オーチャードグラス異物混入について


日頃よりお世話になっております、とりきちです。

日本でシードへの異物混入に伴い、メーカーの品質管理が叫ばれる中、私ども、とりきち横丁に昨年から今春にかけて、お客様からお問い合わせいただきました内容を、ご紹介させていただきます(お客様には掲載許可を頂いております)。

2016年12月、お客様より下記のお問い合わせをいただきました。

オーチャードグラスの中に黒いコロッとした物が入っていました。画像のように2つ繋がっています。大きさはそんなに大きくないです、横にあるオーチャードグラスを基準にしていただければと思います。これはシードなのでしょうか??

オーチャード異物② のコピー

また、今年1月にも別のお客様より、同様のお問い合わせがありました。

昨年購入したオーチャードグラスに、何かの糞(ネズミ?)のようなものが入っていました。。枝や砂ならわかるのですが、糞だと衛生面でかなり心配です。。衛生面では安全なのでしょうか?

オーチャード異物

上記のようなお問い合わせをいただき、横丁側では、まず昨年12月の時点でお客様からいただいた写真を確認させていただきましたが、何かを特定するには至らず、また、ここ横丁で混入されたものなのかも判断するのが難しかったため、お客様にその旨をお伝えし、実際にオーチャードグラスに混入していた現物をドイツまで発送いただきました。

そちらをすぐに仕入れ先メーカーに送り、この異物が一体何であるのか検査してもらうこととなりました。

数日後、メーカー側から直接電話が入り、顕微鏡で確認したところ、虫の脚があったため、正体は「乾燥したた虫の死骸」であることが判明しました。

メーカーあらは、乾燥された虫は、オーチャードグラスと同等の大きさとなるため、シードメーカーとしても完璧に取り除くことは難しく、
特に無農薬の場合、いくら選別・洗浄をしても、100%の除去は極めて難しいと説明を受けました。

横丁側の対応としては、なるべく、シード詰めの段階で虫を発見した場合は取り除くように努めておりますが、どうしても小粒なものについては完全な除去が難しくなってしまいます。

とはいえ、昨年より、シードを取り扱う業者に対する愛鳥家の方々の不安が募っていることも承知しておりますし、このような異物を発見されたお客様には多大なご心配とご迷惑をおかけしてしまった事は変わりありません。

現在、私どもが取り得るご対応としましては、1. このような異物が発見されたと判った時点で、お客様より詳細なヒアリングをさせていただき、2. その上で、必要に応じて現物をドイツのオフィスまで送っていただき、3. 速やかにメーカー側に問い合わせをし、正しい判断や調査・検査結果を受け、4. お客様にその結果をお伝えすることと考えております。

5. 同時に、その結果を同じく当店で愛鳥さんのご飯をご購入くださっている皆様と情報を共有することも大事だと考えております(お問い合わせくださったお客様のご承諾をいただけない場合はその限りではございません)。

直接、愛鳥さんたちの口に入るご飯を提供している横丁としましては、仕入れ先のメーカー側との関係を密にし、しかるべき対応を怠ることなく徹底して調査していきたいと考えています。もし万が一、健康に害を及ぼす異物が検出されました折には、情報を隠蔽するのではなく、限りなく公表し、リコール(ご返品・ご返金)にも応じ、防止・対応策を講じてまいります。

また、ここで当店をご利用くださるお客様にお願いです。

まずは、お荷物が無事にお客様に届きましたら、「すぐに」お荷物を開梱し、ご注文された商品が間違いなく入っているか中身をチェックしてください。

※「無料お試しバー」や「かわら版クーポン」などの商品はとても小さく、緩衝材に紛れている場合もございます。クリップなど小さい用品類も広告に包んでお入れしています。緩衝材を全て捨てられる前に今一度ダンボール箱、封筒の中を見直していただけると幸いですm(_ _)m

その中で、万が一お客様がご注文されたシード類や雑貨類に異物などが確認された場合、速やかに当店までご連絡くださいませ。(customer@torikichiyokochou.de)

また、その異物を必ず写真に収めていただきますようお願い致します。

お手持ちのスマホやデジカメでかまいません。それら写真を添付の上、メールをお送りいただけますとすぐに調査に乗り出すことが出来ます。

横丁側で調査しても異物が何であるのか判断が難しい場合は、仕入れ先のメーカー側に調査依頼をさせていただきます。写真での判別が難しい場合は、現物をお客様よりお送りいただくようお願いすることもございます。

メーカー側からの回答が来次第、お客様に調査結果をご報告させて頂き、返品返金などの対応を取らせて頂きます。

ここスタッフブログにて今回の件について掲載することを了承してくださいましたお客様に、まずは心よりお礼を申し上げると共に、ご購入いただいたオーチャードグラスに異物が混入していたことにつきまして、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

大切な愛鳥さんの事を思い、はるばるドイツ発送のお店を選んで下さっている愛鳥家さんたちに満足いただけるものを提供したいという思いはスタッフ一同みな同じです。

特にシード類の検品、点検の作業は今後も最重要課題の一つとして、スタッフ皆で取り組んでいく所存です。ここで作業している全ての過程が、お客様、そして愛鳥さんへの喜びに繋がると信じて、一つ一つの作業を怠る事の無いようより一層気を引き締めてまいります。

お気づきの点、横丁への改善点などございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

とりきち

横丁のお買い物で「追加注文」される場合は...!

こんにちは!ヒンメルです (•ө•)

ベルリンの気まぐれな天候により、
(ドイツ語のことわざでDer April macht was er will=4月は好き勝手なことをするという言葉があるくらいです...)
体調管理をするにも困難な季節となりました。
晴れ☀→雨☔→雪❄→みぞれ☃→晴れ☀といった天候を数時間のうちに体験するという、奇妙な日もあったりします...(;^ω^)

日本は、暖かくなってきていると思いますが、
皆さんも体調にはくれぐれもお気を付け下さいねっ(;・∀・)♪♪

さて、ちょうど昨年の今頃にアップしたこちらの記事にも掲載しておりますが、

「横丁お買い物でのお願いです('◇')ゞ」
http://yokochoustaff.blog.fc2.com/blog-entry-176.html

横丁をご利用くださっているお客様に再度おねがいです!

「追加注文」される場合は、必ずカートよりご注文くださいませ!!

ご注文されたお客様へ、お買い物代金をお伝えする「確認メール」をお送りした後に、重量に余裕がある場合は、追加注文を頂くことがあります。
ただし、カートからの追加ご注文ではなく、メールで「●●を追加してください!」といったご依頼も沢山いただきます。

ですが、カートからご注文頂かない場合は、追加注文を含めた正しいお買い物代金をお伝えする「新・確認メール」をお送りする前に、商品が品切れになることもございます😨
それは、先にカートからご注文くださったお客様にその商品が確保されるためです。メールでのご依頼だけの場合は、対応の順番が回ってくるまで商品の確保はできません...😢

せっかく重量ギリギリまでお買い物できるはずが、希望追加商品が品切れのために追加できなくなる場合は、当店としてもとても残念に思います😢

ですので、必ずゲットしたい追加商品がある場合は、必ずカートよりお買い物くださいませ!また、その際はアンケート欄の「追加注文」をお選びいただけましたら幸いですm(_ _)m
モチロン在庫数に余裕がある場合でも、「追加注文」としてカートからのお買い物を!!!
何卒ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します!m(_ _)m

ただいま、「穂の詰め合わせセット」プレゼントキャンペーンを実施しています。ドイツ発送品5,000円以上お買い上げの場合、無料で差し上げます(・∀・)♪こちらも5,000円以上になりましたら、必ずカートに入れてお買い物くださいませ

穂の詰め合わせセットトップBlog

キャンペーンページはコチラ

ヒンメルє(・Θ・。)э★

横丁オフィスにて思う事...

こんにちは♪ヒンメルです (•ө•)

最近、横丁オフィスで感じる事...

それは、
「業務中によくドイツ語が聞こえてくる・・・」ということです...

“え!?Σ(・ω・ノ)ノドイツにいるから当然でしょう!?”
“ドイツ語で仕事してるんじゃないの!?”


というお声もあるかとおもいますが、

とりきち横丁はほぼ日本人スタッフで構成されています。
横丁スタッフにはドイツ語上級者から初心者まで幅広くおりますが、日本人スタッフ同士ドイツ語で会話をすることは皆無であり、さながら、日本にいるのでは...!?と錯覚するほどです(;´∀`)
そして日本のお客様とのやり取りがメインとなるため、日本語が出来ないとお客様とのコミュニケーションが取りづらいという面もあります。

しかし、2014年頃からPraktikum(研修:インターン)として、ベルリンの大学で日本語学を専攻しているドイツ人のアンネマリーさん、エストニア人のアリサさんの受け入れをスタートして以来、2015年にはドイツ人スタッフのマリウスさんが横丁スタッフとなり、昨年はプラクティクムとしてタイ人のチョーさんも受け入れたりとここ3年ほどインターナショナルな風がそよそよ ㄟ( ・ө・ )ㄏと吹き始めておりました。

が、最近は、更にこの風が勢いを増しており、

C8AuAFCXUAEN8TO.jpg

すでに横丁の中核を担う(!?)までに成長したマリウスさんと、

C7c3s7EX0AUlcPS.jpg

Praktikum(研修生)として3月から横丁で働き始め、既に梱包をマスターする勢いで、他業務にも取り組んでくれている、とっても頼りになるイタリア人のヴァレリアさん、

C8p2T6EWAAAQFLY.jpg

そして、4月からミニジョブとして横丁で一緒に働くことになったポーランド人のヤクブさん。
これからマリウスさんと共に、ドイツ国内販売に向けた業務に携わっていきます。

つまり、もう、横丁にはインターナショナルな風がビュンビュン⋛⋋( 'Θ')⋌( +o+)三彡⋚吹いているのです(笑)

※ヴァレリアさん、ヤクブさんの正面を向いている写真をご用意できずすみません...(;´∀`)

勿論、お三方、日本語は本当に問題ないレベルで、むしろ、マリウスさんのおやじギャグに付いていくのが少々大変なくらい...(;´・ω・)ナンデヤネン
また、お客様の名前、ご住所、注文票やシード名など日本語の表記が溢れるオフィス内でも、全く問題なく覚えていくヴァレリアさんの業務マスタースピードにも驚愕します。
ヤクブさんもこれから様々な業務を覚えていくうちに更に重要なポジションになることも予想されます。

これは、日本人スタッフにとってもとても刺激のあることで、今まで知らなかったドイツ語単語や文章など尋ねてみたり、面白い表現やためになる表現を学ぶこともでき、とりきち横丁はすでに国際的な職場...と言っても良い環境になりつつあるのかなと感じます!

ドイツのメーカーとのやり取りやお役所とのやり取り、当然ながらドイツ語が必要となります。
その中で、ドイツ語はもとより英語、日本語も出来るスタッフがいることがいかに心強いことか身にしみて感じます。

彼らと仕事をすることで新しい発見もあり、文化を学べる機会でもあり、自分の語学力を伸ばす学びの場でもあります。これからの仕事がますます良くなっていくことを心から期待しています(*^▽^*)

さて、明日4月8日に、ヒンメルと研修生・ヴァレリアさんとスタッフ・ヒロTierheim Berlin(ティアハイムベルリン・動物保護施設)に行ってまいります!
訪問レポートは必ずこちらのスタッフブログにてお伝えしますので、是非お楽しみに🐤♪

それでは、皆様、Schönes Wochenende~~~~ (・θ・)

ヒンメル

新春ぷぷクラセットに込めた思い


こんにちは、とりきちです。

皆さんは、「新春ぷぷクラセット」をご存じですか?
これは、とりきち横丁が年始に販売している個数限定の福箱です。

この福箱「新春ぷぷクラセット」は、新しい年に福を呼び込むよう、購入くださったお客様の愛鳥さんに合うようオーダーメイドでご用意しています。

かれこれ7年ほど続けてきていますが、毎年お買上げくださったお客様には喜ばれています(たぶん)。

今年も限定40個で販売し、3月31日、お約束の3月いっぱいまでに、なんとか発送を完了しました。


***

通常の福袋と違い、新春ぷぷクラセットには、ご注文後、愛鳥さんの好きなもの、嫌いなものなど、細かにうかがって、とりきち横丁で販売されていない新商品、未販売品、人気商品をお入れします。

とても難しいご要望もあったり、「とりきちさんにお任せします」というコメントのみ頂いたりと、いずれの場合も、福袋にありがちな「外れ」がなるべくないよう、頭を120パーセント働かせて一つ一つのセットをお作りします。

そのため、一つのセットを完成させるのに、どう頑張っても2時間から2時間半、いや3時間かかるものもあって、お客様に最後、お手紙を書いてお入れするときには疲労困憊しています。

それでも、喜んでくださるお客様、そして愛鳥さんがいらっしゃればどれだけ嬉しいか・・・その思いで続けてきました。

***

普段、私はとりきち横丁の通常の業務を、スタッフにほぼ任せて、オフィスの奥にこもって、人とお金、すなわち人事や経理をこなし、そして新しい素敵な商品がないかアンテナを張り巡らせて、良いものが見つかると、メーカーと交渉したりして、新商品として置く仕事を主にしています。そして最近は一人法人担当としても、日本のお取扱店のお客様と向き合い、奔走しています。

昔は、私が一人でPCに座り、お客様と向き合って全てのメールを書き、梱包作業まで行っていましたが、それがもう、時間的に難しくなってしまいました。

そんなとき、年に一度、私がお客様と直接向き合って、荷物の中身を考えぬき、完成させることができる(梱包はスタッフにお願いしていますが)新春ぷぷクラセットは、私にとって普段の業務から解き放たれて、ただ鳥さんのことだけを考えられるかけがえのない、自分にとっても特別なセットとなりました。

お客様とつながっていたいという思いが形となったセットと言えばよいでしょうか。

***

ですが、最近の仕事が次第に増えるにつれて、本来、お客様と愛鳥さんに福をもたらす、この新春ぷぷクラセットが、私にとって時間的にも、体力的にもとても厳しいセットとなってきてしまいました。

今年のセットは最後まで、準備を楽しくさせていただいたのですが、通常業務を日中こなし、夜、やっと一人になったときに、ようやくセットの準備にかかれる環境となり、家族、とくに息子との時間を多く犠牲にすることとなってしまいました。

とりきちは息子ぴーちゃんの「お父さん」になってしまったのです。

今、必死に汚名挽回をしているところですが、なかなか元のようには行きません。

***

お客様、愛鳥さんを幸せにできても、家族を幸せにできなくてどうする?

とりきち、あなた自身はそれで幸せなのか?

そんな自問自答を繰り返して、この数日を過ごしてきました。

***

そこで、決めたことがあります。

来年の年始以降は残念ですが、新春ぷぷクラセットの販売は行わず、これからは、もっと地に足をつけた形で、お客様のご要望を聴き、お店の運営をしていこうと思います。

新春ぷぷクラセットに代わる、いわばお客様のご要望に沿った「カウンセリングセット」を、なんとか一般の商品ラインナップに位置づけて、これからもお客様が探している新しい物をお届けできるよう方針転換をして行きたいと思います。

まだ実施するまでは準備は必要ですが、毎月2セットといったように個数を決めて、自分に無理な負荷がかからず、家族との時間を同時に大切にできる形に変えていきたいと思います。

***

あの、毎年の、新春ぷぷクラセットの販売数十秒前のドキドキと興奮、どなたが買ってくださるんだろうとスタッフとする会話。

どれもが年始に欠かせぬ場面となって、新年をまぶしく彩ってくれていました。それがなくなってしまうのは、本当に本当に涙が出るほど悲しいのですが(今も書きながら泣いています)、私は若くないですし(笑)、「自分がやりたいこと」と「自分ができること」のギャップの大きさを、最近は痛感するようになりました。

自分に優しくが、今年のモットーになりそうです(涙)

***

とりきち横丁は2017年、私もスタッフも、うかがい知れない方向へ進む予感がしています。

抗いきれない運命の波というと大げさなのですが、私たちが方針を決めるというよりは、自然と決まっていくような感覚です。

新春ぷぷクラセットがなくなり、別のカウンセリングセットが始まるというのも、その流れの一つのような気がしています。

***

今年、新春ぷぷクラセットをお送りしたお客様から連日、「受け取りました!」という嬉しいお便りを続々といただいております。

当たった(愛鳥さんがすごく喜んでくれた)ときは嬉しいですし、そうでなかったときは、あー・・・と反省しきりです。

新春ぷぷクラセットがなくなっても、これからも自分の仕事の中に、「とりきち」として、鳥さんそして、お客様と向き合える時間を、できるだけ多く作っていけるよう頑張りたいと思います。

そして勉強すること、そして好奇心を持ち続け、日本に向けて発信することを忘れないように、と心に決めて。

長い文章を呼んでくださり、ありがとうございました。

とりきち
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR