ホメオパシーと、とりきち横丁の商品

こんにちは、プラクティカント(研修生)のまりかです。

今回は私の勉強している分野である自然療法の一つ、ホメオパシーについてご紹介させて頂きます。

とりきち横丁の商品には、自然療法に重きを置いたサプリメントがあります。
とても人気の商品、鳥用プロポリスもその一つです。
 
222.jpg

自然療法というと、なんだかとてもいい響きに聞こえますが、そもそも自然療法とはどういったものなのでしょうか?

これらは自己の細胞や治癒力に重点をおいた治療法です。

一般的な医学療法というと、不調や痛みの原因そのものを取り除くのが目的ですが、自然療法は身体の内部、自己治癒力の強化を目指しています。

中でも日本で何かと話題のホメオパシーについて、まずは基礎の部分をご紹介します。

1、ホメオパシーとは?

ホメオパシーの生みの親はドイツ人医師サミュエル・ハーネマン(Samuel Hahnemann 1755-1843年)氏です。
333_20160721215631f59.jpg
(出典: https://de.wikipedia.org/wiki/Samuel_Hahnemann)

彼は後述する「同種の法則(Ähnlichkeitsregel)」を発見以来、ホメオパシーの研究に没頭しました。彼が初めてホメオパシーに関する論文を発表した年、1796年がホメオパシー誕生の年とされています。

ホメオパシー(Homöopathie)という名前は、ギリシャ語のhomoion(似ている)とpathos(病気)からハーネマン氏が作り出した造語です。この対義語を、allos(違う)、pathos(病気)からアロパシー(Allopathie)と名付けました。アロパシーとは、医学校で学ばれる医学療法のことを指します。

では「病気と似ている」とはどういう意味なのでしょうか。
ここからはホメオパシーのより深い世界に入っていきます。

ホメオパシーの原則は、„similia similibus curentur“「似たものが似たものを癒す」。つまり、病気と似ている症状を引き起こすモノを摂取することによって、病気に対する自己治癒力を高めようという考え方です。

例えば、ある植物を摂取して頭が痛くなった。
「この植物は頭痛を治すレメディになり得るぞ!」という形で新たなレメディが開発されます。

2、成分と種類

ここでレメディという言葉が出てきました。
一般の医薬品に対して、自然療法の「薬」に当たるものは「レメディ」と呼ばれています。

ホメオパシーに使われる成分のバラエティは多岐に亘ります。植物はもちろん、鉱物、メタル、動物由来の成分だったり、病変組織そのものを用いたレメディもあります。

レメディの種類としては、砂糖玉(乳糖等で希釈した粒玉/ドイツではグロブリと呼ばれています)とチンキ剤(水やアルコール等で希釈した液体)タイプがあります。

基本的には身体に具体的な症状が現れたときにはじめて使うものですが、レメディによっては予防として機能するものもあるようです。

3、ポテンシー

さて、ホメオパシーには様々な濃度があります。この濃度のことを「ポテンシー」と言います。

ドイツでは成分1:希釈液9でできるものをDポテンシー(他国ではXポテンシーとも言います)、成分1:希釈液99でできるものをCポテンシーと呼んでいます。

元物質1に対して9の希釈液を混ぜ、振盪(しんとう)(特別な方法で振る作業)したもの=「1D」のポテンシー

1Dの100分の1をとり、それに9の希釈液を混ぜ、振盪したもの=「2D」のポテンシー 

これを繰り返していきます。

Dポテンシーは10倍希釈。
Lポテンシーは50倍希釈。
Cポテンシーは100倍希釈。
Mポテンシーは1000倍希釈。
LMポテンシーは50000倍希釈(Qポテンシーとも)。

ホメオパシーの興味深いところは、これだけ希釈すれば成分中にはもはや元の物質は含まれていないはずなのに、ポテンシーが高くなればなるほど(D<L<C<M、1<10<100<1000)強い作用が起こるとされているところです。

ちなみにLMポテンシーはハーネマン氏の最後の著書『オルガノン第6版』で初めて紹介されたものです。これは慢性的症状に最も効果があるとされています。希釈方法が他のレメディと異なり、ポテンシーが高いのにかかわらずCポテンシーより穏やかな作用を起こすそうです。

うーん、奥が深いですね、ホメオパシー・・・。

※現在とりきち横丁商品では以下の商品に以下のポテンシーを使用しています。

SC2000 プロポリス(15mm/30mm)
  成分:プロポリス(蜂が樹脂と蜜蝋で作る、粘着性物質)C6
SC30 消炎サプリ
  成分:セイヨウミツバチLM6硫化カリウムLM12水銀LM18
SC70 下痢用サプリ
  成分:カモミールLM6トコンLM12バイケイソウLM18
SC10 発情抑制サプリ
  成分:セイヨウミツバチLM6アンチモン(黒色硫化物)LM6硫酸マグネシウムLM6
(各商品、希釈液中にエタノール15%配合)

4、ホメオパシーのカギ?

ホメオパシーの成分については、一説によると、「振る」という作業を通して物質のエネルギーや情報が水に転写されているとのことです。
もちろん現代科学の範囲外の発想なので、科学的に証明はされてはいません。

どうやらこの「特別な方法で振盪すること」がホメオパシーにおいて非常に重要なカギとなっているようですね。
「特別な方法」という部分に関してはまだまだ勉強不足ですので、来月実際にホメオパシーの精製作業を見学した際にじっくり話を聞きたいと思います。

ドイツ語でホメオパシーはindividuelle Therapie(個々のセラピー)とも言われています。
個々の身体・精神面の状態等によってどのホメオパシーを選ぶかを考えるところ、そして効き目は個々の症状、体質によってそれぞれだというところ。そういうところがindividuell(それぞれ個人の)という言葉に込められているのではないか、と思ってみたり。

つまり、アロパシー(従来の科学医療)とは違い、レメディの効果もだいぶ個人差があるということ。

なので信頼性が薄い、というのも一つの意見。
しかし従来医療で治らない病気を治せるかもしれない、そんな可能性を秘めている、というのもまた一つの意見なのです。


いかがでしたか?

ホメオパシーの世界、私自身、知れば知るほど謎も深まります。

ホメオパシーには賛否両論があります。しかし確かに言えることは、実際に効果が出て症状が改善したという事実があるということです(とりきち横丁お客様からのお便り一例はこちら)。

私は、ホメオパシーには今までの獣医療にない可能性がまだまだ秘められていると考えています。
また、自然由来で身体に負担の少ないものを愛鳥さんに与えたい飼い主さんは少なくないと思います。
今はまだ勉強中の身ではありますが、勉強して得た知識をとりきち横丁へ還元することで、より良い商品を日本へお届けするお手伝いができたら嬉しいです。

日本の鳥さんたち、そしてその飼い主さんたちが日々幸せを感じれますように・・・。

長文&難しい内容にお付き合い頂いてありがとうございました!


まりか

『ヒンメルの横丁探検記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.22 まりかさん編〜♪

こんにちは♪ヒンメルです☆ (*•ө•*).

前回のスタッフインタビュー、引き続き、現在横丁にインターン(研修生)として共に業務に励んでいる、まりかさんをご紹介しますよっ!実は、先日横丁スタッフも初めて、まりかさんから”ホメオパシー”について講義を受けたばかりなのです( ˙Θ˙(˙Θ˙)˙Θ˙ )
”ホメオパシーとはなんぞや”
というのを改めてレクチャーされ、スタッフたちも皆食い入るように話に聞き入っていたのが印象的です。そんな”ホメオパシー”をレクチャーしてくれたまりかさんにインタビューしましたので、是非読んでみてくださいねє(・Θ・。)э

image(11).jpg

ーとりきち横丁を知ったきっかけは何ですか?
実際にお仕事をしてみて抱いた横丁の印象を教えて下さい。

『きっかけは、横丁で同じくインターンをされていたマキさんが友人だったからです。

マキさんはつい先日までとりきちさんと共に『BIRD SITTERS』の立ち上げを支えた功労者です♪
こちらがマキさんが始められたBIRD SITTERSブログです。現在はスタッフみさとが引き継いでいます。

横丁の皆さんは、それぞれきちんと自分の仕事に責任を持って業務にあたっていらっしゃり、
時間管理がしっかりできていて、とても頼りがいのある方ばかりだな。と感じています。』

ー横丁でのインターン(研修)に応募しようと思った動機は何ですか?

『友人のマキさんのお話を聞いて、横丁でインターンをしたらいろいろ勉強になると思ったからです。
動物の商品を日本に輸出することドイツのペット産業の現状などに興味があります。』

ー現在行っている研修内容について教えて下さい。

動物への自然療法の種類と相違点、商品のリサーチ
動物への自然療法商品を日本へ輸出する際に鬼門となる、日本の薬事法についての理解と対応について。
上記二点がもっぱらの課題です。』

ーまりかさんは特に「ホメオパシー」について勉強されているとお聞きしていますが、何故「ホメオパシー」について勉強しようと思ったのですか?

『私は現在ドイツの動物自然療法のAusbildung(職業訓練)をしています。
その教育課程の中で学ぶ自然療法にホメオパシーがあるからです。
最初はホメオパシーが何なのか、本当に効くのかどうか懐疑的でしたが、調べるうちにどんどん興味が出てきました。』

ー本場ドイツで実際に勉強してみて抱いた印象は?

『まずは何をおいてもドイツ語で専門的な分野の勉強をするのが難し、ということです。
なるようになると思ってましたが、思った以上に苦戦しています・・・。
あと、こちらでは学生の年齢に幅があります。セミナーにはよく年配の方もいらっしゃっています。もしくはすでに職を持っているけど、更なる資格習得を目指して勉強されている方も多いです。』

ー今まで何か動物を飼ったことはありますか?自分を動物に例えると何の動物に似ていると思いますか?

『昆虫、金魚、ハムスターと、私の成長と共に飼う対象が大きくなり、最終的に猫を一匹飼ってました。
なので今度は犬を飼うんじゃないかと密かに思っています。

自分を動物に例えると・・・、ですかね(あんな素敵な動物に例えるなんて恐れ多いのですが!!!)
よく言われるのは、「しっかりしてそうでまぬけ」。あぁ、自分猫みたいだなって感じる瞬間です(笑)』

猫 

ー関西のご出身だとおうかがいしていますが、ドイツ・ベルリンと似ている所、もしくは全くかけ離れていること、なにかあれば是非教えて下さい。

『関西と言っても私は残念ながらコテコテの大阪の街でなかったのでそんなに特徴はないのですが、強いて言うならベルリンはドイツの中でも東京寄りな気がします。誰に対してもフレンドリー!というわけでなく、親しい友達とは仲良くするけど他にはいたってクールな印象です。あ、決して悪く言ってるわけではありません(汗)』

ー最後に横丁スタッフブログをご覧いただいているお客様に一言お願い致します!

『最近注目されている自然療法ですが、絶対これだけしか使わない!という立場ではなく、従来の医療と組み合わせて、その動物により良い治療を提供できたらいいな、と考えています。日本にはまだ入ってない、良い自然療法商品がまだまだたくさんあります。将来的に少しでも多くの商品が日本の皆さまの手に届くよう、横丁で勉強させて頂き、微力ながら貢献したいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。』

まりかさん、インタビューに答えてくださって、どうもありがとうございましたm(_ _)m

猫が本当に好きなまりかさん、確かに表情がっぽいような...(=^・^=)
しっかりしてそうでまぬけ…ではありません!!!スタッフの前で”ホメオパシー”の何たるかを説明してる姿は、さながら専門家のようなお姿でございました!スタッフ一同、皆興味深く話に聞き入ってましたよっ!
外国語で専門的な知識をつけることは並大抵のことではありません。興味を持った分野でも挫折してしまう人もたくさんいると思います。ただ、その中でも確固たる信念をもって学び続けていく姿はとっても輝いて見えます。

まりかさん、日本にもその自然療法の良さを広められるように今後も頑張ってくださいね(*´ω`*)

それでは、次回、新人さんのカメのインタビューをお送りいたします。
※横丁でカメを飼っているわけではありませんのであしからずっ!!

では次回インタビューをお楽しみに♪♪

ヒンメル

送料が大幅にお安くなりました!


皆さま、いつもお世話になっております、とりきちです。

現在実施している、お客様アンケートより頂くお声を、
毎日スタッフとともに拝読しております。

8月15日のアンケート締め切りを待つまでもなく、
すでに圧倒的に改善して欲しい!というお声で頂いているのが、

送料

です。

私自身、なんとか日本までの送料を下げることができないか、
これまで法人契約を結ぶなどして努力してまいりました。

昨今の円高が追い風となり、2015年以降、
段階的に送料を下げてきましたが、
それでも、「送料無料」が当たり前の日本のお客様からみたら
やはり高いのです!

「ドイツから日本までの送料が高いのは
 仕方ないと割りきっています・・」

という、切ない補足説明をアンケートに添えてくださる
お客様もいらっしゃいます。

それなのに、高い送料を払ってまでして愛鳥さんのために、
お越しくださるお客様に、私は心から、
感謝の気持ちを感じずにいられませんでした。

そして現在、さらなる超円高となり、
差益還元の一環として、プリペイドプランのボーナスを
アップしたり、円高差益還元キャンペーンを打つなどして
まいりましたが、今回、思い切って、
最大の難関であった、この「送料」に切り込むことにいたしました。

現在の超円高が果たしていつまで続くか分かりませんので、
今回の改訂送料は、2016年9月末の時点で、再度、
為替状況を見て、変更することも念頭に入れております。

今回の送料改訂の、最大の目玉は、
何といっても、501gから2kgまでの送料が
一律900円になったことです。

従来の送料が、
 1kg 1,000円
 2kg 2,000円

であったことをご存知のお客様は、
今回の送料改訂の衝撃度をお分かりいただけると思います。

「たくさん買いたくても、送料が高いので買えない」

そんなお声が次々にアンケートを通じて届く中、
赤字を覚悟で今回、一番購入される分量が多い、
500gから2kgまでの送料を一気に下げることにいたしました。

赤字も赤字となりますが、その分、本来購入されたかった
商品をお買い上げいただき、お客様満足度を上げ、
かつ再度ご来店いただくことを大切にしたいと思います。

一方で、「優先発送料金」を500円→600円にし、
これまで無料だった「お取り置きサービス」を
有料化(+400円)、まとめ買いサービスを廃止するなど、
周辺サービスの料金体系を見直すことでも、
送料による赤字を一部穴埋めさせていただくことにいたしました。

そうしてでも、送料を下げることの意義は
少なくないと感じております。

9月末までの期間、まずは下記の新しい送料にて
お店を運営してまいります。

その後、為替の変動により見直すこともございますので、
このお得な送料の期間中、ぜひご来店くださいませ。

お客様には、とりきち横丁で楽しいお買い物、
そしてご満足の行くお買い物をしていただけましたら幸いです。
ご来店を心より、お待ちいたしております!

とりきち

**** 以下、送料ページからの転載です ***

2016年7月13日以降
の通常便の送料です。

501gから2kgまでの送料が、特にお安くなりました!


商品は、ドイツよりお送りいたします(国内発送品除く)。
お荷物一つにつき国際書留代金400円が加算されます。

原則、2kgまでのお荷物は、
ドイツの通常便(国際普通郵便)でお届けします。

2kg以上のお荷物は、通常便でお送りできないため、
DHL便(国際宅急便)でのお届けになります(時価、保険つき)。

送料は、商品+梱包材の重さの合計に応じ、決まってまいります。
ご注文後に、お送りする「確認メール」の中で、
送料をお知らせしております。

各商品名の横に、品物の重さの記述がありますので
試算の際の参考になさってください。


普通郵便(航空便)

発送から到着まで、平均5日から12日で到着いたします。
郵便事情により長め(1ヶ月前後)かかることもございます。
50gまでの送料以外は、全て縦、横、長さが
90cm以内で送れるものとなります。
航空便でお届けします。

 【50gまで】   250円  ※厚さがあるものは送れません。
          縦23.5cm x 横12.5cm x 厚さ1cmまで。 
 【500gまで】 600円
 【501gから2kgまで】  900円 ←かなりお得です!
 
   【3個口発送】 +1,000円
  箱いっぱいシリーズの商品を含めて、
     お送りする箱が3個以上となりました場合の追加手数料です。
  一つ一つ、別梱包で作業するお手間賃となっております。
  3個口以上での発送には、DHL便での発送をお勧めいたします。

DHL便(国際宅配便・航空便)

発送から到着まで、平均12~15日間かかります。
郵便事情により長め(1ヶ月前後)かかることもございます。
航空便でお届けします。

 【5kgまで】      43,99ユーロ
 【10kgまで】    59,99ユーロ
 【20kgまで】    95,99ユーロ
 【31,5kgまで】 125,99ユーロ

確認メールをお送りする日の
1ユーロあたりの円の為替+5円で計算しております。

【関税について】
ごくまれに関税がかかる可能性があります。
その場合の関税はお客様のお支払いになりますのでご了承ください。


お客様アンケート実施中!300円クーポン進呈します。



 


日ごろより、とりきち横丁をご愛顧くださり
誠にありがとうございます。

より良いお店作りを目指すために、
今回、【リピーター】のお客様で、鳥さんと暮らされている方を
対象に、アンケートのご協力をお願いすることにいたしました。

※初来店のお客様は誠に恐れ入りますが、
アンケートご参加はいただけません。

頂くご意見を、お店の運営に活かし、
将来の指針づくりに役立ててまいります。
所要時間は10分前後です。どうかお付き合いください。
締め切りは2016年8月15日です。

8月下旬に、一斉メールにて、
謝礼のクーポン300円分をお送りいたします。
※アンケートご提出後、すぐにはご利用いただけません。
申し訳ございません。

クーポンのご利用は
2016年9月1日から12月31日まで可能です。

ご回答結果は締め切り後に集計し、
一部情報はかわら版やスタッフブログなどで
個別ご紹介、または統計的にご紹介させて
いただくことがございます。あらかじめご了承ください。

アンケートにはこちらからお進みください。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

とりきち

『ヒンメルの横丁探検記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.21 桃さん編〜♪

こんにちは♪おひさしぶりのヒンメルです(。・ө・。)

すっかりドイツは夏らしい爽やかな季節となり、6月下旬に訪れた2日連続の猛暑日からはやや和らぎ、

20〜24度と過ごしやすい天候となっていますっ(・∀・)


更に、とりきちさんTwitterで呟いた通り、現在ヨーロッパでは『EURO2016』という欧州サッカー最大の大会が行われており、ドイツは先日宿敵のイタリアをPK戦の末撃破し、街中が興奮状態となっていますよっ(*°∀°)=3準決勝の相手は開催国のフランスです!!

ドイツは2014年W杯に続き、ヨーロッパの大会も優勝できるのかっ!?ますます目が離せませんっ!!


…と最近はサッカー一色のドイツから、横丁スタッフブログをお届けいたしますよっ((o(´∀`)o))


今年6月から新たな2名プラス研修生1人の計3名のスタッフが横丁に仲間入りしました(•ө•)♡


今後横丁をご利用のお客様ともお問い合わせなどでスタッフの名前をチラッとお見かけすることもあるかもしれません。お客様に安心してお買い物いただけるように、スタッフのことを少しでも知ってもらえたら嬉しいなと思いますっ( ^ω^ )


では、今回インタビューを敢行したのは、新人スタッフの『桃』さんです。実は、すでにスタッフのももさんがいるので、お客様、どうぞ混乱なさらずにお願い致しますっ(;´∀`)


桃さんは、ドイツに来る前にスペイン留学、メキシコでの社会人経験、ペルーにも滞在したことのあるグローバルな女性です♪

フレッシュな風を横丁に運んできてくれた桃さんのインタビューをどうぞ!


image(1).jpg


ーとりきち横丁を知ったきっかけは何ですか?実際にお仕事をしてみて抱いた横丁の印象を教えてください。


『求人広告を見て、とりきち横丁を知りました。その社名の可愛らしいイメージどおり、スタッフは柔和な方たちばかりですが、
業務のこととなるとがらっと変わり、サービス向上の為に鋭く熱くなるという印象で、そのギャップが素敵です。』


ー横丁でお仕事を始めて1ヶ月が過ぎ、現在シード集めや梱包作業を主に行っていただいておりますが、
実際に作業をして大変だと思うことや面白いと思うこと、初めて気づくこと、発見したこと、自分が工夫して作業していることなどなど、お仕事エピソードを教えて下さい。


つい味見してみたくなるようないい香りがしたり、ツヤツヤ光っているシードを集めるとき商品すべてが箱にジャストサイズで収まったときが嬉しいです。
また、注文書の備考欄にお客様の愛鳥さんについて一言書かれていた場合には、もちろん鳥さんのお顔は分かりませんがそれでも何となく想像しながら梱包すると楽しいです。
壊れやすそうな商品を包む時は、壊れず無事に日本に届くかなと不安になりますが、特に丁寧に包むよう心がけています。』

ードイツで生活をしている中で感じたカルチャーショックを教えてさい。


『主なものは2つです。

1つ目は、駅に改札がないこと。
改札設置・維持費と、車内抜き打ち切符検査人件費を比較した上で改札を設置しないことになったいう説と聞いたことがありますが、
改札がないと鉄道会社は成り立たないのではないかと思っていた私にとって、そういう考え方もあるのかと驚きました。

IMG_9202_20160704024953386.jpg

※以前スタッフブログでも紹介したことのある切符刻印機。これにガチャンと乗車した日付を押さないと罰金が課せられるんですね!


2つ目は、歩きながら喫煙する人が多いこと。
自然環境保護への意識が強くあるだけに、タバコへは比較的寛容なことが意外でした。』


ードイツの中でどうしてベルリンを選びましたか?桃子さんが感じるベルリンの魅力とは何だと思いますか?


『ベルリンは近年アーティストが注目している街で、おしゃれなスポットが沢山あり、また、非常に多国籍な都市だと聞き、選びました。

実際そのとおりで、田舎でも、高層ビル群ばかりの無機質な都会でもなく、特に自然・アート・多国籍・便利さ、の4つが魅力だと思います。
緑が多く、これまで花粉症になったことがない私でも、今年のベルリンでの春には少し花粉アレルギーが出たくらいです。
また、ベルリンには川が多くありますが、時々、川で野生の白鳥が見られることに感動しました。』


ードイツに来る前にスペインやメキシコ、ペルーにも滞在経験があるとのことですが、どれくらい滞在されていたのですか?実際にその土地で何をされていたのですか?


『スペイン留学終了後、通訳の仕事をしたいと思っていたため、南米(特にペルー)のスペイン語と生活スタイルも知っておこうとリマに行き、数ヶ月間、語学学校に通いながら観光地や観光地ではないローカルな区域なども散策していました。
その後は、メキシコの旅行会社で2年間働きました。メキシコのスペイン語はまた少し違いますが、それぞれの国の「らしさ」が言語に表れていて、面白いです。』


ー南米と欧州と日本、それぞれの地域のオススメ◎◎はありますか?


南米では、ペルーがおすすめです。マメルリハインコサザナミインコもペルー原産が多いかと思いますが、

ペルーはその1国内で、海辺エリア・砂漠エリア・熱帯雨林エリア・山岳エリアの全てを持つ国ゆえ、動植物の多様性においては世界に誇ります。食物の種類も豊富で、特にじゃがいもは国内で約4,000種あります。


peru.jpg マチュピチュも有名ですよねっ(・∀・)


欧州では、スペイン・ジローナにある3つのダリ博物館トライアングルを巡ることです。
田舎の海辺と彼の奇抜な作品は、熱狂的なファンでなくとも楽しめるのではないかと思います。

日本では、大阪のあべのハルカス最上階展望台です。エレベーターのドアが開いた瞬間、目前に広がる絶景が印象的です。』


250px-Abeno_Harukas_construction_site_20130503-001.jpg 

※確かに高い!!


ー今まで動物を飼ったことはありますか?自分を動物に例えると何の動物だと思いますか?


金魚や、ネオンテトラ等の熱帯魚を飼ったことがあります。熱帯魚のカラフルな姿は見ていて飽きません。
自分を動物に例えると、水泳が好き、好奇心に溢れる、という点でイルカだと思います。

イルカと一緒に泳ぐことは長年の夢です。』


dorphin.png


ー鳥の印象は横丁に入って何か変わりましたか?初めて知ったことなどあれば是非教えて下さい。


お年寄り向けのご飯、ダイエット食、介護用品、脳トレグッズ、スケボー等、人間用と変わらないくらいご飯・グッズが充実していることを初めて知り、驚きました。
また、ローズヒップ、お米のワッフル、海藻、りんご、フェンネル、その他ハーブのように私自身普段口にする食べ物と同じ物を食べることも知り親近感が湧きました。』


ー最後に横丁スタッフブログをご覧いただいているお客様に一言お願いします。


『ご注文後、お手元に商品が届くまでの間、待ちきれない思いだと想像します。
できる限り、迅速且つ丁寧な梱包をマスターできるよう努力してまいります。
どうぞ宜しくお願い致します。』


桃さん、インタビューに答えてくださってありがとうございましたm(_ _)m


メキシコの旅行会社で2年も社会人経験を積んだ桃さん、若いのにとってもしっかりした印象があるのは、色んな地域に暮らし、その地域に順応する力を身に着けてきたからでしょうかϵ( ‘◇’ )϶

これからドイツでも沢山の経験をして、横丁の大きな戦力になること間違いなしの桃さん、今後の活躍を期待してますよっ(・∀・)★


次回は、現在横丁で研修生として、通常の横丁業務をサポートしたり、ドイツで幅広く認知されている動物への自然療法を勉強中の『まりかさん』にインタビューをしますよっ♪♪乞うご期待ヾ(*´∀`*)ノ


ではではまた次回をお楽しみに♪♪


ヒンメル⊹⋛⋋( ՞ਊ ՞)⋌⋚⊹

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR