンメル(・∀・)★

『ヒンメルの横丁探検記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.25 カメさん編〜♪

こんにちは。ヒンメルです(*•ө•*)

今年のベルリンは9月も比較的暖かい日が続き、前半は30度を超える日もあったり、後半も20度以上の晴天☀が続き、めずらしーーーーーく今年は、“残暑”もしくは“秋晴れ”と呼べる時期を過ごしています。
このまま本格的な冬になっていくのか... 例年のことながら長く寒い冬がやってくると思うとドキドキします(*_*)

さて、今回のブログでようやくお送りすることが出来るのは…
横丁に6月から仲間に加わったカメさんのインタビューです!

実はこちらの記事、横丁に来てから1ヶ月が経った頃に行ったインタビューなのですが、掲載が現在10月になってしまいました...Σ(゚д゚lll)
...まだ初々しさの残るカメさんのインタビューをお送りいたします。
ぜひ皆さんもご一読くださいませ♪

kamesanのコピー

※カメさんのお顔は、ご想像にお任せします♪♪

―まずはニックネームを教えて下さい!

『ニックネームは『かめ』です。横丁スタッフの皆さんは名前からニックネームをとっていますが、同じ名前の『みさと』さんがいらっしゃるので私は苗字から取りました。』

―とりきち横丁を知ったきっかけは何ですか?
実際にお仕事をしてみて抱いた横丁の印象を教えてください。


MixB※の求人広告を見て知りました。実際に働いてみて、とてもアットホームな印象でスタッフの皆さんが一丸となって業務をこなしているなと思いました。ふとドイツにいる事を忘れてしまうような、居心地のいい素敵な職場です。』

※MixBとは... ミックスビー。ドイツの住居、求人、イベント告知などが行える情報サイトです(*'ω'*)http://ger.mixb.net/

―横丁でお仕事を始めて1ヶ月が過ぎ、現在シード集めや梱包作業を主に行っていただいておりますが、実際に作業をして大変だと思うことや面白いと思うこと、初めて気づくこと、発見したこと、自分が工夫して作業していることなどなど、お仕事エピソードを教えて下さい。

『まず豊富な種類のシードに驚きました!ミックスシードを詰める際はバランス良く全種類が入るようにし、梱包作業ではそれぞれのグッズにも箱詰め時にも、お客様の手元に無事に届くよう丁寧な梱包を心がけています。』

―鳥さんの印象は横丁に入って何か変わりましたか?初めて知ったことなどあれば是非教えて下さい。

脳トレグッズやスケボーなど、人間が使うような幅広いグッズがある事を初めて知りました。スケボーに乗っている鳥さんを想像すると、たまらなく可愛いです!』

―今までどんなお仕事をされてきましたか?何か今の仕事にも生きているところはありますか?

『今まで、空港にある飲食店のホールスタッフ、輸出貨物を扱う現場作業、アルバイトでは倉庫内で検品や梱包作業などを経験してきました。アルバイト時の仕事は今の仕事と共通部分が多いので、検品作業に抜けが無いか自分なりにダブルチェックをしたり、梱包時はなるべく強化をしつつ梱包するなど、過去の経験を生かして作業しています。』

―今まで何か動物を飼ったことはありますか?自分を動物に例えると何の動物に似てると思いますか?

『昔は犬、うさぎ、ハムスター、ヤドカリ、金魚を飼っていました。今現在も実家では、烏骨鶏とチャボを飼っています。
自分を動物に例えると、ですね。私は少し首が長いので高校時代はカメと呼ばれていました!』


nengaill-kame.png

こちらのカメもかわいいけど、カメさんも可愛らしい女性ですよ!

―昨年11月に旦那様と渡独されたカメさん。何故ドイツに来ることになったのですか?それまで抱いていたドイツの印象と実際にドイツに来てからの印象、何か違いはありましたか?

『海外生活に憧れていたので、ヨーロッパの中でもドイツは生活しやすい事を知り渡独しました。ドイツの印象は、ビール、ウインナー、アートでしたが、想像以上に全てが身近なものでした。豊富な種類がある事も当たり前で何処にでもある当たり前のものでした。』


―日本とドイツ、カルチャーショックはありましたか?

電車に犬を乗せられる事には、驚きました。電車の中ではもちろん街中や公園を歩いていても、散歩中の出会う犬はリードを付けていなかったり吠えない利口な犬ばかりです。子犬の時期に幼稚園に通う義務があるという話を聞いて納得しました。』

―カメさんにとってのベルリンの魅力は何ですか?オススメスポット、食べ物、文化、なんでも良いのでベルリンの良さを教えて下さい。

『ベルリンの魅力は、ビールは欠かせないですね。ビールが好きなのでビール好きにはたまらないと思います。種類が豊富で安くて本当に美味しいです!オススメスポットは週末にあるFlohmarkt※1ですね。本当に色々な物を売っているし、その場所によってガラッと雰囲気も変わります。有名Mauerpark※2はもちろんですが、色々な駅付近や街中にもあるので、見ているだけでも楽しいです。』

Flohmarkt_Mauerpark_Bernd_Sauer_Diete.jpg

※1 Flohmarkt... フローマルクト。ドイツ語で蚤の市。週末はベルリン各地で様々なFlohmarktが開催されています。

マウアーパーク

※2 Mauerpark... マウアーパーク。毎週日曜日ベルリンで最も大きい蚤の市が開催される広大な公園です。特にオシャレな若者に大人気で、天気が良い日は観光客と共に大混雑するほどとても有名な蚤の市開催地です。夏の間はカラオケ大会も開催されています(・∀・)🎤

―最後に横丁スタッフブログをご覧いただいているお客様に一言お願い致します!

『お客様のお手元に無事に商品が届くよう、丁寧な梱包を心掛けてまいります。どうぞ宜しくお願い致します。』

まだ横丁に加わって1ヶ月のカメさん(;´∀`)、インタビューに答えてくれてありがとうございましたm(_ _)m

このインタビュー当時は入社1ヶ月と、シードの種類や梱包業務を覚えるのに必死だったと思いますが、今や、梱包リーダーとして様々な梱包業務をマスターされているカメさん。新人スタッフへの指導も熱心で、まじめに作業に取り組む姿は、スタッフ一同から絶大な信頼を寄せられるほどなのですっ(・∀・)これからもリーダーとしてその力を存分に発揮してもらいたいですっ★

また、ビール好きだということで、カメさんにとってベルリンに来れたことは最高ですね(´▽`*)♡Flohmarktで掘り出し物を見つけて、のんびり公園を散歩しながらビールで乾杯する休日もイイかもしれませんね♪♪

ちなみ烏骨鶏... 非常に興味深いですね(゚Д゚)ノ

ukokkei.jpg

ニワトリの一種である烏骨鶏、このフワフワな白い毛が特徴でしょうか。おそらく皆さんの頭の中には、ちょっとお高い卵!というイメージがあるのでは!!??(笑)

さて、次回からは、横丁お買い物ガイドを再開させたいと思います!
現在の重量・送料システムになってからのお買い物ガイドがきちんと整っていなかった部分があります...( ノД`)
そちらを少しずつでもお伝えしながら、お客様によりお買い物しやすいアドバイスをご提供できたらと思っています。
乞うご期待くださいませ♪♪

それでは、皆さま、Schönes Wochenende~~~~⋛⋋( 'Θ')⋌⋚⋛⋋( 'Θ')⋌⋚⋛⋋( 'Θ')⋌⋚.

ヒンメル(。・ө・。) ☆

国内スタッフ・あかねさん ドイツ研修レポート

今日は、国内スタッフのあかねさんの、ドイツ研修レポートをお届けいたします!

「ドイツ研修を終えて」

 「お客さん」という立場で出会ったドイツのとりきち横丁。

そのあと国内発送スタッフとして働かせていただけることになり今に至りますが、お客さんとしてだけであった頃も、スタッフである今も変わらず、とりきち横丁は私の大好きなお店です。

その大好きなお店の舞台裏、そして、そのお店が誕生する舞台となったドイツという国を、今回限られた時間の中ではありますが、実際に目で見て肌で感じて学んできました。

01_20160829202049ad0.jpg


 まずは、とりきち横丁オフィス。横丁スタッフブログ記事や、国内スタッフ・ユカリさんが2年前に訪れた際のブログ記事を、出発前に何度も読ませていただいていたので、こんな感じかな、というのはなんとなく想像していました。

02.jpg


そしてやはり、仕事の流れとしては想像していたこととあまり変わらなかったのですが、驚いたのは「イレギュラー」の多さでした。

「イレギュラー」と言ってしまっていいのかわからないほど、お客様からの注文(オプションやご希望やお支払い方法…etc.)も、それに合わせた梱包も、多種多様です。

「レギュラー」と言えるもののほうが、もしかしたら少ないのかもしれません。

それほど様々なパターンで作られ、お届けされるお荷物が多かったのです。

ご注文数が増えている中で、メール対応、商品集め、梱包、そしてそれぞれの二重チェックなど、各々の持ち場で仕事を的確・迅速・丁寧に進めていくスタッフの皆さんには、見ていて頭が下がる思いでした。

緩衝材なども、このご注文には○○がこのぐらい必要になる…など、すべて感覚で計算できてしまうほど「職人」です。

ドイツの良さがつまった商品を、日本人らしい気配り心配りをもった対応で日本に届ける…私が想像していた以上の仕事量の中で、スタッフの皆さんはそれを実現していました。

そしてひとりひとりがとてもいい表情をなさっているのがとても印象的でした。

ぱっと顔を合わせただけでも、「あぁ、生き生きとお仕事されているのだな!」とわかる、そんな雰囲気に満ちたオフィスでした。

もっと時間があったなら、もっともっとその場で学びたかったです。ここで働きたいと思うほどでした。

今回の研修で、私の大好きだったお店・そしてそこへ集う方々(スタッフもお客様も)への愛情は、深く強くなったと実感しています。

 そして、とりきち横丁が生まれる舞台となった、ドイツという国。

このドイツでの、鳥をとりまく環境、状況を実際に見ることができたことも大きな収穫でした。

 とりきちさんの秘密の場所であった、ベルリン植物園。行ってみると、日本にあるような植物園とはまるで違います。

03.jpg


作られた・整理された自然ではなく、ありのままの自然、そしてそこに人もともに生きるような… これは植物園に限ったことではなく、ベルリンの街中でも強く感じたことなのですが、こちらの人の過ごす環境の中にある木々や花は、日本にあるような整理されたものではなく、大きな木々が昔のまま残されているような雰囲気があります。


05.jpg

切る必要のないところは切らない、という感じなのでしょうか。ベルリンという都会の中でも、自然との距離が本当に近いのです。自然や動物に寄り添うドイツの人々の心が、こういったところからも感じられます。

04.jpg

 ベルリン植物園の中での野鳥とのふれ合い。

06.jpg

私の住む函館にも野鳥とふれ合えるスポットはありますが、ベルリンの野鳥は、そこの子たちをはるかに超えるほど人に慣れていました。

大きな森に守られて、そこに時々お邪魔する人々に愛されて、こんなふうにたくさんの数の野鳥たちが羽ばたいているのだと、私はカシューナッツをぐっと握りながらひたすらに感動していました。

07.jpg

 研修のトリを飾ったヴァルスローデ花鳥園、ここでもまた更なる感動の嵐です。

展示されている鳥たちの環境もそれぞれの種に合ったもので、生き生きと生活する鳥たちの表情に釘付けになりました。

08.jpg


覆いのないところで自由に生活する鳥たちもいます。日本の動物園や花鳥園ではほぼ考えられないようなことです(なぜいなくなってしまわないのでしょうか??)。

09.jpg

そして、一番心を奪われた飛行ショー。巨大なコンドルや、カンムリヅルや、コンゴウインコ、コガネメキシコインコたちが、どこからともなく現れ、スタッフの合図で大空を自由に飛び回ります。

10_20160829202155e99.jpg


野外であり、いつでも飛んで逃げてしまうことはできるはずなのに、決してそれはしないでそこにいてくれる鳥たち。

スタッフさんとの絆がしっかりとそこにあるからこそできることなのでしょう。

たくさんの種類の鳥たちのありのままの姿、自由に羽ばたく本来の姿を目の当たりにし、そしてそんなに美しく賢い彼らと、信頼関係を築くことができる私たち人間。すべてが愛しくて、嬉しくて、ショーを見ながら涙があふれました。


 ショーの終わりになかなか帰りたがらない1羽のカンムリヅルを、そこにいたお客さんみんながゆったりと「見守っていた」ことも印象的でした。

そこは小さな通路で、ショーを見終わったお客さんたちは皆それぞれ次のショーや目的地に行こうとしていたのですが、1羽のカンムリヅルがなかなか帰ろうとせずに道をふさいでいたました。

スタッフさんはカンムリヅルに無理強いはせず、自発的に帰る気になってくれるようにごはんを見せながら誘導し、そして、その場にいたお客さんには「動かないでください」とお願いします。

カンムリヅルの気が散らないように、ということでしょう。その場にいた人たちは、見事に皆ピタッと止まり、ゆったりとそのカンムリヅルの気が向くのを見守っていました。

もしも同じような状況が日本で起こったなら、果たしてお客さんたちは、皆そこでじっと立ち止まってくれるでしょうか。

いつ帰る気になってくれるかわからないカンムリヅル、自分たちはこれから見たいショーがある、行きたい場所がある、時間が限られている…そんな状況で、みんながみんなこんなふうに鳥さんを待ってくれることはないのではないかと感じました。

こんなワンシーンからも、ドイツの人々の鳥への愛情、寄り添い方を垣間見た気がしました。

自然との距離が近く、そのありのままを愛するドイツだからこそ、とりきち横丁で扱うような、鳥に優しい商品が多く生まれているのだと感じます。

日本の自然や動物への愛し方は、少し自分本位な部分があるのかもしれません。日本も今一度、自然や動物への愛し方・寄り添い方を見直せる、そんな社会になっていったらいいなと思います。

 私は日本の鳥さんたちを少しでも多く幸せにしたい。

そして、そんな幸せな鳥さんが増えることで、その鳥さんと暮らす人たちの笑顔が増えたら、もっと嬉しい。

とりきち横丁の国内発送スタッフに応募した動機はそこでしたが、今回の研修を終えて、この思いが一段と強くはっきりとしたものになりました。ドイツの人々のような愛し方で、私も自然や動物、鳥たちを愛したい。

そして人を愛したい。そういう思いで、これからより一層お仕事に励んでいけたらと思っています。

 私に学ぶ機会を与えてくださったすべての方、事柄に、感謝いたします。
 どうもありがとうございました。

あかね

『ヒンメルの横丁探検記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!(国内編)Vol.24
ちきさん編〜♪


こんにちは♪ヒンメルです(•ө•)♡

前回の国内スタッフ、えみさんのインタビューに引き続き、兵庫県在住のちきさんにインタビューを敢行いたしましたよっ (・θ・)

ちきさんが担当されている商品は主に、『クリックポスト』のセキセイ・スペシャルブレンドフォニオパディセキセイ・エクストラヴィタルと人気商品がそろい、サプリメント系では消炎サプリメント下痢用サプリメントなどを取り揃えています。
クリックポストは国内から多めのごはんが注文できるので最近大人気なのでありますє(・Θ・。)э

それではちきさんのインタビューをどうぞっ♪♪

ーまずは、ちきさんのニックネームの由来を教えてください

『気が付けばもう10年近くこのハンドルネームを使ってますが、
由来はというと ──、ただ単にニックネームからの変形でしたw
とんちゃん→とんきち→きち→ちき
改めて考えるといい大人がすごい小っ恥ずかしい
名称を使ってます(笑)』


ーちきさんととりきち横丁との出会いを教えてください

とりきちさんのブログです。
とりきちさんのブログが、ブログというもの定期的に読むようになった
きっかけにもなりました。
とりきちさんのぷぷちゃんに亡き愛鳥の姿を重ねて
ペット先進国ドイツの、とりきちさんのオススメの商品で
私の家のインコ達も幸せにしたいと思い、
当時はまだ敬遠していたネットでのお買い物でしたが
躊躇すること無くお買い物を開始し、今に至ります(*^^*)』


ーちきさんの愛鳥さんを詳しく教えてください

『いろいろメンバーチェンジを経て、今は
セキセイインコのピン(7歳♀)
サザナミインコのルナ(11ヵ月たぶん♂)
の2羽がいます。
ルナは初めてのサザナミインコなので、
びっくりするほどのマイペースなインコです。
ピンは昨年両足の度重なる炎症により、現在は両足共踵より先が動きません。
鳥飼歴は長いのですが、初めてインコの介護を体験中です。
両足は動きませんが、炎症等の疾患は完治しているので
不自由な身体なりに毎日楽しく過ごしています。』


ピン

ピンさん!

ルナ

ルナさん!

-ちきさんの鳥さん歴はどれくらいですか?

『初めてセキセイインコを飼ったのは小学一年生でした。と言っても
この頃は幼すぎて世話人は母親でしたがw
以降、ほとんど途切れることなくトリさんとの暮らしがありました。
転機があったのは、学生時代から新婚時代に飼っていたセキセイインコ。
現在に近い形でご飯を選び愛情を注ぎましたが
阪神淡路大震災で亡くしてしまいました。
当時出産間近だったためペットロスを引きずったまま、しばらくインコなしの生活をしていました。
(人間の)子供が小さかったある日に、たまたま友人の
セキセイインコのひなを1日お預かりすることになり
友人のインコと1日ふれあった事で、忘れていた感覚を思い出しました。
そして今度こそ幸せに天寿を全うできる
飼い方をしたいと思い、
再びインコを飼い始めて、今、十数年となります。』


ピアとポテト

昔の愛鳥さん、ピアさん(黄色)とポテトさん(白)!

-愛鳥さんたちが好きな横丁商品は何ですか?また、お客様におススメしたい一品をぜひ教えてください

『オススメの商品は私が国内発送させていただいている
「消炎サプリメント」です。
現在のピンの主治医の先生からもお墨付きの一品です!!
ピンのお気に入りは、なんといってもご飯類。
いろいろお試ししましたが、ピン的にはハズレなしです。
現在はシニア用のご飯にシフトしましたが食いつきは
ハンパなしです(笑)
ルナはおやつにあげるオーツ麦ナナカマドの実がお気に入り。
あと「止まり木&ロープパーチ」でいつもくつろいでます。』


-鳥さんを飼う魅力とは何ですか?

『飼う──というより もう家族なので、悩むことも沢山あります。
小さいのにいろんなこと考えてるのか、試されてるなと思うことも。
一般的には鳥類には表情がないと言われますが
インコはとても表情豊かで、感情表現がすごいと思います。
コロコロ変わる表情を見るのは全然飽きませんw
そして、そんなこの子達と一緒にいれる幸せは何にも変え難いものです。
それが魅力でしょうか。』


-とりきちさんの第一印象は?また、実際に会ってみてどうでしたか?

『とても聡明でステキな方だなぁと思いました。
お話してみると以外に天然さんで・・・w
私が思う以上にトリさんの幸せを願っている
とりきちさんのお力になりたいと強く思いました(*´▽`*)』


-兵庫県にお住まいとのことですが、兵庫の魅力をぜひ教えてください

『私の住んでいる地域は瀬戸内側ですので
やはり明石鯛や明石タコなどの新鮮な魚介が美味しい所でしょうか?
明石のタコは活きがよくて商店街を歩く!などの逸話もあるくらいです。
(子供の頃実際見たこともありますw)
あ、明石と言えば明石海峡大橋
世界最長の吊り橋は近くで見ると、すごい迫力ですよ。
もちろん鳥カフェもありますが
インコやオウムに触れ合うならば
神戸どうぶつ王国(旧神戸花鳥園)
http://www.kobe-oukoku.com/
神戸にお越しの際は是非寄ってみてください。』


明石海峡

明石海峡大橋です!立派です!

-今後は国内スタッフとしてとりきち横丁とどう関わっていきたいと思いますか?一緒にかなえていきたい夢など何かありましたら教えてください。

『お買い物して下さるお客様は、鳥さんが好きで大切に
お世話されてる方ばかりです。
対面販売ではないので、気持ちが伝わりにくい面もありますが
常にお客様には真摯な気持ちで心を込めて、丁寧な対応を
心掛けたいと思っています。
そしていつか・・・鳥飼の中で、知る人ぞ知る「とりきち横丁」でなく
誰もが知ってる横丁になるようお手伝いできればと
思っています。
誰もが知るためには、国内にいつか横丁直営店舗ができれば最高ですね☆』


-最後に横丁をご利用されているお客様に向けて一言お願い致します!

『ここ数年でインコの生態や飼い方への考え方が
どんどん変わっています。
ごはんやサプリも選択肢がたくさん増えました。
横丁で取り扱う商品は、自然を重視していて
私自身とても良いと思っています。
愛鳥さんと商品の相性は、それぞれだと思いますが
気になるものは、是非少量からお試ししてみてください。
きっと飼い主さんも愛鳥さんも満足できる品が
見つかると思います!

最後に私事ですが
LINEスタンプを作っています。良かったら覗いて見てください。
(ただ今制作おやすみ中ですが、近く再開します!)
https://store.line.me/stickershop/author/2315/ja
ブログは不定期ですが更新していますので
こちらも合わせて、よろしくお願いします。

ちきのブログ
http://s.ameblo.jp/tikitiki-cocopinrin/


ちきさん、インタビューに答えてくださってありがとうございましたm(_ _)m

ドイツに住んでいるスタッフたちにとって、明石の新鮮な魚介類を思い描くだけで涎が出そうですよっ...(^^;
また、鳥さんへの深い愛情が伝わるインタビュー内容です。
こだわりが多いお客様たちだからこそ、ドイツからの無農薬シードや天然木を使ったオモチャを愛鳥さんのためにそろえたいと考える、そのお手伝いに携わることで鳥さんとの暮らしをもっともっと豊かにする、そういった意識を常に持ちながら、
国内発送品の手配を進めてくださっているんだなぁと思うと、とても頼もしい限りです(*^^*)
これからもよろしくお願いしますねっ(*´з`)♪

ちきさんのオリジナルLINEスタンプもぜひチェックしてみてくださいね♪

国内スタッフのインタビューは一旦終了し、次回ヒンメルはドイツスタッフのカメさんのインタビューをお送りしますよっ!
乞うご期待です♪♪

ヒンメル🐤☆

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR