【ドイツ・鳥の旅】モニターツアーご参加者アンケート②

こんにちは、とりきちです。
前回に引き続きまして、「ドイツ・鳥の旅 モニターツアー」
にご参加くださいました、お客様アンケートの
第2弾をお届けします。

今回は、ご参加者の chiyodoriさんからの
アンケートのご回答をご紹介いたします。
極力、いただいた文章をそのまま掲載しておりますが、
個人情報の関係、編集の都合で、
chiyodoriさんのご了承を得て一部、
省略させていただいた箇所がございます。

なお、ツアー内容につきましては
こちらのツアーのカテゴリー記事をご覧ください。

chiyodoriさんには、場所・テーマ別にお書きいただきました。

* * *

1.ティアハイム

ティアハイムの訪問は非常に勉強になりました。
職員の方の説明があればなお良かったです。
個人的には獣医師と話したり病院見学が
出来れば嬉しかったですが、これは事前に
断っておかないと難しいでしょうね。


2.ベルリン・ハイライト観光

ペルリン観光が出来たのも良かったです。
鳥の旅と言ってもやはり、
これもあって正解だと思います。
ガイドさんの説明も詳しく分かりやすかったです。
とりきちさんの各場所、移動間のガイド、
説明があるのも非常に良かったです。
ガイドではない地元で生活している
生の声を聞ける機会は、なかなかないことです。


3.孔雀島

孔雀島、正直、訪問地が変わって
むしろ結果オーライ、と思えるくらい
野鳥好きの私にとっては嬉しい場所でした。
ドイツの森も美しいと聞いていたので、
バスで森の中を通れたのも良かったです。


とりきちメモ:
孔雀島は当初、ツアー目的地に入っておらず、
ベルリン郊外森の散策が本来の目的地でした。

4.ベルリン植物園

ベルリン植物園内の雑貨店は、
鳥好きの人なら誰でも心が躍ると思います。
掲示板サイト「とりっち」などでもそうですが、
日本の鳥の飼育者は、圧倒的に
中高年女性が多いと思います。

日本ではディフォルメ系のインコグッズが
多いですから、このお店の大人可愛いグッズは
かなり潜在的需要があると思います。

植物園も美しく、素敵でした。
日本では鳥の餌づけをすることはありませんが
ドイツならまあいいか…と差し出した手に乗られると、
やっぱり可愛いですね。

コマドリの雛は日本ではまず見ることが出来ません。
可愛すぎます。
間近に見れてとても貴重な体験ができました。
温室も行ってみたかったですねー

5.とりきち横丁見学&ティーパーティ

ティーパーティもありがとうございました。
楽しかったです。スタッフの方が温かい雰囲気で
日本のお客さんの為に頑張っている姿が
伝わってきました。美味しい手作りケーキも
いただき、ごちそうさまでした。
重量を考えずに思いっきり
買い物できたのも良かったです。
カラス麦とビーポレン(鳥用花粉)は
うちの鳥達にオオウケです。


6.ベルリン動物園

ベルリン動物園、すごかったです。
予想以上でした。こんなすごい鳥ゾーンが
あるのに、カバがドイツ人に
人気なのがちょっと不思議…
屋外のお土産屋がちょっとショボイので、
水族館の立派そうなお土産屋に
入りたかったのですが、
気付いた時には既に遅し…
入れませんでした。
入場料も含めて事前に情
報があると良いと思います。

ペットショップも見てみたかったです。


7.ドイツ人愛鳥家ホフマン鳥部屋訪問

ホフマンさんのお宅訪問。
現地のペットシッターのお宅でお話しできたのは
今までにない経験でした。
温かく迎えて下さって、ケーキのおかわりまで
出してくれたホフマンさんに感謝です。
よろしくお伝えください。
野鳥保護のことなどまだまだ
話し足りない感じもしました。
鳥好きは話が尽きないですね。
現地の鳥を飼育されてる方と
話しあえる機会は貴重です。
一方向的にドイツのことを教える、
という姿勢よりも、日本の鳥事情に
ついても知りたい、というドイツの方がいれば、
更におもしろい話題が出るのではと思いました。

8.ヴァルスローデ花鳥園

ヴァルスローデ花鳥園、やはりハイライトになりました。
素晴らしかったです。ここは外せませんね。
ケツアールはいませんでしたが、
貴重種の繁殖も成功しているようで
珍しい鳥がいました。
ケアがショーで芸をしてるのもびっくりしました。
猛禽の餌やり風景を見学。
池に魚を落として捕らせるなど、見せ方が
上手いのはさすがです。
すぐそばで迫力の食餌風景を見れました。

何より素晴らしかったのは、
やはりフライトショー、必見です。
顔すれすれを飛んで行く猛禽。
最後のこれでもか!
という鳥種、数、配色まで考えた飛ばせ方。
レベルの違いを感じました。

まさかのアウトバーン渋滞、
といっても私は往復見事に寝ていたので
それすら気付かなかったのですが、
見学時間は正直、短かったです。
食事も10分くらいで食べて、急ぎ見た感じです。
移動手段に新幹線+貸切バス、
飛行機、あるいは最終日に設定して
一泊して、近くの国際空港から出国するなど、
検討しても良いかもしれませんね。

9.サービスについて

送迎があるのはとても良かったです。
特に個人参加の場合は安心できますし、
ツアー自体の印象も変わると思います。
インターネットでのチェックインは、
何かあった時に、空港に遅く到着しても
乗せてくれたりするので、お勧めです。

移動は、現地の公共機関の利用も旅の
楽しみであると思うので、
一部取り入れるのは良いと思います。
しかし、乗り継ぎが多くなる場合、
駅から歩く場合は、やはり専用車が楽で、
荷物を置けるなど利点もあります。
一見、健康そうな人が健康とは限りません。
持病のある方、鳥好きの高齢の方、
いろんな方が参加できる
ツアーであって欲しいと思います。

10.ホテルについて

ホテルについても、
日本の旅慣れた方は非常にうるさいです。
バスタブの有無もクレームが出やすいところですし、
暑さ寒さだけでなく、今回のように歩くのが
多いツアーでは疲れを取りたい、
と思う方は少なくないと思います。
朝食は良かったですが、毎日メニューが
全く同じなので、ここもクレームが出やすい
ところだと思います。

セーフティボックスの故障、
WIFIがつながらない件、
洗面台の故障についてのホテル側の
謝罪がない等対応も悪いです。
そこまで気になりませんでしたが、
洗面台もヒビが入っていましたし。
次回は別のホテルを勧めます。
参加人数が多ければ、ホテルのランクを
別設定で募集という手段もあります。


11.食事について

食事は、毎日付き添っていただいて、
内容も相談して決めてもらったのは
とてもよかったです。
ドイツ語表記だけしかない所も多く、
やはりドイツ語が出来る方がいるのは
非常に助かります。

昼食も含めて美味しいところばかりでした。
日本食を入れるタイミングも
ちょうどピッタリに感じました。
惜しむべきは予約とその確認です、
すし屋とヴァルスローデ花鳥園は
予約とその確認を入れれば、
トラブルを防げたのではと思います。

もみじさんの冷静な対応と、とりきちさんの
フォローで今回は何事もなく済みました。
(こちらについては、もみじの記事に詳しいです)

旅行前に、食べたい料理や好み、
旅のしおりなどきめ細やかな準備が
あったのはとても良かったと思います。


12.全体の感想

全体としては、鳥好きが選んだ鳥好きの
ための旅、と他にはない旅行内容で
大変良かったと思います。
国内で販売されるパック旅行は、
ベルリン付近ではベルリン観光と
ポツダムで1日の後、
すぐロマンチック街道へ…などという
コースが多いですし、
ヴァルスローデ花鳥園も日本語の
情報が殆どなかったので
まだ、日本人があまり訪れていない
場所なのではないかと思います。
実際、平日ではあったものの、
ドイツ人の家族連れや
高齢の夫婦などをよく見かけました。
ここは、またゆっくり訪れてみたいです。

長文になりましたが、とりきちさん、
スタッフの方々、慣れない業務で
大変だったことと思います。
今後にぜひ繋げてほしいです。
同行出来たincostyleさん、ユカリさんも
この度はお世話になりました。
ありがとうございました。


* * *

chiyodoriさん、今後の指針となる詳しいアンケートご回答、
誠にありがとうございました。
今年の春に大阪で開催されたお客様のつどいで、
私はchiyodoriさんに初めてお会いしました。
その席で、飼い鳥、野鳥への豊富な知識を
お持ちの様子に感銘を受けました。
そのイベントで、鳥の旅のツアーの説明後、
真っ先に興味を持ってくださったのがchiyodoriさんです。
その後、来独を実現され、ツアーに同行する過程で、
私もスタッフも、多くのことを勉強させていただきました。
単に鳥が好きというだけでなく、真摯に知識を増やそうと
される姿に、学ぶべきものが多かったです。
再度のご来独が実現されますように!
その際またお会いできることを楽しみにしております。
このたびは、ありがとうございました。

サイト「とりっち」にてchiyodoriさんの
旅のレポートが美しい写真とともに掲載されています。

【美声インコ成長録と犬のようなオカメインコ】
【猛禽の集う家…屋根の上の鳥たち】

とりきち
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR