イベント報告② スタッフ打ち合わせ


イベント報告①に引き続き、今日はやっと、
スタッフ打ち合わせをお届けいたします。
なかなか進まず申し訳ありません!

今回、ドイツから参加のスタッフは、とりきち一人。
夫と息子ぴーちゃんも参加しましたが、
頼りは、国内スタッフのユカリさんと月子さん、
そしてお客様ボランティアスタッフのT様。
ユカリさんのお嬢様Kちゃんも強力な助っ人として、
参加くださいました!

4_20150702013219e72.jpg

朝、お店の前に集合後、お久しぶりー!初めまして!
のご挨拶を済ませ、いざ、打ち合わせです。
よっこいしょ、と一同着席。
その日の流れと作業分担を確認し合いました。

2_20150702013221473.jpg

とりきち横丁のユカリさん親子には、
遠慮無く、受付係をお願いしました。
大丈夫!任せてください、とりきちさーんと、
ドーンと構えるユカリさん。
やはり、頼もしいです!

1_20150702013220d37.jpg

早速、打ち合わせ後は、Kちゃんと一緒に
テキパキと会場の飾り付け&プログラム貼りなど
準備作業をこなして行ってくれました。

6_201507020132187fa.jpg

夫と息子ぴーちゃんは、私たちの様子を眺めながら、
お客様のT様や、スタッフからプレゼントとして頂いた
オモチャやお菓子に夢中です。

ちなみに月子さんは撮影係として、
その日の準備風景からイベント本番風景など、
ありとあらゆる様子を記録くださいました。
今日のこのブログの画像もすべて、月子さん撮影のものです。
大きなプロ並みのカメラでカシャカシャ!と撮影する姿は
とても格好良かったです。

8_20150702013314d2b.jpg

受付台となる机の横には、
お客様にお配りするサンプル商品の数々が並べられました。
今回は即売会を行わなかった代わりに、ご参加のお客様に
豊富なサンプルをご用意し、お持ち帰りいただくことにしました。

10_201507020133125b7.jpg

お客様が座られるメインのテーブルには、
ボランティアスタッフのT様が旦那様と揃えてくださった
美味しそうなお菓子やサンドウィッチが
(実際、とても美味しかったです)綺麗にT様により並べられました。
カラフルなテーブルデコレーションを
お客様に喜んでいただけたらと眺めていました。

11_201507020133124c5.jpg

こうした準備時間中、息子ぴーちゃんは
会場をところ狭しと走り周り、本番を間もなくに控えた
とりきちは、「ぴーちゃん、いい子にしててね・・・」
と息子をぎゅっと抱きしめ、天に祈ったのでした。

9_2015070201331364c.jpg

受付係のユカリさん親子の準備もOK!
あ、お客様が!!
というポーズのユカリさんで、今日のブログはおしまいです。

次回は、お客様との出会いとご挨拶です。
楽しい瞬間が迫ってまいりました!

とりきち


ペイパルの本格運用にともないまして

いつもお世話になっております、とりきちです。

2015年3月より実施していましたペイパルの試験運用を
6月30日を持ちまして終了いたしました。
試験運用についてのブログ記事はこちらです。
そして7月1日より、本格運用に
入らせていただくことにいたしました。

試験運用期間中、クレジットカードでのお支払いが
可能となる、このペイパル経由でのお支払いを希望される
お客様が、予想以上に多くいらっしゃいました。

私ども、とりきち横丁スタッフも、新しい支払いシステムに
慣れるべく、少しずつペイパルのお支払いに対応する
準備を整えてまいりました。

なんといっても、銀行に行く手間いらずで、即入金手続きに
入れることにより、発送までの流れが非常にスピーディーで、
お荷物到着までの時間も短縮されるメリットがあります。

このサービスを今後、本格的に運用するべく、
下記の内容にてお客様にご提供していくことにいたしました。

■ 送料などを含めた総額が2万円以上の場合、
  総額の5パーセントにあたるペイパル利用にかかる手数料を、
  ご請求額に乗せさせていただくことにいたしました。

  例)お買い物総額が、送料を含めて2万5千円の場合
     お客様へのご請求額は、25,000円+1,250円=26,250円
 
  こうした場合、銀行振込のほうが
  お安くなる場合が多くなるかと思います。

■ 総額2万円未満につきましては、これまで通り
  無料にてご利用いただけます。


総額2万円以上となります場合、当店が負担する
ペイパル手数料が場合により数千円に及ぶことがあることが、
試験運用期間中に判明し、どうしても無料での
ご提供が難しくなりました。

高い手数料が発生する背景として、
日本円でお支払いいただき、ユーロでお受け取りする
ための為替手数料が、通常のペイパル手数料に上乗せ
されてしまっていることが挙げられます。

色々と検討しました結果、2万円未満の場合は、
当店が全てのペイパル手数料を負担し、
2万円を超える場合は、ペイパル手数料の一部にあたる、
お買い物総額の5パーセントを、お客様に
ご負担いただくことにいたしました。
ご迷惑をおかけすることとなりますが、
ご理解いただけますと幸いです。

ペイパルのご利用方法は下記の通りです。

▲ご利用方法


①ご注文時、お支払方法欄で
  「ペイパル支払い」をお選びください。

②当店から確認メール(追加変更がある場合は
  新・確認メール)が届きます。

③内容にご変更がない旨を、お客様からメールで
 ご連絡いただきます。

④その後、当店よりペイパル決済専用メールをお送りします。
  メールには、(新・)確認メールで確定しましたご請求額が
  記載されています。

⑤ ペイパル決済専用メール上のリンクから、
  ペイパルサイトへアクセスし、
  お支払い手続きをお願いいたします。

⑥とりきち横丁側で、お客様からのお支払いを
  確認できましたら、2営業日以内に、
  「ご入金確認&発送予定のご連絡」メールをお送りいたします。

お客様のお買い物が、より便利で楽しいものとなりますよう、
私たち、とりきち横丁は努力をしてまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

とりきち

退職のご報告

皆様、いつも大変お世話になっております、
横丁スタッフのようこです。

私事ではございますが、こちらのブログ記事にて、
皆様にご報告させていただきたいと思います。

今年7月末をもちまして、家庭の事情により、
とりきち横丁を退職いたします。

これまで、顧客対応係として、2年間、
お客様とのやり取りを中心に、
業務を担当させていただいていました。

思い返せば、入社して最初に担当したお仕事は、
お客様からのアンケート集計でした。

お客様のお声を、どのようにサービス改善につなげていかれるか・・・
横丁の数多くの商品を必死になって覚えながら、
同期で入社したスタッフもみじと一緒に
頭をひねって相談し合ったことが、とても懐かしく思い出されます。

*

お客様とのメールのやり取りは、日々のお仕事の中で、
最大の楽しみでした。

商品やサービスに対する、厳しいご意見もありました。
対面でなく、メールという媒体だからこそ発生する誤解や、
トラブルもありました。
大変残念ながら、愛鳥さんが旅立たれたため、
お買物をキャンセルをされるお客様からの
辛いご報告もありました。

ですが、お客様がお寄せくださる愛鳥さんのお写真、
『夢中で食べてくれました!』というご報告、
濃やかに描写してくださる、愛鳥さんのコミカルで愛らしい仕草、
また何よりも、常に添えてくださる温かいお言葉の数々は、
慌ただしい日々の業務の中で、活力の元でした。

この場を借りまして、お客様皆様に、心よりお礼申し上げます。
これまで、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

*

顧客応対業務は現在、後任スタッフへ引継ぎを行っております。
今後、お客様の対応について、何かお気づきの点がございましたら、
いつでもお気軽にご連絡、ご指摘くださいませ。

とりきち横丁がこれからも、日本のお客様と愛鳥さん達に
引き続きしっかりと寄り添い、皆様のお役に立てますように。

引き続き、とりきち横丁を、どうぞよろしくお願い申し上げます。


ようこ

イベント報告① Birds' Grooming Shop様へご挨拶


2015年5月17日(日)に、
イベント「お客様のつどい in 横浜」を開催し、
それから早、1ヶ月が過ぎてしまいました。

ベルリンに戻ってからは病欠スタッフに代わり、
日常業務に没頭する毎日となってしまい、
かつ画像の整理もなかなか終わらずじまいでした。

もし、イベントご報告をお待ちの方がいらっしゃいましたら、
本当に、心よりお詫び申し上げます。

時間の制約があり、少しずつではありますが、
イベントの詳細について記事にしてまいります。

今日は、イベント当日ではなく、
前日に会場である、Birds' Grooming Shop様を訪れたときの
お話をさせていただきます。

***

ご挨拶と打ち合わせを兼ねて、
Birds' Grooming Shop様に初めてお邪魔いたしました。

それまでメールでのやりとりのみだった、
バードトレーナー・運営統括責任者の柴田様と、今様、
そしてイベント当日には鈴木様にもお会いできました。

皆さまとても気さくで、私をはじめ、夫と息子にも優しく
接していただき、今も心から感謝いたしております。

お店も見学させていただき、
中でも、とりきち横丁商品の陳列コーナーを
じっくり拝見することができました。

1_20150625003140134.jpg

写真で拝見していたよりも、大きなスペースを取ってくださっており、
かつ、用品の使い方が分かるように、ディスプレイに工夫が施され、
お付き合いをさせていただき本当に良かったと思えました。

私の訪問時に、横丁商品を買っていかれるお客様もいらっしゃり、
なんだかしみじみしてしまいました。

販売担当の今様からは、今後もっと、とりきち横丁の商品を
置いていきたいんですよ!との嬉しいお言葉もいただけ、
ぜひぜひお願いします!と心の中で叫んでいたのでした。

その後、イベント会場となるショップ2階スペースに上がり、
当日の設営についての詳しい打ち合わせを済ませた後、
柴田様と今様と、今後のことも含め、
有益なお話をする機会をいただけました。

お二人との会話から、
日本の飼鳥業界をよくしていきたいという情熱を
ひしひしと感じることができ、共感できる点が多々ありました。
そのせいか、私もついヒートアップし、
時間を忘れてお話しに夢中になってしまいました。

お忙しい中、お時間を割いてくださりました
柴田様、そして今様に心よりお礼を申し上げます。

***

今回の日本一時帰国で改めて痛感したことは、
まさに、こうして日頃お付き合いいただいている方々と
お会いして、お話することの大切さです。

メールだけのやりとりでは見えてこない、人と人との関わり、
温かさ、笑顔。

メールでいくら言葉を尽くしても、伝わらないことの多いこと。
でも会うと、たったの一言で解決してしまうのです。

柴田様の温かくて気さくなお人柄、ヴァイタリティ溢れる発想
と行動力の素晴らしさに惹かれると同時に、
今様の冷静な落ち着きと、内に秘めた情熱に圧倒されました。
私も負けずに、ドイツで頑張らなくてはと思わされた次第です。

次回の記事は、イベント当日のスタッフ準備風景を
お届けしたいと思います!

とりきち

続きを読む

リクルート時代に培ったもの


毎週水曜日は、対外的にはお休みを頂いています。

ですが、とりきちにとって水曜日は、
普段できない経理業務や、新商品のアップ、
銀行周りなど外での諸用をこなす曜日になっています。
そして、たまのブログをアップする時間にも。

まだ、横浜で実施したイベントのブログが
書けないままでいますが、
イベント時、または日本滞在中の別の機会に、
お客様からいただいたご質問の中に、

とりきちさんって、一体何者!?

といったストレートなご質問が多かった気がいたします(笑)

続いて、

ドイツでなぜ、鳥の会社をしているの!?

といった、ご質問も。

そうですよね、日本にいらっしゃる方からみたら、
私は、きっと不思議な存在なのでしょう。
それが今回の日本滞在で、とてもよく分かりました(笑)

自分の歴史というものは、
これまで横丁のショップにも積極的に書いてきませんでしたし、
大声で語ってきてこなかったことに、改めて気付かされました。

私の個人のブログ「とりきちTagebuch」をお読みの方は、
何となくご存知だったかも知れませんが。

***

そこで、スタッフブログを通じて、時々、
私のバックグラウンドとなる様々な一コマをお話してまいります。

私は、まだ若かった頃(笑)、
リクルートという会社に勤務していました。
年月にすると、たった2年間ではありましたが、
私の人生にとって、まさに衝撃と怒涛の2年間でした。

ここで学んだことが、今間違いなく、
とりきち横丁の運営・経営に
生きていると自信をもって言えます。

当時は、起業など思いもつかず、ただただ、
与えられた仕事をこなすことでいっぱいでしたが、
周囲には、エネルギーに溢れた先輩方が多くいて、
私は知らずしらずに大きな影響を受けていたようです。

自分が所属する課が、一つの会社であるという理念のもと、
当時は予算配分なども課単位でされていたため、
私の仕事の一部には、損益計算書作成なども含まれ、
それらを通じ、利益を計算するためのしくみも
大まかですが、学ぶことができました。

そして、まだヒナ同然だった私に、先輩たちが
徹底的に社会人としての「いろは」を叩き込んでくれました。

何より先輩たちと過ごす中で、
あと◯年で会社を辞めて、ステップアップのために
留学をする、転職する、起業するという会話を
ごく日常に聞いていたことを思い出します。

リクルートは自分のステップアップのための一ステージと
とらえている人が多かったのです。

***

ある日、私は自分が所属する事業部が提供する、
日本の企業様の新人社員研修を見学する
機会を得ることができました。

もちろんその研修は、お客様である、
◯◯証券という有名企業の新人社員向けの
研修でしたが、なんと、当時まだ私は年若だったからか、
研修を見学する中で、自分自身が
感化されてしまったのです。

研修を行うトレーナーの先生のお言葉の
一つ一つに感銘を受けたのです。

「自分で指針を作り、航路を決めて、漕ぎ出そう」

のような内容だったと思います。
見学者とりきちは、そのとき、ノートに走り書きをしました。

「◯◯の勉強がしたい!そうするには大学に入りたい。
 そうするには今、動き出すしか無い」

と。

研修は数日にわたり、毎晩、
トレーナーの先生方ともお話しする機会もあり、
まさに昼も夜も、自分の人生や夢について
直接指導も受けることとなったわけです。

リクルートの先輩社員だけでなく、
老練のトレーナーの先生方たちも実にユニークで

「なにしてんの、さっさと早く外に出て、
 自分らしい人生を歩みなさいよ」

と、叩きこまれたのでした。

ほどなくして、私は所属する課長と面談の機会をいただき、
会社を辞めます、というお話を告げたのでした。

今思えば、なんて単純だったのでしょう(汗)
でもそれが、若さなのでしょうか・・・

***

当時はバブルまっただ中で、ちょうどリクルート事件が
起こる前に私は退社し、大学進学に向けた道を
手探りで歩むことになりました。

起業を意識していた人も、
私のように意識していなかった人も
リクルートは、社会人としての常識はもちろんのこと、
会社経営のスピリットを叩き込んでくれた気がします。

この時代がなければ、今の、
とりきち横丁は絶対に存在しなかったでしょう。

その後しばらくの間、学業に邁進したため、
そんなことはすっかり忘れていたのですが、
最近とくに、リクルート時代のことが思い出されてなりません。

戻りたくないほどハードだったけれど(笑)、
とてもとても輝いていて、自分がはじけていた時代。

これまでは、こうした私の会社人時代を語ることは気恥ずかしく、
むしろ隠しておきたいという気持ちがありました。

でも、ちまたでリクルート出身の多くの方々が
社会の一線で頑張っておられる様子を見て、勇気づけられ、
今ようやく胸を張って、

わたしもなんですよ

と言いたくなりました。


とりきち


全ての商品名の横に重さ表示いたしました!


いつもご来店くださり、ありがとうございます。
このたび、ずべての商品名の横に、
重さの表示を徹底することいたしました。

とりきち横丁の送料は重さで決まるため、
トータルで何グラムになるのかが、お客様にとって
お買い物時、大切になってくると思います。

そんな中、日頃、お客様から、

「買い物のとき、全体の重さが見積もりにくい!」

との
お声を多数いただいていましたため、
スタッフの もみじ が中心となり、
このたび全ての商品名の横に、
重さが表示されるよう変更いたしました。

これで、全商品の重さをお見積りいただく上で、
計算していただきやすくなりました。

もともとシード類は重さの表示はあったのですが、
このたび、用品や雑貨類など全ての商品の
重さ表示を徹底化しました。

具体的には、商品をカートに入れられた後、
カートの中身を見ると・・・

cartnonakami.jpg

上記のように、商品名の横にグラムが書かれています。

ただし、梱包材などの重さは入っておりませんので、
500gまでのお買い物の際には、350グラム程度の商品を、
1kgまでのお買い物際には、800グラム程度の商品を目安に
ご計算いただければと思います。

いつか、グラムの自動計算化システムが導入できるまで、
小さな改善をコツコツ行っていきたいと思います。

とりきち

追伸:日本で実施しましたイベント 「お客様のつどい in 横浜」は、
画像の整理が終わり次第、当ブログにてご報告してまいります!
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR