お店を持ってわかった大切なこと


本当は、別の大切な記事を書くつもりでしたが、
最初の心の準備として、箇条書きにしたことが
随分と長くなりましたので、自分への戒めの
気持ちを込めて、そのまま掲載いたします。

とりきち横丁という、小さなお店を持って
わかった大切なことです。

・個人のお客様とのつながりを、今後も大切にしていくこと。

・自分一人では無理せずに、スタッフを信頼し、仕事を任せ、
 お店全体で、お客様をサポートすること。

・店主の役割りとして、より良い商品を見つけ、
 日本のお客様や鳥さんに紹介していくこと。

・お客様だけでなく、横丁で働くスタッフにも配慮し、
 より良い仕事環境づくりを考えていくこと。

・ドイツのものを、そのまま紹介するのではなく、
 日本の飼鳥文化を考慮し、 きちんとそのバックグランドを
 押さえた上で、紹介すること。

・ひとりよがりの運営にならないよう、
 常に、お客様と鳥さんの声に耳を傾けること。
 そして、スタッフの進言も、きちんと受け止めていくこと。

・店主である自分が、健康で、そして幸せでいられるよう、
 心と体のバランスをうまく保っていくこと。
 (これが一番難しいです・・・)

・自分を支えてくれる家族、スタッフ、お客様、
 可愛い鳥たちに、感謝の気持ちを忘れないこと。

これからも、たくさんの失敗や試みを繰り返しながら、
魅力あるお店づくりを目指したいと思います。

とりきち

BIO小麦穂の刈り取りが始まりました!

刈り取り1

いよいよ、2014年の刈り取りシーズンを迎えました!
本日から、スタッフがマラッハおじさんの畑に向かい、
新商品となるBIO小麦穂の刈り取り作業を始めました。

その隣の畑のBIOカラス麦穂は、
あと数日で、刈り取りの時期を迎えます。

熟しきっていない緑の穂が、小鳥さんたちにとって一番美味しく、
栄養価に溢れると言われています。
その時期を、まだかまだかと待って、やっと今日。
緊張と喜びに包まれながら、涼しい風を受けて、
作業を開始しました。

BIO小麦穂を今年お届けできるよう、
最後の最後まで気を抜かず、頑張りたいと思います。

とりきち

『ヒンメルのとりきち横丁訪問記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.6〜ユキモさん編〜♪

こんにちは♪ヒンメルです(◔⊖◔)つ
梅雨の季節、皆さん、お変わりありませんか??
ドイツはワールドカップでお祭り騒ぎになってますよっ!どの参加国も一生懸命頑張ってほしいねぇ(・∀・)

yukimo5.jpg

さて、しおんさんに引き続き、第6回目のスタッフインタビューは、
”ユキモさん”ですよっ!

ユキモさんは主に梱包を担当しており、その明るく頼もしい性格から、梱包作業場ではとても大きな存在感を示してくれています(・∀・)
また、お客様への荷物が日本までの長旅に耐えられるよう、その梱包方法において、”主婦ならではの目線”さまざまなアイディアを考案してくれるのもこのユキモさん
横丁スタッフにとってもありがたい存在ですよねっ♪

yukimo1.jpg

※大好きなうさぎさん(!?)と一緒のユキモさんのお顔は皆さんのご想像にお任せします♪

たまに、『ギャーーーッッ』というユキモさんの絶叫が梱包作業場から聞こえてくるときは、PCスタッフたちも、
”ビクーーーッ∑(゚Д゚)”となります(笑)
そんなお茶目(!?)な一面も見せるユキモさんのインタビューですよっ☆

ーとりきち横丁で働き始めて早1年、とりきち横丁の業務で楽しい所、面白い所、大変な所…etc、率直な感想を聞かせてください!

『梱包スタッフとして横丁に仲間入りして あっという間に一年経ってしまいました。
最初の3ヶ月は覚えることがたくさんありすぎて、頭の中がパンクしそうだったこと、9月にはベテラン梱包スタッフが不在だったため、
新人3人で奮闘したこと、続く10月からクリスマスまではかなり忙しくなると脅かされ(!?)戦々恐々としていたこと、年明けにはぷぷクラセットが発売されるということで前年の発送の様子を聞いて目の前が真っ暗になりそうだったこと。

どれもこれも大変でしたが、乗り越えれば、
「よっしゃーー!次もがんばろう!!」
と思えるところが面白くもあり楽しいところでもあります。
とりきち横丁には不思議な力があるようです。

ーとりきち横丁の商品の中でオススメはどれですか。

『とりきち横丁のシード・おやつ類は無農薬栽培されたもの、というのはみなさんご存知だと思いますが、実際に私が食べてみた商品をオススメします!

ビルベリー…フルーツケーキにレーズンとかと一緒に入っていそうなドライフルーツです。
アロニアベリー…ビルベリーに比べて酸っぱい!!でも問題ナシ。
インコせんべい…梱包途中で割れてしまったものを一口いただいてみました。普通に美味しいです。あ、人間にはちょっと塩気が足りないかな。』


ー鳥さんについてとりきち横丁で働き始めて初めて知った発見はありましたか?

『実は私、ウサギ飼いでして、鳥さんについての知識はほぼ皆無でした。
見分けがついて名前がわかるのはスズメ、ハト、カラス・・・といった感じで、ペットとして飼われる鳥さんはセキセイインコカナリアくらいだと・・・。
セキセイさんには黄色バージョンと青色バージョンの2種類があると思っていたのですが、横丁の廊下にはられているセキセイポスターにはたくさんのカラーバリエーションが載っていてビックリ!
その横にある文鳥ポスターは私にとってはまだまだ未知の世界です。

しかし、これ以上にビックリしたのは、セキセイさんの(?)の色でオスメスの区別ができる、ということでした。
あまりにも衝撃的な事実に、思わず実家の母に知らせたら、「あら?知らなかったの??」と一蹴されてしまいました、ガックリ。』


yukimo2.jpeg

ユキモさんは主に梱包を担当されていますが、自分なりの工夫や気をつけていることはありますか?

『まずは、お客様の手元に無事に届くよう、丁寧を心がけています。時には、過剰包装かしら?と思うほど。
また、小さな雑貨類は梱包材に紛れて気づかないうちに一緒に捨てられてしまわないよう、新聞紙ではなくカラフルな広告で包むようにしています。
お客様から無事に届きましたというお便りを頂くとホッとしますし、外箱や中身が壊れていましたというご報告にはドーーーンと落ち込み、反省しきりです。
目下の目標は、割れ物梱包の苦手意識をなくす!です。』


ーちなみに自分が動物だとしたら、何の動物だと思いますか?その理由は?

『他人に縛られることが苦手なんですが、それなりに協調性を持ち合わせたですね。
横丁では上手に猫をかぶっていますが、家では化けの皮が剥がれて夫と娘が迷惑しているようです、エヘヘ。


ーもし自分が鳥さんを飼うとしたらどの種類の鳥さんを飼ってみたいですか?またその理由は?

『国内スタッフのユカリさんのブログで拝見したピンク色のアキクサインコさんに心を奪われました♥
ほら、黄色青色のインコさんしか知らなかった私には、衝撃的な色ですから!!』


ーベルリン滞在歴が横丁スタッフで一番長いユキモさんですが、いまだに「こんなドイツの文化には驚かされる」といった事柄はありますか?

『この5月でベルリン在住15となりました。
日本とドイツでは文化や習慣が異なることは当然ですが、あれやこれや文句を言いながらも、それぞれのよいところを取りながら生活しています。

ただ、今までも、そしてこれから先も決して私が取り入れることはないだろうという文化は、自転車の交差点内での左折方法ですかね。
ドイツでは車は左ハンドル右走行です。それにともなって、自転車も右側走行となっています。
自転車専用レーンが充実しているにも関わらず車道を走る自転車がけっこう多く、車を運転しながら「邪魔だなー」とか思っているのですが、交差点近くになると前を走る自転車がおもむろに左手を横にあげながら車道の真ん中に出てきます。
そして、左折レーンに入り車と一緒に対向車の合間を縫って左折するのです!!

これは私には無理。時間がかかろうとも地道に2段階左折をしていきます。』


ー滞在歴が長いユキモさんだから知っている!ベルリンの魅力を教えて下さい。

『ベルリンはマルチカルチャーな街でありながら緑の多い街といえます。
街中でも緑豊かな公園があちこちにあり、大きな街路樹も街の風景を成しています。

我が家は森のすぐそばにあるのですが、森を抜ける車道にはイノシシキツネがでることも。
ベランダからはアムゼルコールマイゼブラウマイゼキツツキの姿が見られ、鳴き声が競演しています。
木から木へ飛び移ったり道を渡ったりするリスも日常の光景です。』


ー突然ですが、お酒が大好きなユキモさん!好きなドイツのビールについて熱く語って下さい!

熱く語っていいですか!?

ビール好きにとってはドイツは天国ですね~。
まずは種類の多さと値段の安さでしょうか。

どの街にもそれぞれのビールがあると言っても過言ではないし、ドイツ全土に流通している銘柄もかなりあります。
私の好きな種類は小麦で出来たビール、Weissbier/Weizenbierで中でもバイロイトという街で醸造されているMeiselsという銘柄がお気に入りです。家ではこれを飲んでいます。

ドイツのレストランでは水はサービスではないので頼むことになりますが、水(炭酸入り/なし)を頼んでもジュースを頼んでもビールを頼んでも値段はそんなに変わらなかったりします。となると、ビールを頼むしかないでしょう~♪
ただし、レストランによっては、好みではないビールしか置いていないところもあり、そういうときは凹んでしまいます・・・。』

ー最後に横丁をご利用くださっているお客様に一言おねがいします!

『店長とりきちのもとスタッフ一丸となって、お客様と愛鳥さんたちに喜んでいただけるお店づくりに精進してまいりますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m』

ユキモさん、インタビューに答えてくださってありがとうございましたm(_ _)m

ドイツと言えば!!の、ビールについて熱く語ってくれたユキモさんですが、横丁のお客様の中にビール好きの方がいらっしゃったら、ユキモさんともっと一緒に熱く語れるのでは!!??と思わずにはいられません(笑)

また、実際にユキモさんが口にして太鼓判を押してくれた横丁オススメ商品は、是非一度チェックしてみてくださいね♪♪
ちなみにヒンメルビルベリーは大のお気に入りだよっ(๑´ڡ`๑)♪♪

yukimo3.jpeg

さて、次回からは、現在とりきち横丁にPraktikum(プラクティクム=企業内研修、インターン)として一緒に横丁業務に取り組んでいる二人のPraktikantinさんたち(インターン生)に迫るインタビューですよっ!

お楽しみに♪♪

ヒンメル★(◔⊖◔)つ

△▼オマケ▼△
いつものかじり棒とちがうなぁと思ったら…こんなお得商品が出てたんだねぇ(・∀・)

yukimo4.jpg

『ヒンメルのとりきち横丁訪問記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.5〜しおんさん編〜♪

とりきち横丁ブログをご覧の皆様こんにちは♪ヒンメルです♪(◔⊖◔)つ♪

?? 1 のコピー

スタッフインタビューをお送りして今回で5回目ですよっ。
今回インタビューは、この人!しおんさんです☆

しおんさんは、くまきちさん同様、横丁業務を全てこなすことができ、現在は確認メールでその名前をよく見かけてらっしゃるお客様もいらっしゃるのでは!?
とてもスピーディーで丁寧な仕事をされることと、人当たりの良さで、スタッフの間から絶大な信頼を得ているんだよねぇ♪
それになんといっても、ドイツ語、フランス語、英語を使いこなす
語学マスターしおんさん!!

現在とりきち横丁でインターンをしているドイツ人の実習生たちのお世話役としても、ドイツ語も駆使しながら丁寧に横丁の業務を教えてくれているんだよねっ(・∀・)

1のコピー

しおんさんのお顔は皆様のご想像にお任せします♪

そんなしおんさんに迫るインタビューです♪♪

ーとりきち横丁で働き始めて早1年半、とりきち横丁で働いてみて楽しかったこと、大変だったこと…etc率直な感想をお聞かせ下さい。

今まで未知の世界だった小鳥さんの生活を知ることが出来たのは、自分にとってかけがえのない、とても大きな出来事でした。
餌にもいろいろと種類があったり、人間と同じように栄養面のことをきちんと考えてあげないといけないんだなぁと、そういった当たり前のことに気づかされました。
大変だったことは、一年くらい前にお客様への確認メールを担当させていただくことになった際、果たして自分にきちんと務まるか、と思ったことですかね。でも今は心からやりがいを感じて担当させていただいております。』


ーとりきち横丁の商品の中でオススメはどれですか。

ステンレス製鈴が大好きです。
ステンレスなので錆びませんし、商品集めをしている時にいつも「きれいだなぁ」と心の中で呟いています。それから、ついド○○もんを思い出してしまうのは、僕だけでしょうか?』


ー鳥さんについてとりきち横丁で働き始めて初めて知った発見はありましたか?

『色々とあります。本当にど素人だったもので、初めは日々、発見の連続でした。例えば換羽用リキッドサプリメントかじり棒(換羽用)という商品がありますが、小鳥さんが換羽時に少しでもストレスを減らせるようにお助けするアイテムで、単純にエサだけでなく、鳥さんの生活に色々と配慮したものがあるのだなぁ、と感心いたしました。』

ーしおんさんから見た“素顔のとりきちさん”はズバリどんな方ですか?

『単に仕事だけのお付き合いということではなく、自分や他のスタッフのプライベート面やその他色々なことを考慮してくださって、とても優しくて頼もしい方です。また色々なことにお気づきになるとりきちさんだからこそ、とりきち横丁も様々なお客様のニーズに合わせて成り立っているのだなぁ、とつくづく思います。僕も、そんな風に色んな視点で物事を考えられるようになりたいと、常日頃思っています。』

ーちなみに自分が動物だとしたら、何の動物だと思いますか?その理由は?

『面白い質問ですね。動物というか、子供のときに「クマのプーさん」を読んで、「自分はピグレットだ!」と確信したことがあります。
あの、おどおどとして自信のない感じが自分そっくりで…(笑)』


ーもし自分が鳥さんを飼うとしたらどの種類の鳥さんを飼ってみたいですか?またその理由は?

『そうですねぇ、文鳥さんを飼っていみたいです。
サイズが小さめなので、ずっと心配で気になってドキドキしてしまうかもしれませんが、まず最初は小さい文鳥さんからきちんと育てられるか様子をみて、慣れてきたら少しずつ大きい小鳥さんも飼ってみようかと…。野望は、大きいんです。


ドイツ語、フランス語、英語と語学に堪能なしおんさん、語学をマスターするために努力したことを教えて下さい。またはコツなどもありましたら教えて下さい。

『いえいえ、とんでもないです。特にフランス語は、中々上達せずに四苦八苦しております。
やはりその言葉を現地で勉強して「習うより慣れろ」の精神でどんどんと使っていくのが一番の近道なんでしょうね。
なのでフランスにも少し長期的に生活してみたいなぁ、という夢はいつも持っています。それから、分からない単語に出会ったらすぐにメモして、なるべく忘れないように心がけています。
でもちょっと経つと「あれ?これは一体どういう意味だったっけ~?」ということもしばしばありますけど…。でも諦めずに持続してたらとりあえずいつかは形になるかな、と日々ポジティブに考えて取り組んでいます。』


ー ドイツ滞在10年、しおんさんにとって、ベルリン最大の魅力は何ですか?

首都なのに、都会すぎないところでしょうか。
緑が溢れていて、時間の流れがゆったりとしています。それでいて生活に必要なものは全て揃っているし、交通も便利です。
またベルリン市で外国人として登録している方の数が全体の約15%にも上り、およそ7人に1人が外国人なんですね。この点も、自分が住みやすいと感じる点であると思います。』


IMG_6751 のコピー

ー今後とりきち横丁で取り組んでみたいこと、やってみたいことがあれば教えて下さい。また、お客様に一言お願いします!

自分の得意とする語学を通して、とりきち横丁に貢献できたらいいな、と思っています。
また確認メールも非常にやりがいを感じて業務に当たらせていただいておりますので、こらからも丁寧、且つスピーディーを心がけて、少しでも早く商品をお手元にお送りできるように頑張りたいです。

それには、今後もスタッフ同士でミーティングを行い、業務の効率化や改善点等についても積極的に話していくつもりです。
とりきち横丁でお買い物をしてくださる皆さまは本当によい方たちばかりで、いつも助けられております。ただしそれに甘んじることなく、これからも一生懸命頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。』


しおんさん!インタビューに答えてくださってありがとうございましたm(_ _)m

ステンレス製鈴が好きだというしおんさん、それに結びつくあのキャラクターを思い出すなんて、ちょっとおもしろいですねっ♪♪(◔⊖◔)つ

これからもしおんさんのその堪能な語学を活かして、とりきち横丁がドイツとの繋がりをより深いものにし、日本のお客様にドイツの素敵なアイテムを提供し続けていけるように願っていますよっ☆★

?? 2 のコピー

ではでは、次回は、梱包担当の”ユキモさん”にインタビューしますよっ♪
おたのしみに〜〜〜♪♪

★ヒンメル☆

オマケ♡ヒンメル with ゾフィちゃん♡

?? 4 のコピー

『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪♪』 

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.4〜くまきちさん編〜♪

とりきち横丁ブログをご覧の皆様こんにちは♪ヒンメルです♪(◔⊖◔)つ♪

横丁スタッフのインタビューをお送りして今回で4回目!!
皆さん楽しんでいただけているでしょうか!?

image-6 のコピー

今回は現在の横丁スタッフで一番のベテランくまきちさん
(´(ェ)`)にインタビューしましたよっ。

BjK6O6bCQAEly-z のコピー

くまきちさんは横丁業務のほぼ全て(梱包、商品集め、お客様とのメールのやり取りなどなど)をこなし、さらに新しいシードカワイイ鳥さんグッズなど、横丁で取り扱う商品の写真撮影を担当されています。
素敵な写真が多いですもんねっ(◔⊖◔)♪

また、女性スタッフが多い横丁スタッフにおいて、くまきちさんの男手は大変重宝しています(笑)その為、重い荷物は、積極的にくまきちさんにお願いしています(・ω<)ヨロシクネ♪
そんないつも横丁スタッフの頼りになるくまきちさんに今回はインタビューですよっ!!

ーとりきち横丁で働き始めて既に2年が経ちますが、今ではとりきち横丁一番のベテランスタッフですが、今と昔でとりきち横丁が変わったなぁと感じる点はどんなところですか?

全てが大きく変わりました。
とりきち横丁に入った頃はまだ注文もそれほど多くなくて
毎日スタッフがその日発送する荷物を郵便局まで運んでいたんです。
当時は時間ももっとゆっくり流れていたような気がします(笑
商品数もスタッフも、まさかこんなに増えるなんて想像もしていませんでした。』

ーとりきち横丁の商品の中でオススメはどれですか。

Roland Weberの木の動物たちです。
おもちゃの村で様々な工房の作品を見てきましたが、木の質感を生かしながらこれほど可愛いものには他に出会えませんでした。
特にあひるくまがオススメです。
バリエーションが豊富すぎて、際限なく欲しくなってしまうのが難点ですね(笑


s_CFDT9079.jpg

写真はくまきち家のくま4匹です。実家にも小鳥あひるがいます。

もう一つがケーゼンのぬいぐるみ
このメーカーは動物をよく観察して作っているな、と感じます。
子供向けに無理にデフォルメした可愛さではなく、その動物がもつ
本来の可愛さをよく引き出しているんですよ。
さらに「愛情を持って接してきた仲間が壊れることで子供の心が傷つくことを避けたい」という思いから、素材も縫製も徹底的に吟味して作られているの素晴らしいと思います。
手にとって初めて本当の良さが伝わる製品です。


s_CFDT9075.jpg

こちらもくまきち家にいるケーゼンのくまねずみです。
清水の舞台から飛び降りる思いでしたが、買ってよかったと心から思っています。』


ー鳥さんについてとりきち横丁で働き始めて初めて知った発見はありましたか?

鳥さんの表情の豊かさかな。小枝でカキカキされて
気持ちよさそうにしているセキセイさんを見て驚きました。
それまで鳥の世界に触れたことがなかったので、
お客さまからの写真を見るたびに鳥さんの様々な可愛さを発見します。
最近では外で鳥さんを見かけるとつい目で追ってしまいます。』


ーくまきちさんから見た“素顔のとりきちさん”はズバリどんな方ですか?

繊細で情に厚い方だと思います。お客さま、鳥さん、家族、スタッフ
関係なく親身になってくれます。お客さまとの距離が近いのも
とりきちさんだからこそと感じます。
自分のことは二の次になりがちで、ときどき心配になりますね。
また、自分の考えと主張がしっかりしていて、強さを感じることもありますよ(笑』


ーちなみに自分が動物だとしたら、何の動物だと思いますか?その理由は?

『これってくま(・(ェ)・)以外の回答があるんでしょうか(笑
日本人だけでなく、ドイツ人からも"くま"とアダ名を貰いました。
ドイツ人はごつくて皆くまっぽいと思うんですが。』


Baren_20090818190436.jpg

※こちらはベルリンの紋章です(´(ェ)`)

ーもし自分が鳥さんを飼うとしたらどの種類の鳥さんを飼ってみたいですか?またその理由は?

文鳥さんです。あの姿の美しさに惹かれました。
もし飼うなら複数で飼いたいですね。それぞれの性格の違いが見えて面白そうです。』


illust_buntyosakura_01.jpg

ードイツ製品にお詳しいくまきちさん!自分が見て(触って)感動した”Made in Germany”の逸品は何ですか?

『ドイツ製品は好きですが、そう言われると意外と思いつかないです。
特定の製品ではありませんが、大切に使われているものを見ると感動しますね。
ドイツ人は簡単にものを捨てません。どんなものでも直して使える限り使う。
要らなくなったら人にあげたり、蚤の市で売ったりします。

だから4-50年前のボロボロの自転車に乗る人を見かけることも珍しくないんですよ
質問の答えになっていなくてすみません(笑』


ー くまきちさんにとって、ベルリン最大の魅力は何ですか?

時間に追われることなく、自分のペースで生きていけるところだと思います。
来た当初は日本に比べると不便なことだらけだな、と感じていましたが
だからこそ、みんなが自分の時間を持てるんでしょうね。
休日はゆっくり時間が流れているように感じます。』


ー今後とりきち横丁で取り組んでみたいこと、やってみたいことがあれば教えて下さい。また、お客様に一言お願いします!

もみじさんも書いているように、ルーチンワークの効率化をはかって
発送までもっとスピーディに進められるよう改善していきたい
ですね。

とりきち横丁がいつでまでも日本の鳥さんたちに美味しくて安全なごはんやおもちゃをお届け出来るよう、その基礎をしっかり固めて行きたいと思います。

少しずつではありますが、より快適で楽しいお買い物が出来るお店を目指してスタッフ一同がんばってまいりますので、これからも末永くお願いいたします。』


くまきちさん、インタビューに答えてくれてありがとうございましたm(_ _)m♪♪

Roland Weberの木の動物たちや、ケーゼン社のくまとねずみの人形(私物)の写真を掲載していただいたくまきちさんに感謝ですよっ!

たしかに見れば見るほど可愛い、愛着がわく木の動物たち
商品集めをしているヒロさんからも、『業務をしながらも、目に映る木の動物たちをチラッ|д゚)っと見ては、可愛いなぁと思ってます』とこっそり教えてくれたよっ♪♪(笑)

さてさて、次のインタビューは”しおんさん”に参ります♪♪
お楽しみに(◔⊖◔)つ♡

ヒンメル

【発情抑制サプリメント】発売いたしました!

皆さん、こんにちは!
大雨が来たり、ぐいっと気温が上がったりの日本。
愛鳥さん達の体調は、いかがでしょうか?

さて、以前『Yahoo知恵袋』で一度紹介されてから、
常にお問合せの多かった【発情抑制サプリメント】の
類似品を、この度、再び発売いたしました。
(下線部をクリックすると商品ページが開きます)

46bdd99d35a12920d4543723ee90dc5b.jpg


以前取り扱っていた発情抑制用のエサは、
メーカーが製造を中止したため、横丁での販売を
止む無く取りやめた経緯があります。
しかしその後も、発情抑制用のエサやサプリメントに関する
お問合せが続いていたため、とりきちがあちこちを探し回り
見つけたのが、今回発売となったサプリメント、というわけです。

鳥用プロポリスと同様、水に薄めて与える、
ホメオパシー療法からなるサプリメント。
過剰な産卵行動などを引き起こすホルモン障害や、
エサやり行動(吐き戻し)がもとで引き起こされる、
そのう炎(そ嚢炎)を鎮めます。

商品ページの詳細説明にもありますが、
現在病気を持っている鳥さんに与える場合は、
前もって、かかりつけの獣医さんに一度ご相談された上で、
ご利用くださいませ。

愛鳥さん達にまつわるお悩み解決の
一助となりますよう。

それでは、皆様のご来店を、
横丁一同、心よりお待ちしております!


ようこ

<記事アップまでの裏話 by とりきち>
今回の記事をアップするにあたり、ようこより、
ブログ記事に掲載できる発情抑制に合った
イラストや写真はありませんか?と尋ねられました。
思わず、発情行為中のインコさんたちの様子が頭に浮かびましたが、
実写だと、あまりにもリアル・・イラストでも、じゃぁ誰が描く!?と
紛糾し、諦めるに至りました(笑)
うちの鳥の写真やイラスト、使ってください!
というお客様がいらっしゃいましたら、
メールでお送りくださいませ(^^)
お待ちいたしております。

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR