『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪♪』

♪第18話 クリスマス特大SP★ジャンダルメンマルクトに潜入!!♪

こんにちは♪ヒロです。

先日、グリューヴァインで盛り上がってしまったクリスマス気分を一気に爆発させるべく(笑)、旅の相棒ヒンメルと一緒に出かけた先は…

IMG_2302.jpg

『こんばんは〜〜♪♪いきなりだけど、もうクリスマスマーケットの前に来ちゃいましたよ〜〜♪♪』

おぉぉぉぉ〜〜〜!!!キラキラしてるーーーーー★☆★

ここは、ヒンメルの後ろにデカデカと掲げられているのですが、
Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト)のクリスマスマーケットです♪

IMG_2313.jpg

このジャンダルメンマルクトは、前回もお伝えしたのですが、”ベルリンで最も美しい広場”と言われているほどベルリナーたちに愛されている広場なんです。

Deutscher Dom(ドイツ大聖堂)、Französischer Dom(フランス大聖堂)、Konzerthaus (Schauspielhaus)(コンツェルトハウス)の3つの建築物に囲まれているこの広場で行われているクリスマスマーケットには毎年多くの観光客と地元ベルリナーたちが集まります。
ちなみに昨年ベルリンのクリスマスマーケット人気No.1に輝いたのがこのジャンダルメンマルクトだったとのこと!!

これは是非日本の皆さんにもベルリンに遊びに来てもらいたいビッグイベントのひとつですねぇ(*´ェ`*)

IMG_2323.jpg

実はこのジャンダルメンマルクトのクリスマスマーケット、入場料で1ユーロかかります。この1ユーロはステージプログラムとチャリティに使われているんです。ただ、有料のおかげで、中はとてもクオリティーの高いお店が入っていて比較的大人の方たちがゆったりとしているクリスマスマーケットだなぁという印象です。勿論、家族連れも居ますので賑やかであることには間違いありません。
※ただし、月〜金のお昼に入場する際は無料です。

IMG_2318.jpg

クリスマスツリー、大きいねぇ。キレイだねぇ(*´ω`*)』

やはりドイツのクリスマスマーケットは一味違いますね!
ちなみに、ドイツ語ではクリスマスマーケットは”Weihnachtsmarkt”(ヴァイナハツマルクト)といいます。
先ほどの入り口に掲げられていた”WeihnachtsZauber”というのは ”クリスマス・マジック”という意味です♪♪(ドイツ語 das Zauber=魔法)

IMG_2317.jpg

『確かにこんなにキレイだと、まるで魔法にかけられてるみたいにキラキラしてるもんねぇ(人´∀`).☆.。.:*・゚』

ヒンメル、ほんとだねぇ(*´ω`*)

IMG_2319.jpg

『それに、ちょっとリアルだね…』

…ほんとだ。(笑)

それでは気を取り直して色々回ってみましょう♪♪

IMG_2320.jpg

まずは広場の中には沢山のお店が出ています。前回ご紹介したグリューヴァインは勿論のこと、ハンバーガーやハンガリーのピザ、ドイツと言えばソーセージ!、そしてスイーツとしてはバウムクーヘンやドライフルーツなどなど一周回るうちに何軒もの食べ物屋さんを見かけます。

勿論外は寒いので、そうした食べ物の匂いに釣られてついつい買っちゃうんですよね…^^;
ただ、それもこのクリスマスマーケットの楽しみでもあるんです!
季節は違いますが、日本でいう縁日と同じ雰囲気を感じます。色々な屋台を見ているだけでワクワクしますし、周りの人たちと楽しい時間を共有することで、その場に居るだけで幸せな気分になれます(*´ェ`*)

IMG_2325.jpg

『すこし周りを見渡してみましょうか!!キレイポイントが沢山ありますよ〜☆』

IMG_2327.jpg

Deutscher Dom(ドイツ大聖堂)ライトアップされてるねぇ★』

IMG_2324.jpg

『向かい側にはFranzösischer Dom(フランス大聖堂)のてっぺんがにライトアップ★』

IMG_2339.jpg

『その中央にあるKonzerthaus (Schauspielhaus)(コンツェルトハウス)の前にはステージが用意されているよっ!』

IMG_2359.jpg

『あっ!ステージでクリスマスソングの生演奏♪♪ステキなおじさまたちが演奏してるねぇ♪♪』

こうした生演奏の音楽が、ますますクリスマスの雰囲気を高めてくれるんですね(^^♪

IMG_2329.jpg

そして、クリスマスマーケットでよく見かけるキリスト生誕場面(クリッペ)です。

IMG_2326.jpg

そして、テントの中のレストランもあります。寒さが厳しい中ではこういうレストランは重宝しますね。
ただ、今年はとっても暖かい(と言っても5〜8度くらい…)ので十分外で飲食可能です(^^

IMG_2332.jpg

『最近の傾向としては、年内いっぱいは暖かいけど、年明けから急激に寒くなるっていう感じだねぇ。できればこうして外で遊べるくらいが嬉しいんだけど…(*´ω`*)』

せめてこのクリスマスマーケットが開いている期間は天気がいい日が続いてくれることを祈るばかりなのです…

IMG_2363.jpg

そして、ドイツと言えば、バウムクーヘン屋さん!といっても実は普段からよく食べるものでもないので^^;、クリスマスマーケットで見かけるとテンションが上がります↑↑

IMG_2367.jpg

おつぎは、この星飾りが沢山置いてあるお店… 一体なんでしょう!?

IMG_2368.jpg

これ、名前はHerrnhuter Stern(ヘルンシューター・シュターン)というもので、ドイツではこの時期よく一般のご家庭の窓に華やかに飾られている装飾品です。これは紙製なので折りたたんで日本へのおみやげにもできますよ★

IMG_2369.jpg

また、お隣にはクリスマスに関連する雑貨屋さんが♪

IMG_2372.jpg

アンティークで可愛い小物も沢山あり、お友達へのプレゼントなど良いお買い物ができそうなお店でした(^_^)

IMG_2333.jpg

こちらはキャンドルとキャンドルホルダーのお店!
キャンドルホルダーのガラスにはクリスマス柄が入っていてとにかくカラフルでステキなものばかり!

IMG_2747.jpg

りんごチップスやジンジャーブレッド、ジャムなどを扱うお店です。

IMG_2750.jpg

ジャンダルメンマルクトの中に2店舗程出店しているようなのですが、お店の前には常に二人の店員さんがりんごチップスの試食を差し出してくれるんです(・∀・)!!
なので、何回もりんごチップスをいただいてしまいました^^;これがまた美味しい!!

IMG_2835.jpg

そして、マーケット内のテナントテントの中には、こうしたオーナメント屋さんがあったり、バッグや靴などの革製品を取り扱うお店、また、帽子屋、アクセサリー屋、ギャラリー、バーなど様々なお店が溢れています。

やはりドイツの木製手作りオーナメントはお土産にもとても喜ばれますね(^_-)-☆

IMG_2361.jpg

とにかく小物が可愛くて、ずーっと色々なお店を眺めているだけであっという間に時間が経ってしまいます^^;
本当にこのクリスマスマーケットが来年3月くらいまであったらなぁ…と思うくらい(笑)、この華やかでキラキラしたイベントがいつまでも続いて欲しいなと思ってしまいます…

そして、このジャンダルメンマルクトの名物おじさまをちょっと写真でご紹介いたします。

IMG_2376.jpg

今年のおじさま。全身白の衣装を身にまとい、白い自転車(しかも電飾付き(笑))に乗って、マーケット内を紙吹雪を持ってウロウロしておりました。途中、知り合いに会ったのかこのまま立ち話もしていました(笑)

そして…下の写真が去年のおじさま。

IMG_2783.jpg

全身、ツリーになってました(笑)
もちろん電飾付きだったので、とっても目立っておりました…

実際に、この方が誰なのか存じ上げないのですがステージに上がってパフォーマンスをしていたので、恐らく演者の方なのだと思います。

密かにまた来年会えることを楽しみにしているわたしなのでした。。。(;´∀`)(笑)

IMG_2334.jpg

『いやぁ、まだまだ紹介したいジャンダルメンマルクトのお店や食べ物がたーーーーくさんあるんだけど、これ以上紹介するときっと年内にはお伝えしきれないね(・∀・)』

ヒンメル…∑(゚Д゚)じ、実はそうなんだよ〜…
今回はクリスマス特大SPということで1回でまとめさせていただきました…

が!!
もし、読者の皆様がベルリンにいらっしゃる際は、勇気をもってこの12月のクリスマスマーケットに乗り込んでくだされば、この華やかな世界が皆様をお待ちしております!!!

※ただし、12月の寒さがどうなるかは神のみぞ知る…Σ(゚д゚lll)

IMG_2335.jpg

『来年は是非ベルリンのクリスマスマーケットに遊びに来てねぇ♪とりきち横丁でヒンメルもお待ちしてますよ〜♪皆様、メリークリスマス★☆』

それでは、わたしからも…

☆★Frohe Weihnachten★☆
(フローエヴァイナハテン=メリークリスマス)

ジャンダルメンマルクトHP

ヒロ

『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪』

♪第17話 ドイツの12月と言えば…♪

こんにちは!ヒロです。

ただいま、とりきち横丁は絶賛大忙しです!!

梱包部屋では、スタッフ皆さんの手が休まる暇はありませんっっ!
ご購入いただいたお客様のお荷物をせっせと梱包させて頂いております^(・д・。)(。・д・)^
そんな時に、梱包用のチラシをチラっと見ながら、
『へー、こんなクリスマス限定チョコが売ってるんだ!』
『このサンタさんグッズ可愛い〜〜♡♡』
などと、残り1週間を切ったクリスマスまで想いを馳せているのです…

(*。◇。)ハッ!もう1週間切ってる!!

と、毎年12月になると時の流れの早さに毎度驚かされている私なのでありました…m(_ _;)m

さてさて、一緒に旅をしているヒンメルが、前回ひとりでブランデンブルグ門を巡った旅を見ていて、うらやましい(゜o゜)と思っていました…
12月、ますます寒さが厳しくなる季節、一緒にベルリンのステキなスポットを一緒に周ってくれると嬉しいんですが…゚(゚´ω`゚)゚。ピー 

IMG_1990.jpg

ぼー…っとしてるけど、ヒンメル、だいじょうぶ??

IMG_1992.jpg

『あ、ゴメンナサイね、ヒロさん!ベルリンにも初雪が降って、それをこのベランダから眺めていたんですよっ』

IMG_1998.jpg

さむそうですね…( >д<)、;'.・ ィクシッ

『それとそれと、これからも二人で一緒にベルリン旅するんですよっ!これから、一緒に皆さんにベルリンの街を紹介していきましょうよ♪♪』

ヒンメル〜〜〜!!!感動!!( ;∀;) ジーン

『さっそくですけど、ヒロさん、もう12月になったんだし、さっそくアレ行きましょうよっ♪』

アレってのは、つまり12月のドイツと言えば…っていうアレのことですよね…??


…の、前に!!!!

クリスマス気分を高めてくれるあの飲み物について皆さんに紹介したいなぁなんて思ってるんですけど、ヒロさん、いかがでしょう!?』

それはドイツの寒い冬を乗り切るための、あの飲み物のことね!さっそく皆さんにご紹介しましょう(・∀・)♪♪

IMG_2003.jpg

『これがグリューヴァインだよ』

ドイツ語ではGlühweinと書く、この飲み物はいわゆる日本語でいうホットワインにあたります。※これは和製英語とのことなので欧米では通じないかもしれません^^;

このグリューヴァインはクリスマス時期のドイツにおいて欠かせない飲み物で、11月後半から街のあちらこちらで見かけ始めるクリスマスマーケットには必ずと言っていいほど、グリューヴァインのお店が出始めます。
ワイン・ワイン香辛料(シナモン、クローブ、ローリエなど)を入れ温めて作られるこのグリューヴァインは、お店によって微妙に味が違ったりするので、グリューヴァインのお店巡りも楽しいんです。
何より、外の気温がマイナスになる場合でも、クリスマスマーケットではこのグリューヴァインのお店だけは必ず人が集まって賑やかです。グリューヴァインのお陰で体がポカポカするんです。

勿論、外でオリジナルのグリューヴァインを飲むのが本場なのですが、今夜はおうちでグリューヴァインが飲みたいなぁ
という時にはスーパーなどで売っているこの1リットルグリューヴァインがお手軽です(^O^)♪♪(しかも、とってもリーズナブル…)

IMG_2281.jpg

まずは、お手持ちのお鍋にグリューヴァインを注ぎます。
このグリューヴァインは元々出来上がっているものなのですが、オリジナルで香辛料やフルーツを足すと更に美味しくなるので、今回はみかん(”クレメンタイン”と呼ばれているもの)を入れてみます。

IMG_2271.jpg

アルコールを全て沸騰させないように温めて、カップに注ぐだけ♪♪
とっても簡単ですよね(・ω<)♪♪

IMG_2295.jpg

とってもいい香りがします。それは香辛料の香りだったり、フルーツの香りだったり、ワイン自体の甘い香りだったり… 

IMG_2296.jpg

暖かい家の中で飲む時は、ゆーーーっくり味わって飲めるから好きですヽ(´エ`)みかんにもグリューヴァインの味が染みて美味しいっ!
ただ、外で飲むグリューヴァインで体の芯から温まりながら、この寒さ厳しいドイツの冬には必要不可欠だなぁとしみじみ感じます。ドイツ人がこぞってグリューヴァインのお店の周りに集まるわけです(笑)

IMG_2285.jpg

そして、クリスマスマーケットのグリューヴァインを購入する時、こんな可愛いマグカップに注がれて出されます。
ドイツの各都市、そしてその中の各地域のクリスマスマーケットで必ずあるグリューヴァインのお店でオリジナルマグカップを集めるのがとっても楽しいんです!
きちんとクリスマスマーケットの名前、年号が入っているので、ドイツのクリスマスマーケット土産にピッタリです☆★

ちなみに、この写真に写っている左側のマグカップは今年2013年デュッセルドルフの旧市街で行われていたクリスマスマーケットのグリューヴァインのお店オリジナルマグカップです。

このつぶらな瞳とこのフォルム一目惚れしてゲットしてきました〜〜(ノ´∀`*)♡♡

右側のマグカップはベルリンの『Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト)』の昨年2012年クリスマスマーケットのオリジナルマグカップです。
ジャンダルメンマルクトはベルリンでも最も美しいとされる広場と言われていて、ここで毎年行われているクリスマスマーケットはとっても人気なんです★☆

さて、このマグカップたちをどうやってゲットするかというと、
飲み終わった後そのまま返さないで持って帰ってくるだけです(笑)

”Pfand(プファンド)”といって、先に容器分を支払いますが、飲み終わった後お店に容器を返しに行くと、その分のお金は返金される仕組みです。
なので、お土産にマグカップを持ち帰る場合は先に容器分を支払っているのでそのまま持ち帰ってもOKなのです!
勿論、もう一杯飲みたいなぁ、という時はそのカップを持って行き、普通に注文すればそのカップに注いでくれるか、先ほど飲んだカップを一旦引き取ってくれてまた新しいカップで出してくれます^^

ドイツに来た当初は嬉しくて沢山集めたマグカップたちが我が家にはズラ~っと並んでいるのですが…^^;、そのマグカップを見ると色々な街のクリスマスマーケットの思い出が蘇ってきます…

ヒロさん!!思い出に浸ってるけど、皆さんにも実際に今のドイツ気分を味わっていただけるように、さっそくベルリンのクリスマスマーケットに出かけますよっ!!』

∑(゚Д゚)ハッ!
そうだった…すっかりグリューヴァインの話で盛り上がってしまいました。失礼しました…^^;
次回はヒンメルと一緒に、先ほど名前が登場した『Gendarmenmarkt(ジャンダルメンマルクト)』クリスマスマーケットに潜入してみたいと思います(*´ェ`*)

すぐにお会いしましょう♪(๑╹ڡ╹๑)♪

ヒロ

『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪』

♪第16話 ブランデンブルグ門にやって参りました☆〜ヒンメルひとり訪問編〜♪

ついに12月に入りましたね♪♪こんにちは♪♪
引き続き、ひとりでベルリンのブランデンブルグ門を訪れているヒンメルです♪
風邪も引かずに元気いっぱいですよ〜+(0゚・∀・)+
皆さんも体調管理にはくれぐれも気をつけてねぇ( >д<)、;'.・ ィクシッ

30.jpg

さっそくですが、今回は正面側からスタートしてますよ〜(・∀・)♪
ベルリンで最も有名な観光地としてのブランデンブルグ門をお伝えしますねぇ★

ブランデンブルグ門正面側(旧東側)に広がっているこの広場は、
Pariser Platz(パリ広場)と呼ばれてます。

29.jpg

以前このパリ広場は旧東側にあったにも関わらず、その当時の雰囲気が全く感じられない程、現在は沢山の観光客が訪れる観光地となってますねぇ。
フランス大使館(正面向かって右側の建物)があり、残念ながらこの写真では見えませんが、正面向かって左側にはアメリカ大使館もあります。外交的にもとても重要な土地になっているんですねぇ。

IMG_0094.jpg

このパリ広場には沢山の観光客が来てるから、観光客をいつも楽しませるパフォーマンスなんかも見れるんだよねぇヽ(´エ`)ノ

25.jpg

東西ドイツに分かれていた時の国旗を持ちながら、全身銀色!の軍服姿のおじさんがいましたよっ!
※おじさんじゃなかったらごめんなさい(´・ω・`)

一緒に写真を撮ってくれますよっ。ただし、しっかりチップを要求するパフォーマーも…^^;

27.jpg

東西が分かれていた時には考えられない構図での写真も撮れちゃいますねぇ(;´∀`)
むしろ、ノリノリな感じ…(・∀・)

26.jpg

ベルリンベアさんと共に皆で集合写真!!なんてこともパリ広場では行われてるんですねぇ。

IMG_0074.jpg

んんん???大きなシャボン玉がゆらゆらと…!!??…その様子を撮影している観光客の皆さん??

IMG_0083.jpg

…そこで、2本の棒と紐だけで大きなシャボン玉を作り出してるお兄さんがおりましたよっ(・∀・)
何はともあれ、パリ広場はとても平和ですねぇ(笑)


そして!!
ベルリンでは毎年10月、”FESTIVAL OF LIGHTS”(光の祭典)というイベントが行われているんですが、ベルリンの様々な観光名所がキレイにライトアップされるんですよっ★☆
モチロン、このブランデンブルグ門もキレイにライトアップされますっっ!

IMG_1366.jpg

に彩られたブランデンブルグ門!
2週間程続くこのイベント期間には延べ150万人もの人がベルリンの観光名所を巡っているらしいので、このブランデンブルグ門にも必ず立ち寄ってるはず!!すごい人数ですよねぇ!!

IMG_1367.jpg

ライトアップはどんどん変わっていくので、一巡するまでじーっくり見入っちゃうんですよねぇ^_^

IMG_1384.jpg

前回お伝えしたクアドリガもバッチリライトアップされてますっ!→☆★前回はコチラ★☆←

さらに!!
このブランデンブルグ門前に広がるパリ広場に隣接するのは、国賓級のゲストやハリウッドのセレブ御用達の、ホテル”アドロン”
1907年にヴィルヘルムII世の庇護のもと建設された由緒あるベルリン屈指の高級ホテルなのですが、実はこのホテル、故マイケル・ジャクソンがファンの声援に応えようと自分の赤ちゃんを窓から出したのが、このアドロンだったんですねぇ。ご存知のかた、いらっしゃるかなぁ^^;?

そんなアドロンも、このブランデンブルグ門のライトアップを見に来る観光客の目をひいてますねぇ☆★

IMG_1335.jpg

これは自動車メーカーが協賛していたのか、自動車の宣伝がライトアップでアドロンに映しだされてましたねぇ。

IMG_1414.jpg

ちなみにこちらは、ブランデンブルグ門正面向かって左側に隣接する
アメリカ大使館のライトアップ。

アメリカの詩人ウォルト・ホイットマンの詩とアメリカの景色のライトアップですねぇ。
直訳ですが”光と影の一瞬一瞬が奇跡である…”うーん、深い…(´エ`)

IMG_0090.jpg

と、常にブランデンブルグ門の周りには沢山の観光客が居て、観光客ひとりひとりが思い思いに歴史に浸ったり、建築物として観察していたり、パフォーマンスの人たちに感嘆したり…ステキな時間を過ごしてるんですねぇ。

ヒンメルも、よくここのベンチで人間観察してますよ〜、色んな人たちが来るからおもしろいんだよねぇ(๑′ᴗ'๑)ღ♪♪

このブランデンブルグ門を訪れる時は、Sバーンの電車でそのまま『Brandenburger Tor』で降りてくださいね♪

IMG_0103.jpg

地上に出たら、ブランデンブルグ門の真ん前です(・∀・)わかりやすいっ!

IMG_0101.jpg

是非お待ちしてまっす♪♪
BY ベルリンベア


デ、デカイΣ(゚д゚lll)ガーン!!!

次回はヒロさんとまた旅にでまーす♪
12月だから…やはり向かうはアレしかなさそうです♡わかるかな??
※ヒロさん2回もおやすみしたんだから、次回は張り切ってもらいましょ♪(笑)

ヒンメル
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR