【改訂版】お荷物が破損して届いた時は

皆さま、いつもとりきち横丁にご来店いただきありがとうございます。

「商品の到着を愛鳥と楽しみにしています」
お客様に、こう言っていただけることはいつも大変嬉しく、
そんな一言が日々の励みとなります。
心待ちにしていた商品が手元に届き、開封するときの興奮が
お客様にとって、とても楽しいものでありましたら何よりです。

ただ、いざ開封して中身を見ると、商品が破損していた、
雨に濡れて水が箱の中に浸透した、ということも
残念ながら、ごく稀に起きてしまいます。
そこで今日は、そのような場合の対応についてお話し致します。

-----*----------*----------*----------*----

◆届いた荷物が破損していた場合◆

当店から発送するすべてのお荷物(ドイツ発送品)には
「国際書留」を付けているため、届いた荷物に損傷があった場合、
損害賠償を請求することができます。

以下に、お荷物破損時の損害賠償請求の手続きの
簡単な流れを⑩ステップでご案内いたします。

お客様側でしていただくことは①~⑤まででございます。

➀お荷物が届いたら、「すぐに」開梱して商品をご確認ください。


②破損があった場合、「すぐに」当店へご連絡ください。
※荷物の外装内部の写真を添付くださいませ。

③管轄の郵便局(注1)へ「すぐに」ご連絡ください。
※損害賠償手続の際には、局員の方がお荷物の状況を知るために、
内容品だけでなくダンボール箱や緩衝材も必要です。
次の④が終わるまで、必ず、
すべてそのままの状態で保管をお願いいたします。

④郵便局員の方が荷物の状態の確認に来られます。
受取人の方の立ち会いのもと、局員が荷物を確認します。
要件を満たしている場合、
「ダメージレポート(正式名:立会検査調書/CN24)」を
作成してくれますので、これにお客様のサインをお願いします。
※このコピーが、
郵便局→国際交換局(注2)→ドイツ郵便へと転送されてゆきます。

⑤「ダメージレポート(正式名:立会検査調書/CN24)」を
作成された旨を当店へご一報くださいませ。


⑥当店からドイツ郵便に損害賠償の申請をいたします。
※2014年以降の国際郵便約款により、
損害賠償請求の権利は荷物の差出人側にあります。
しかし、それにはまず受取人側による、
「ダメージレポート」の作成(④)が
大前提となっております。

つまり、お客様側での「ダメージレポート」作成後、
とりきち横丁からドイツ郵便へ損害賠償請求が可能となります。

⑦当店への補償の可否を決定するため、
ドイツ郵便が規定に則って調査をします。

※調査には最大約8週間かかります。

⑧補償の可否がドイツ郵便から当店に通知されます。

⑨可の場合、当店からドイツ郵便に要求金額を申請します。
※賠償額には上限があり、最大37.40 ユーロまでです。

⑩ドイツ郵便から当店に支払いが行われます。

⑪当店からお客様へ補償をさせていただきます。

-----*----------*----------*----------*----

◆荷物の破損がひどい場合◆

雨で荷物がずぶ濡れになって箱が潰れてしまった時など、
箱を開封せずとも、明らかに荷物の破損がひどい場合、
お客様へその荷物が配達される前に、
管轄の郵便局からお客様へ電話で連絡がくることがあります。

「荷物がかなり破損していますが受取を希望しますか」という連絡です

この場合、開封せずに外から見て状態があまりに酷ければ、

荷物の「受け取り拒絶」(注3)、
および、ダメージレポートの作成(④)

  ↓
当店へダメージレポート作成の連絡(⑤)

のお手続きをお願い致します。
⑤以降の補償の流れは上記と同じです。

-----*----------*----------*----------*----

(注1)管轄の郵便局は、お荷物追跡番号を入力し、
「追跡スタート」を押した後に表示される画面下部に記載されています
https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/input

(注2)国際郵便物の発着の窓口

(注3)荷物の「受け取り拒絶」を郵便局員の方へ申し出て
いただくことにより、自動的に荷物は当店へ返送されてきます。
※一度開封すると受け取り拒否はできませんのでご注意ください。


以上のように、万が一の破損の時はお手数をお掛けしますが、
お客様からのご理解とご協力が不可欠でございますので、
上記の手続きの程どうぞよろしくお願いいたします。

とりきち横丁ではお客様を第一に考えて、お客様への補償を行います。

今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


10/15(日)とりきち横丁お勉強セミナー&即売会in東京


店主とりきちこと、シシイ家原の日本出張に伴いまして、
10月15日(日)に、JR東京駅そばの会場にて、

とりきち横丁お勉強セミナー&即売会

を実施する運びとなりました。




拡大したい場合は、こちらをクリックください。


チケットはこちらからお求めいただけます!

お受け取りは、コンビニ、スマホ(スマチケ)で可能です。

当日は、大々的に即売会も実施しまして、
人気商品から未発売商品、新商品まで取り揃えて
お待ちしております。

セミナーお申込みの方は、一般販売に先駆けて
先行即売会を無料でお楽しみいただけます。

即売会のみご参加の方は、
入場料300円を当日お支払いただきます。

ご来場を心より、お待ちいたしております。

シシイ家原 弥生(とりきち)

退職のお知らせFromスタッフ・ヒロ

こちらの横丁スタッフをご覧の皆様、
こんにちは。スタッフのヒロです。

私事で大変恐縮ではございますが、
こちらでご報告させていただきたいことがございます。

今月末を持ちまして、4年勤めたとりきち横丁を退職いたします。

2013年5月からとりきち横丁で働くことになり、
はじめは下っ端の下っ端として^^;梱包をイチから先輩スタッフに指導していただく日々を送り、2014年からは商品集め、そして、お客様とのやり取りを行う確認メールに携わり、そして現在は、国内スタッフ・法人様向けへの荷物の手配、新商品のアップ、Twitterのつぶやき、キャンペーンの企画、スタッフのシフト作成などなど、社内外の多岐に渡る業務に携わらせていただきました。
また、旅の相棒”ヒンメル”(•ө•)ともベルリン内を色々旅したり、横丁スタッフインタビューを行ったりもしました(*^^*)

image-10.jpg

旅の相棒、ヒンメルとは、2013年から一緒にベルリンの色んな所へ出かけました(*´▽`*)

IMG_9100.jpg

ヒンメルと一緒にいる姿をベルリナーたちが微笑ましく見てくれていました(*´σー`)

?? 3 のコピー

お客様から救援物資が届けられたときは、ヒンメル含めスタッフ一同ワクワクしながら開封しました。
本当にうれしかったのを覚えています!

先輩や同期の方々が退職され、その代わりに新しいスタッフの方々が仲間入りし、自分が指導しなければならない立場になるなど、入社した時にこのような状況になるとはこれっっぽっちも考えておらず、正直”下っ端キャラ”だった自分には戸惑いや不安もありました。しかし、先輩や同期の方々から受け継いだ技術や知恵は後輩スタッフの方々に伝えたいと思う気持ちは強く、私の拙い説明で何とか横丁業務の引き継ぎを行ってきました。

私も物心つく頃から犬と生活をし、途中猫も加わって、常に動物が身近にいる生活を送ってきました。ドイツに来て、動物との暮らし方、関わり方、考え方については日本とその根本的な部分から異なる事も多く、驚かされることも学ぶことも本当に多かったように思います。特に”動物保護”という分野においては、日本の仕組みにも取り入れられる制度があるのではないかと一番関心を持った分野でもありました。
まさか自分がドイツで動物と関わる仕事が出来るとは夢にも思っていませんでしたが、横丁の業務に携われたことでその知識や関心は更にグッと深まった気がします。今後の自分の人生にも大きく影響する出来事の一つだと私は思っています。

これからもスタッフの皆さんで協力し、お客様に安心してドイツの美味しいご飯をお届けできるように努めてほしいと願いつつ、お客様には引き続き横丁をご愛顧くださると嬉しく思います。
横丁にご来店くださるすべてのお客様、そして愛鳥さんが幸せに暮らせますように!

最後に心から御礼を申し上げます。本当に今までありがとうございました。

ヒロ&ヒンメル🐦

オーチャードグラス異物混入について


日頃よりお世話になっております、とりきちです。

日本でシードへの異物混入に伴い、メーカーの品質管理が叫ばれる中、私ども、とりきち横丁に昨年から今春にかけて、お客様からお問い合わせいただきました内容を、ご紹介させていただきます(お客様には掲載許可を頂いております)。

2016年12月、お客様より下記のお問い合わせをいただきました。

オーチャードグラスの中に黒いコロッとした物が入っていました。画像のように2つ繋がっています。大きさはそんなに大きくないです、横にあるオーチャードグラスを基準にしていただければと思います。これはシードなのでしょうか??

オーチャード異物② のコピー

また、今年1月にも別のお客様より、同様のお問い合わせがありました。

昨年購入したオーチャードグラスに、何かの糞(ネズミ?)のようなものが入っていました。。枝や砂ならわかるのですが、糞だと衛生面でかなり心配です。。衛生面では安全なのでしょうか?

オーチャード異物

上記のようなお問い合わせをいただき、横丁側では、まず昨年12月の時点でお客様からいただいた写真を確認させていただきましたが、何かを特定するには至らず、また、ここ横丁で混入されたものなのかも判断するのが難しかったため、お客様にその旨をお伝えし、実際にオーチャードグラスに混入していた現物をドイツまで発送いただきました。

そちらをすぐに仕入れ先メーカーに送り、この異物が一体何であるのか検査してもらうこととなりました。

数日後、メーカー側から直接電話が入り、顕微鏡で確認したところ、虫の脚があったため、正体は「乾燥した虫の死骸」であることが判明しました。

メーカーあらは、乾燥された虫は、オーチャードグラスと同等の大きさとなるため、シードメーカーとしても完璧に取り除くことは難しく、
特に無農薬の場合、いくら選別・洗浄をしても、100%の除去は極めて難しいと説明を受けました。

横丁側の対応としては、なるべく、シード詰めの段階で虫を発見した場合は取り除くように努めておりますが、どうしても小粒なものについては完全な除去が難しくなってしまいます。

とはいえ、昨年より、シードを取り扱う業者に対する愛鳥家の方々の不安が募っていることも承知しておりますし、このような異物を発見されたお客様には多大なご心配とご迷惑をおかけしてしまった事は変わりありません。

現在、私どもが取り得るご対応としましては、1. このような異物が発見されたと判った時点で、お客様より詳細なヒアリングをさせていただき、2. その上で、必要に応じて現物をドイツのオフィスまで送っていただき、3. 速やかにメーカー側に問い合わせをし、正しい判断や調査・検査結果を受け、4. お客様にその結果をお伝えすることと考えております。

5. 同時に、その結果を同じく当店で愛鳥さんのご飯をご購入くださっている皆様と情報を共有することも大事だと考えております(お問い合わせくださったお客様のご承諾をいただけない場合はその限りではございません)。

直接、愛鳥さんたちの口に入るご飯を提供している横丁としましては、仕入れ先のメーカー側との関係を密にし、しかるべき対応を怠ることなく徹底して調査していきたいと考えています。もし万が一、健康に害を及ぼす異物が検出されました折には、情報を隠蔽するのではなく、限りなく公表し、リコール(ご返品・ご返金)にも応じ、防止・対応策を講じてまいります。

また、ここで当店をご利用くださるお客様にお願いです。

まずは、お荷物が無事にお客様に届きましたら、「すぐに」お荷物を開梱し、ご注文された商品が間違いなく入っているか中身をチェックしてください。

※「無料お試しバー」や「かわら版クーポン」などの商品はとても小さく、緩衝材に紛れている場合もございます。クリップなど小さい用品類も広告に包んでお入れしています。緩衝材を全て捨てられる前に今一度ダンボール箱、封筒の中を見直していただけると幸いですm(_ _)m

その中で、万が一お客様がご注文されたシード類や雑貨類に異物などが確認された場合、速やかに当店までご連絡くださいませ。(customer@torikichiyokochou.de)

また、その異物を必ず写真に収めていただきますようお願い致します。

お手持ちのスマホやデジカメでかまいません。それら写真を添付の上、メールをお送りいただけますとすぐに調査に乗り出すことが出来ます。

横丁側で調査しても異物が何であるのか判断が難しい場合は、仕入れ先のメーカー側に調査依頼をさせていただきます。写真での判別が難しい場合は、現物をお客様よりお送りいただくようお願いすることもございます。

メーカー側からの回答が来次第、お客様に調査結果をご報告させて頂き、返品返金などの対応を取らせて頂きます。

ここスタッフブログにて今回の件について掲載することを了承してくださいましたお客様に、まずは心よりお礼を申し上げると共に、ご購入いただいたオーチャードグラスに異物が混入していたことにつきまして、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

大切な愛鳥さんの事を思い、はるばるドイツ発送のお店を選んで下さっている愛鳥家さんたちに満足いただけるものを提供したいという思いはスタッフ一同みな同じです。

特にシード類の検品、点検の作業は今後も最重要課題の一つとして、スタッフ皆で取り組んでいく所存です。ここで作業している全ての過程が、お客様、そして愛鳥さんへの喜びに繋がると信じて、一つ一つの作業を怠る事の無いようより一層気を引き締めてまいります。

お気づきの点、横丁への改善点などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

とりきち

お客様から嬉しいメッセージをいただきました


とりきち横丁設立5周年に際しまして、
長年お付き合いいただいているお客様の良子様より、
嬉しいメッセージをいただきました。
良子様、ありがとうございます!

***

「とりきち横丁との出逢い」

亡実父が鳥好きだったので物心ついた時から家には
鳥(セキセイ)がいて、私は鳥が大好きになりました。

そして社会人になり公私の切り替えがうまくできなかった私を
先輩が見るに見かねて「オカメインコかわいいよ。」と写真を
みせてくれて一目ぼれをしました。

この時が私のオカメインコとの最初の出逢いになります。


2013年約17年間一緒に過ごしたオカメインコが
天国に旅立ち、鳥がいない生活に寂しさを感じ、
当時住んでいた家の近くのペットショップで
生後約3週間のオカメインコ・ルチノーをお迎えしました。


お迎えしてすぐに「あれ?ちょっと違うかも?」と感じましたが、
オカメインコを挿餌で育てたのが約17年前のことでしたので、
「違うかもしれない。」と思う気持ちに自信が持てませんでした。

01_20170210201559885.jpg

一人餌に変わる時期に、シードを1つ1つ嘴でつまみ、
つまんだシードがどこかへ飛んでしまいヨーゼフの口に入る
ものがほとんどなく、心配でどうしたらよいのかと思っていました。

呼ぶと私のほうへまっすぐに歩いてこない、
飛んで私の肩に乗る時と息をきらしている、
いつも片眼をつむりくしゃみばかりしているなど、
何か病気があるのではないかと疑っていました。

これまで鳥と暮らす中で鳥のごはんの内容を真剣に
考えることはありませんでした。

ヨーゼフにあげていたごはんは、17年間共にした
相棒ピースケが食べていた(未開封の)ごはんでした。

ヨーゼフを見ていて

「ごはんが原因でなければ病院へ連れて行かなきゃ。」

と思いました。

鳥のごはんについての正確な情報をどうやって
得られるのかがわかりませんでしたが、口から食べるものが
ヨーゼフの健康を左右することには間違いなく、
くしゃみばかりするヨーゼフがもしかするとごはんの何かに
反応しているのかもしれないと思えば今すぐにでも
安全な食事を食べてもらいたいと思いました。

02_201702102015583e2.jpg

その後調べていく中で「無農薬シード」という存在を知り、
さらに調べていくなかで「とりきち横丁」の存在を知りました。

とりきち横丁のお店に入るとごはんやおもちゃの沢山の
商品を取り扱っていましたが、何をどう選んでよいのかが
わからず、問い合わせをしました。

初めて来店するわたしの問い合わせに丁寧に
対応いただいたのがとりきちさんでした。

私の疑問に一つ一つ丁寧に回答いただき安心感を得ました。

また無農薬シードは日本で売っているという情報と、
とりきち横丁の商品はお値段が高いために主に日本の
ごはんを中心にして、サイドメニューとしてとりきち横丁の
ごはんを取り入れてみてはどうかという助言を受けました。

「なんて親切で良心的な方なんだろう。」

と思い日本ではこのような助言をいただける
お店はないと思いました。

そしてヨーゼフのごはんはとりきち横丁で買うと決めました。

06_20170210201556340.jpg

その後お店を利用するようになり、それと並行して
ヨーゼフは病院へ連れていくことになりました。

初めはクラミジア感染症の疑いで抗生物質を飲みましたが
結果陰性でしたのでよくなりませんでした。

そしてヨーゼフは当時の獣医を嫌うようになりました。

その後転院し、転院先ではヨーゼフは

「孵化しないはずの卵が孵化して今生きている鳥」

だと言われ、そう長くない命だということを告げられました。

08_20170210201556cce.jpg

とりきち横丁で買い物をするようになって知ったことは、
つまりヨーゼフから教えてもらったことは

「鳥は美味しい。」

がわかるということです。

ヨーゼフと一緒にいられる時間が限られているので、
「生きていてよかった。」そう思ってもらえたらと思い、
とりきち横丁のごはんがすきだったので、
毎日食べてもらいました。

キビ穂を片足で穂をもち上手に食べていたのを
今でも覚えています。

亜麻の実の穂の試食をいただいた時にヨーゼフが
あっという間に食べてしまい「おいしかったよ。」と
ニヤニヤしていたのも覚えています。

残念ながら生後ちょうど8か月で天国へ旅立っていきました。

10_20170210213318146.jpg

とりきち横丁さん5周年おめでとうございます。

私にとってはとりきち横丁さんは大切な鳥との
生育日誌であり、また大切な想い出でもあります。

今後も変わらずにいつまでもいつまでも
いてくれるように心から祈ります。

11_20170211000626131.jpg

※ただいま発情中のセバは、とりきち横丁さんの段ボールを巣と思って・・・。
どうしようか悩んでいます。
(わたしは鳥にはなれないのだよ。ごめんね。セバ。)


良子・セバスチャン

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR