ライプニッツ通り86番地~とりきち横丁設立5周年~


2017年2月2日をもって、
とりきち横丁の会社設立5周年を
めでたく迎えることができました。

これも、とりきち横丁を支えてくれたお客様、
スタッフ、私の家族のおかげです。
本当にありがとうございます。

***

2011年の冬、
とりきちは新しく設立する会社にふさわしい
物件を、あてもなく探し始めていました。

当時、私のビザ(滞在許可)は期限が
非常に限られており、家賃滞納のまま
海外逃亡されることを不動産屋の多くは恐れ、
オフィス探しは難航を極めました。

そんな中、インターネットのサイトで出ていた、
ライプニッツ通り86番地の物件に、
とりきちは、まさに恋に落ちてしまっていました。

予算をはるかにオーバーする家賃で、
夢のまた夢だった物件です。

当時の物件情報写真です↓
画像をクリックすると全てご覧いただけます。
フロアは最上階です。

10_2017020300462328d.jpg


下の画像は玄関付近です。

フロア写真からは
明るいフロアの様子がひと目で分かりました。

200平米からなるフロアには
合計6つの部屋がありました。

12_2017020300394520f.jpg


それにシステムキッチンとバスルーム、客用トイレがあり、
6つのうち3つの個室は、カーペット敷きで、
住居としても使用できました。

11_201702030039019eb.jpg

ここで仕事ができたら、
さぞかし、気持ちよくできるだろう。

とりきち横丁ならではの自然製品が
ぴったりと似合うフロア。
植物と鳥を配置していけたら素敵だろう。

そんなことを想像して、毎日、毎日、
諦めがつかないまま、その物件情報を眺めていました。

***

そんなある日。
いきなり、家賃が大幅に下がったのです。

後で不動産屋さんに聞くと、
借り手がつかないので、値下げしたとのこと。

私は予算をちょっとだけオーバーする程度になった
新しい家賃でなら、と心に決めて
物件の内覧希望をメールで伝えました。

実際のフロアは想像以上で、
私は、絶対にここで働きたい!
と気持ちを固めたのですが、
問題はやはり、私のビザにありました。

***

そこからは不動産屋の社長さんと交渉です。

家賃の3ヶ月分の先払いに加え、
敷金を通常2~3ヶ月分のところ、
9ヶ月分を用意することで、不動産屋さんも折れたのです。

その条件を呑んだ私を、夫は驚き、
ギャンブルだ!と腰を抜かしそうになりました。

そうなんです。
こつこつ貯めた貯金が、当時、その支払いで
ほぼ空っぽになったんです。

当時の私は、そうなっても働きたい、
ここでなら会社を続けていけるという、
根拠のない確信を持っていたように思います。

***

賃貸契約を結び、
初めてフロアに足を踏み入れた夫は

とりきち、ヨガスタジオを開くのか(笑)?

と皮肉たっぷりに言いました。

このエピソードは
3周年記念のブログ記事にも書きました。

当時のスタッフといえば、
私のほかにお手伝いで来てくださっていた2人の
Tさんと、Kさんがいるだけだったのです。

***

それから5年。

フロアは、商品、在庫、スタッフ、鳥、
机にコンピューターと、
ぎゅうぎゅうな状態にまでなりました。

引っ越しも何度も考えましたが、
私は、自分の人生をこれで進む、と決めた地、
ライプニッツ通りのオフィスが今も愛おしくて、
そう簡単に離れる決心がつかないでいます。

まだ二部屋、会社用として使用していない
お部屋があり、そこも使って、もう駄目だというとき、
潔く新天地を見つけたいと思います。

それまでは、どうかライプニッツ通りの
オフィスから見える素敵な空、テレビ塔、
飛び交う鳥たちを眺めながら、
皆で仲良く力を合わせて、進んでいければと思います。


とりきち

5周年を記念して、キャンペーンを行っています。
ぜひご利用くださいませ!
文字をクリックください。

top5camp3.jpg
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR