ザイフェン買付け旅行記~番外編~

とりきち横丁のお客様、
いつもお世話になっております、とりきちです。
ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

スタッフのようこと、もみじが、前後編でお届けしました、
ザイフェン買い付け旅行記、お楽しみいただけましたでしょうか?

とりきちによる今日の記事では番外編として、
とりきちが、ザイフェンで心を動かされ、
ついついベルリンまで連れ帰ってきてしまった、
小鳥さんたちの一部をご紹介いたします。

4月のイースターを控え、
ザイフェンの工房をはじめドイツの業界は、
今がかき入れ時です。
たくさんの業者さんが、ザイフェンのお店を訪ね、
商品を購入する姿が目立ちました。

小鳥さんグッズをたくさん目にできる時期が、
まさにこのイースター前の時期です!

まだ商品名も、販売単位も決まっていない状態で、
あくまでもメモ写真です。ご容赦ください!

24.jpg

こちらは春の色に彩られた、
イースターならではの小鳥の掛け飾り。
わ~!とバンザイしている姿に負けました(笑)

23.jpg

こちらも同じく掛け飾り。
黄色一色で、勝負しています。

21_201402282005037d7.jpg

こちらの皆さんは、少し渋めのカラーで、
お腹と頭に丸く塗られた箇所がご愛嬌です。

同じ木の小物であっても、職人さんの遊び心で、
いかようにも仕上げられるのだと思いました。

28.jpg

イースター掛け飾りの中で、とりきちが今年一番、胸を踊らせたのが、
このジョウロに乗った小鳥さんたちです。
ジョウロと小鳥というだけでも十分ななか、
そこに花をバックに添え、華やかに仕上げています。
このジョウロ版は、ザイフェンの中で1店のみお取り扱いがありました。
残念ながら、この1セットしか在庫しかなく、
さらに入荷した段階で、お店からご連絡をいただくことになりました。

29_20140228200543c3e.jpg

ジョウロ版の小鳥さんたちのおしり(笑)。

22.jpg

こちらは小鳥ファミリー。
とても愛らしい姿に、1セット限りでしたが、
お持ち帰りさせていただきました!

30_20140228200548aeb.jpg

こちらは木製の繰り抜き掛け飾り。
スズメさんでしょうか。
これも親子鳥をモチーフにしていて、なんとも愛らしい光景に、
心が惹かれました。

31_20140228200550e13.jpg

こちらも木をくりぬいて仕上げられた、
とても繊細な窓飾りです。
上部に糸を通して、窓辺に飾ります。
凛とした野鳥さんの姿が、素敵です。

32_20140228200551380.jpg

こちらも窓飾り。
青ガラさんと思しき3羽の野鳥さんが何やら賑やかに
木で語らっています!

33_20140228200619729.jpg

こちらは3羽の野鳥さんがエサ小屋に乗ったミニ置物。
去年、この野鳥さんたちの個々の置物を販売いたしました。
久々に会った彼らは、新しい商品として生まれ変わっていました!

35_20140228200621623.jpg

この赤と黒を貴重にした鳥さんは、
頭を前後左右に動かせ、
その日、自分が元気ならば頭を上に、
元気がなければ下に動かせます^^
そのドイツ語名は、「気分鳥」でした!

34_2014022820062114b.jpg

楽しいイースターをと書かれた札つきの、小さな置物です。
大小の小鳥さんがアレンジされています。

36_20140228200624174.jpg

こちらは、ある工房の試作品ということで、
その試作品鳥さんたちを全数十羽、まとめて引き取ってまいりました。
ずんぐりして、ひょうきんな表情を浮かべる鳥さんたち。
本格制作に入ってもらえますように。

26_20140228200510a03.jpg

そして最後のご紹介作品は、可憐な鳥さんがあしあわれた木製板です。
格言が書かれています。また販売時にきちんと訳してご紹介いたしますね。

この他にも、恒例のヴェーバー工房からもいくつか新商品を購入してまいりました。

今回のザイフェン訪問の目的は、
こうした買い付けのほかに、メーカーである工房と
きちんと売買契約を結ぶことにありました。

また、今回は新たに工房を訪れて、
私たち、とりきち横丁が希望する商品を伝え、
試作品を作っていただくという交渉もしてまいりました。

実際に今日、マイスターのヴェーバー氏には、
オカメインコの置物の試作品を作っていただき、
メールで、その置物を見た私達はわ~!!と歓喜したのでした。

とりきち横丁を始めてから、勉強、勉強の毎日です。
いかに自分と横丁、そしてスタッフたちが成長できるのかを
真剣に悩み、考えます。

小さな村のザイフェンを舞台に、
ドイツ職人さんやメーカーに直に出会い、
信頼を少しずつ勝ち取り、お取引させていただく。
まさに商売の基本を、お恥ずかしながら、
今、身につけさせて頂いています。
その過程で悩み苦しみ、ときにうまく行かず落ち込むこともあります。

ですが、今回同行してくれた、もみじと、ようこをはじめとした
スタッフたちのサポートもあり、前に進めている気がいたします。

お客様からの「新しい商品を楽しみにしています!」のお声も
大きな力に変わります。

日本には多くのエルツ山地の品物が輸入されています。
でも、鳥のグッズを網羅的に集めたお店は、ここだけ。
その誇りを持って、これからも、お店の運営にあたってまいります。
どうか、今後とも、とりきち横丁をよろしくお願いいたします。

今回ご紹介した商品の一部は、大阪で開催予定の、
「お客様のつどい2014」でも販売予定です。お楽しみに!

とりきち

ザイフェン買付け旅行記~後編~

皆さまこんにちは!もみじです。
ようこがお届けしたザイフェン買付け旅行記~前編~は
もうお楽しみいただけたでしょうか?

本日は、横丁でもおなじみ、愛らしい鳥さんの置物で知られる
「Roland Weber Söhne」の工房をご紹介いたします。

買付け旅行の最大の目的でもあった、こちらの工房の訪問ですが
今回は、なんとマイスターであるヴェーバーさんの工房を
見せていただくことが叶いました!!

木目を活かした愛らしい鳥さんや
かわいいくまさんが生み出される仕事場を
この目で拝見できるとあって一同大興奮。

では、さっそくご紹介いたします♪

おなじみの鳥さんが看板の上に!
schilder.jpg

敷地内の木にも鳥さんがとまっています。

tori.jpg


こじんまりとした可愛らしいお店に、隣接する2階建ての工房
ここでヴェーバーさんの作品が作り出されています。

shop.jpg

koubougaikan.jpg


植え込みにも鳥さんが!

uekomi.jpg

建物の2階にある工房は、隅々まで掃除が行き届き
きちんと整頓されています。
さすがドイツ人!と感心し、己を顧みて反省することしきりでした…
(写真は作業直後のものになります)

koubounai.jpg

あいにくのお天気ではありましたが、窓からは自然光が入り
ヴェーバーさんの相棒である工作機械にやわらかい光を落しています。
長年使用され手入れを重ねた機械は、まさにヴェーバーさんの分身。
殺風景になりがちな部屋が、柔らか味を帯びた静かで
居心地のよい空間となっていました。

ヴェーバーさんが、ちょうど工房に並べてあった
ハチさんの部品を組み立てながら説明してくださいました。

hachisan.jpg

お腹の線は焼きゴテで色を付けているそう。
見る間にハチさんができあがりました。


こちらは、ヴェーバーさんに命を吹き込まれるのを
待っている木材たち

mokuzai01.jpg

使用している木材はトウヒ、サクラといった地元で手に入るものが中心です。

使用する木材の乾燥には、およそ1~2年ほど時間がかかるとのこと。
「その間お金を眠らせているようなものだよね」とヴェーバーさんは笑います。

近年では、専門の業者で人工的に乾燥を行うことが出来るようになり
わずか1ヶ月で利用ができるようになったとか。
「自分のような年寄りには助かるね!」と反応に困るセリフが…!

「けれども自然乾燥された木材にはかなわないんだよ」と
おっしゃっていました。
便利さと木の質の両立はなかなか難しいようです。


なんと女性スタッフに、木の置物をその場で作ってくださいました!

webersan.jpg

四角い木材が、ヴェーバーさんの手によって
見る間に形を変えていく様はまるで魔法の様
一時も目が離せません。
一同興奮してヴェーバーさんの手元に見入っていました。

こちらが完成した木の置物

baum.jpg


熟練の技をまじかで拝見できて大興奮です!

木を削りだす道具は、鍛冶屋さんに注文して
希望通りのものを誂えてもらっているそう。
もちろんご自分でお手入れ、調整を行っています。

現在は、奥様と二人で工房を続けられているヴェーバーさん。
この3月で79歳(!)となられるとのこと。
「この歳だから年金をもらっているので働く必要はないけれど
好きだからやっているんだよ」とおっしゃられていました。

どうかいつまでもお元気で素敵な作品を
作り続けてくださいますように…!



ザイフェン買付け旅行記~前編~

皆さん、こんにちは!ようこです。
2月15日から3日間、ベルリンから南へ約250km、
おもちゃの街ザイフェンへ行ってきました。
2回に渡り、もみじと私で、ザイフェンについてご紹介します♪

既にとりきち横丁でも扱っている、手作りの木のおもちゃ。
今回の旅の主眼は商品の買付けですが、
新たな商品との出逢いにも期待大。
また、もみじとようこは初めてのザイフェン。
街の景色、空気を楽しむことも、大きな目的でした。

人口の3分の2はおもちゃ作りに従事している、
というザイフェン。
目貫道りの右も左も、おもちゃのお店が軒を連ねています。

P1001031.jpg
生憎の空模様でしたが、その分、お店の壁や屋根の色が
しっとりと目に優しく、街歩きを楽しむことができました。

P1001051.jpg
道の名称を示す標識も、こんなに愛らしい。

P1001054.jpg
ショウウィンドウには、イースターの飾りが並び、
間近になった春の訪れを感じます。

P1001032.jpg
こんな大きなトナカイさんを飾っているお店も。
(カナダの国旗は…なぜ?)

P1001089.jpg
そして、夕方になると灯る、外灯のまた可愛らしいこと。

心をくすぐられる、といえば、
小鳥さんにちなんだモノを、街のあちこちで見かけました。

P1001025.jpg
家の壁に付けられた、奇をてらわないデザインの、
居心地の良い(と思われる)鳥小屋。

P1001028.jpg
温度計も、こんなに素敵です!

そして、今回の買付け旅行で、
私が特に楽しみにしていたのが…

P1001058.jpg
ここ、このお店を訪ねること。
横丁の置物の中でようこ断然一押しの『マチコとハルキ』
とりきちが、この2羽と出逢ったお店です。

『マチコとハルキ』が横丁商品として登場して以来、
自分でも欲しくてたまらなくなり、ちょっと前にザイフェンを旅行した
くまきちに頼み込んで、個人用に買ってきてもらいました。
今回は、他のデザインの『マチコとハルキ』もお迎えしたく、
心踊らせてお店に足を踏み入れました。

そして、出逢ったのが、この2羽です。

P1001145-(2).jpg


マチコ巻きのスカーフ、チェックの茶色、
ハルキの山高帽の深い緑と粋な首巻き。
自然な木の色合いと相まって、
見れば見るほど可憐な2羽です。
大切に連れて帰り、今は2ペアとも、
リビングの本棚が定位置です。

忙しい毎日の中で、そこを見れば心が和む。
横丁の置物が、お客様の暮らしの中で、
そういう役目を果たしてくれたら、
こんな嬉しいことはありません。

さて、とりきちともみじと一緒に色々なお店を巡って、
こんなことを感じました。
大きな卸しの工房(会社)から仕入れている商品、
自分のお店で作っている商品、
お店によって品揃えは様々です。
複数のお店で同じシリーズを目にすることもあれば、
『ここにしかない』一品を置いているお店もある。
品揃えと展示の仕方、店員さんの接客の様子などから、
店主の意向、趣味、時には哲学のようなものまで
伝わってくるような気がしました。
そして、そんなお店が集まったザイフェン。
振り返ってみて、なんだか街全体を
『ものづくりの誇り』が漂っていたように思います。

商品を提供する側として、『お店』ってなんだろう。
そんなことを考えさせられた旅でもありました。

さて、『ザイフェン買付け旅行記~後編~』は、
横丁でも人気商品となっている Roland Weber Söhne シリーズの
マイスター、ヴェーバーさんの工房を、
もみじがご紹介します。
どうぞお楽しみに!

♡おまけ
P1001043.jpg
泊まったホテルの朝食で『半熟玉子』を頼んだら、
こんな風に出てきました!
ホテルの方の心遣いも一緒に、しみじみ美味しくいただきました。

『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪♪』

♪♪第21話 いきなり『とりきち横丁』オフィス訪問の巻!!♪♪

こんにちは。ヒロです。

日本の大雪のニュースを2週連続で見ていて、とても驚いています。と共に心配しています。
とりきち横丁スタッフブログをご覧になってくださっている皆さんはお変わりありませんか??
皆さんが無事に過ごされていることを切に願っておりますm(_ _)m

ベルリンはというと、びっくりするくらいの”暖冬”です。
こんな冬は渡独してから初めて経験するくらい、雪もなく、氷点下を下回ることもほとんどなく、そして何より太陽が顔を出す機会がとても多い今年の冬は、本当に穏やかなのです!

このまま春になってくれたら嬉しいのですが… ベルリンの冬がこのまま終わってくれるかはまだわかりませんね(^_^;)

さて…

今回突然なのですが、旅の相棒ヒンメル『とりきち横丁』のオフィスにやって参りました!!

tori3.jpg

ヒロさんがきちんととりきち横丁で真面目に働いているかチェックしに来たんだよっ』

∑(゚Д゚)抜き打ちヒンメルチェック!!

tori2.jpg

『いやいや、ヒロさん冗談よ〜(◔⊖◔)♪今日はとりきち横丁になにやらステキなアイテムがやってきたと、風のウワサを聞きつけて、
ヒロさんに隠れてついてきたんだよっ(,,・θ・)』

ど、どこから嗅ぎつけてきたのでしょう、そのウワサを…(笑)
しかも、最近とりきち横丁グッズで大人気いぐさのバスケットと一緒じゃないですか…(=゚ω゚)ノ

『あ、実はとりきち横丁のTwitterを見たんだよねっ♪♪』

やはりしっかりもののヒンメル、とりきち横丁Twitterチェックまで欠かしてません(笑)


tori12.jpg


『…と、その前に、横丁スタッフのもみじさんが、見やすく、使いやすく変更してくれたとりきち横丁のショップサイトをチェックしちゃうよっ!』

そうなんです!以前からコツコツと作業していたもみじさん(^O^)/
今まではサイドメニューの大きなカテゴリーからしかアイテムを探せなかったのですが、新しく変更されたデザインでは、細かくカテゴリー分けされた”ドロップダウンメニュー”からアイテムを探すことが出来ます(・∀・)とてもわかりやすくなりました!!

tori15.jpg

『しかも!このトップ画面右側に常に表示されるクラウスさんをクリックするだけでTOPへ戻れるようになったよっ!これは便利だよねぇ(・8・)』

実はこの可愛いクラウスさん、はじめはこのサイズより一回りくらい大きく表示されていたらしいのですが(笑)、さすがに大きすぎるとのことで丁度良い今のサイズに収まったとのこと!Byもみじさん(^^)

とりきち横丁をご利用いただく皆さんが使いやすいようにショップサイトが変更されたのは嬉しいことですね♪

ヒロさんは特に何もしてないよねぇ…(=゚ω゚)ノ』

Σ(゚д゚lll)ガーン…。ご、ごめんなさい…_| ̄|○ もみじさんのおかげですっ!ありがとうございますm(_ _)m



tori18.jpg

『…さて!!皆さんにご紹介したかったのは、とりきち横丁オフィスに届いたこちらの大きなケージですよっ♪』

これはとっても立派なケージですね(゜o゜!!!
ケージの下にきちんとモノを置けるスペースまで付いてます。
下にキャスターも付いているので場所の移動も簡単にできます。

tori4.jpg

『Twitterをご覧になった皆さんにスタッフブログでももうちょっと写真を見ていただこうと思ってヒンメルも見に来たんだよねぇ(*◔⊖◔*)』

確かに!ヒンメルリポートをよろしくお願いします(^^)

tori8.jpg

『まずはこの吹き抜け!なんてステキでしょっ☆★』

ヒンメルが実際に中に潜入してみました、の図!(笑)上の扉を開けて止まり木を設置することも可能とのこと!
開放的な作りで鳥さんにも嬉しいですね♪

実際に愛鳥さんにこの止まり木に止まってもらえたらステキな写真が撮れそうですよねパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)

tori7.jpg

『この手前の大きな扉の上にあるセキセイインコさんの出入口、ヒンメルお気に入りですよっ』

tori5.jpg

『ちょっと小休憩できちゃうもんねぇ(◔⊖◔)♡』

休憩…するんですね、ヒンメルは(笑)

tori10.jpg

『それに餌入れ用扉も5ヶ所も付いてるんだよねっ!』

tori17.jpg

『扉もしっかりしてるし、突然扉が開いてしまわないようにロックもできるんだって!』

鳥さんが逃げないようにしっかりした作りになっているのは信頼が置けますよね。

tori19.jpg

『このケージはとりきちさんが今春のお客様の集いでお披露目する予定みたいだよっ!その時に是非皆さんには実際に見てもらいたいねぇ♪』

そうですね(・∀・)是非皆さん足を運んでドイツ製のケージをじっくり見ていただきたいですね。
この前にくまきちさんがTwitterに載せてくださっていた”間仕切り付ケージ”もお披露目される(!?)とのことなので、実際に見比べてみるのも良いかもしれないですね♪♪

お客様の集いがよりワクワクしたものになりそうですよ〜(・ω<)

※今回のケージの後ろ側にセキセイインコのゾフィちゃんとカナリアのモーリッツくんが居るのですが、ケージかぶりしてしまってちょっと見づらくなってしまったことをお詫びいたしますm(_ _)mゾフィちゃんとモーリッツくんのサービスショットもいつか掲載できると良いなと思ってます…(◔⊖◔)★

tori16.jpg

『とりきち横丁オフィスは常に可愛い鳥さんグッズに囲まれてて居心地がイイんだよねぇ…ヒンメルももっと頻繁に遊びに来たいなっ♪』

仕事の取り組みもチェックしてくれるヒンメルが遊びに来てくれることは私にとっても身が引き締まる思いです…(;´∀`)
たまにヒンメルととりきち横丁の新商品をこうして紹介していく回も設けていきたいなと思います!

tori9.jpg

『そうそう、こういうRoland Weber Söhneクマと鳥の木製置物とのツーショットもイイよねっ♡』

このクマさんと鳥さんの置物はわたしヒロも個人的に家族へのプレゼントとして3体も購入させていただきました(๑′ᴗ'๑)ღ
とっても喜ばれましたよ!やはりドイツ製の木製置物は人気が高いですね。

tori11.jpg

『ちょうど週末にとりきちさんたちがザイフェンにお出かけしたので、また新しい鳥さんグッズに会えるのがすごい楽しみだねぇ。どんな鳥さんたちに会えるのかな((o(´∀`)o))ワクワク』

それは今週ヒロが責任持ってどんなグッズが来たのかこの目で見て参ります!

次回もとりきち横丁に置いてあるあるグッズについてヒンメルと紹介していきたいと思います。

お楽しみに♪♪

ヒロ

『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪♪』

♪♪第20話 ベルリンのBIOスーパーに潜入してきました♪♪

こんにちは。ヒロです。

さっそくですが、前回ヒンメルと一緒に訪れた、BIO(ビオ=オーガニック)のスーパーマーケットをご紹介していきたいと思います!

1618606_10152898068926988_242903834_n のコピー

『と言いつつ…まずはチラシのチェックから…』

きちんと、チラシに掲載されているAngebot(お買い得品)を見つめるヒンメルはしっかりものでした!!!!(笑)

1014033_10152898068636988_450002802_nのコピー

『このクレメンタイン、覚えてるかな??グリューヴァインをおうちで作った時に一緒に入れたクレメンタインにもBIO製品があるんだねぇ』

あ!ほんとだ。クレメンタイン(小型のオレンジ)をグリューヴァインに入れるととても美味しくなりましたもんね(*´∀`*)
→グリューヴァインの記事はコチラ←

ちなみにチラシに掲載されている他の食材には、Champignon(シャンピニオン=マッシュルーム)、日本では珍しい野菜(!?)のKohlrabi(コールラビ)、そしてGemüse(ゲムーゼ=野菜)の瓶詰めがお買い得品になってますね。

※※※先日、わたくしヒロがこのチラシをお客様の梱包に使用させていただきました(・∀・)!!実際にヒンメルが眺めているこのチラシが当たった方は、今日1日ラッキー★☆…かも(笑)

さて、実際に店舗の中を見てみましょう!

bio10.jpg

入ってすぐに新鮮なBIOの野菜が沢山積まれています(・o・)
野菜の種類も豊富ですね。

bio18.jpg

『野菜コーナーには、有機栽培で育った野菜がたっぷりだねぇ』

有機栽培とは、成長促進剤、化学肥料、農薬、遺伝子組み替え技術、放射線照射を用いずに作物を育てる方法とのこと、
また、加工品の場合は、添加物にドイツ国内法的な制限があり、具体的には着色料や発色剤、酸化防止剤、保存料から化学調味料のようなものまで、徹底したBIO基準が設けられているのだそうです。

元々BIOという基準があるので、消費者としては買い物の際に農薬や化学肥料の問題を気にすること無く購入ができるのはメリットと言えますよね。

bio16.jpg

そして、ドイツと言えば、じゃがいも!!
しっかりBIOのじゃがいもも置いてあります。ただし、通常のスーパーに売られているじゃがいもに比べると価格は少し高めです。
右隣には、Süßkartoffel(サツマイモ)も置いてありますね(写真右下)!

bio13.jpg

『農家の写真パネルがあったりしてなんだか安心しちゃうんだよねぇ』

その気持ちわかります ε-(´∀`*)
農家の方の”わたしが作りました!”と、写真が載ってると顔が見えて安心しますもんね。

bio7.jpg

ついでに、このBIOスーパーには、”VEGAN”(ヴェーガン=乳製品やその他動物性食品も食べないベジタリアン)の本も置いてありました。
BIOスーパーはVEGANの方たちも多く利用しているようです。

bio12.jpg

『あ!ヒンメルも大好きなオーツ麦クッキーだ(・∀・)!
とっても優しい味がして美味しいんだよねぇ(´~`)♡♡』

とりきち横丁で鳥さんに購入されている方も大勢いらっしゃると思いますが、これはBIOの【オーツ麦】入りのクッキー(チョコがけ)です。パッケージにもオーツ麦の絵が載っています!
このクッキー自体は通常のスーパーにも売っている商品なのですが、BIOスーパーで見かけるメーカーのお菓子は、通常のスーパーではあまり目にすることはありません。もしかするとBIO製品の流通経路や販売店が異なるのかもしれませんね。

bio2.jpg

『その横には、セサミストリートのクッキーがあるよっ!』

Keks=ケクス(クッキー、ビスケット)これもBIO製品なんですね。ちなみに、”セサミストリート”はドイツ語で”SESAMSTRASSE”(ゼザムシュトラッセ)と読みます。なんだかとてつもなく固い響きになるんですね…^^;

ってヒンメル、お菓子コーナーへの食い付きがスゴイですね…(笑)

bio1.jpg

『それでは、ヒロさんにはコチラのコーナーをご紹介していただきましょう♪♪』

そう、BIOスーパーにはBIOのアルコール製品も置いてあります。
BIOワインは日本でも、“自然派ワイン”として一般的に知られているかと思います。
EU基準でBIOと認定されたワインは、イタリア、フランス、スペインなど他の国のものも多く見られます。
ドイツではEUより更にBIOの基準が厳しいとのこと。
やはり、アルコール製品に関してもドイツの徹底した管理体制が見受けられますね。

bio11.jpg

ドイツと言えば、ビール!!(ドイツと言えば…シリーズ(笑))

通常のスーパーで滅多に見ることのないBIOのビールは、通常のビールよりもほんの少しだけ値段が高くなりますが、正直ドイツのビールは元々原料にこだわって作られているので、BIOビールと通常のビールの味の違いはわたしにはよくわかりません…(;・∀・)


と、このように、通常のスーパーで見かける食料品でも、BIOスーパーでは、商品ひとつひとつ、なにかが違うという印象です。
やはり、どこで、どのように作られ、育てられたのか、原材料はなにか、手にとった商品へ興味を持つようになり、より一層食の安全に対して関心が高まるような気がします。

今回紹介したものはBIOの食料品でしたが、他にも化粧品洗剤などもBIOスーパーの中で販売しています。
日本でもドイツのオーガニックコスメを利用している人も多いと聞くので、今後是非このブログ内で紹介できたらなと思います(*^_^*)


ちなみに…BIOスーパーでほぼ必ずと言っていいほど見かける食材は、コチラ↓↓↓

bio-shoyu.jpg

それは、しょうゆを始めとする日本の調味料や食材です。
コチラは"BIO Shoyu"と書かれています。
最近ベルリンでもおにぎり屋さんが人気になるなど、日本食に対する関心が高まる中、BIOスーパーでは必ず“アジアコーナー”が設けられ、必ず日本食も置かれています。

わたしがビックリしたのは、コチラ↓↓↓

hatcho-miso.jpg

八丁味噌… なぜベルリンに…!?(笑)

愛知の方のご推薦かしら…(・∀・)

bio15.jpg

『子供も買い物途中で遊べるコーナーもあるし、ベルリンに遊びに来た際はBIOスーパーにも寄ってみてねぇ(◔⊖◔)♪♪』

ヒンメル… BIOスーパーで遊ぶ… でした。

☆★ヒロ★☆
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR