ワークライフバランスを考える


とりきち横丁を会社として運営するようになり、
私はたくさんの法律、税金、労務の問題に突き当たり、
日々悩まされてきました。
そして今も、勉強の毎日です。

自分で全てをこなすスーパーマルチな経営者も
いるとは思いますが、私には無理。
時間も体力も限られています。

そこで、専門家である税理士や、弁護士、
経理経験のある方などの力を上手に借りて、
総合的な判断のみ、私がするようにしています。

* * *

2015年から、全てのスタッフの勤務時間が
短縮され、限られた時間をいかに有効に
使うかが、課題となりました。

今は試験的に、私と、フルタイマーのようこ、
もみじの3人で、それぞれの決まった仕事
(ルーチンワーク)を洗い出し、
それらに日々かかった時間を集計しています。

集計を続けて約2週間ほどが経ちましたが、
私の場合、早速効果が出てきました。
時間を意識し、つい、のめりこみそうな仕事も、
「今本当に、これをやる必要があるのか?」と
ワンステップ置いて考え、次の仕事へ移ることが
できるようになりました。

昔、会社勤め人時代に先輩から言われた、
まずは70%の完成を目指せ!
の意味が、今になってよく判るようになりました。

店主として、忙しくしているスタッフの助っ人に
入ることは日常茶飯事ですが、以前であれば、
あとはスタッフに任しても大丈夫というタイミングを
過ぎても、没頭してしまい、
自分しかできない大切な仕事が
つい後回しになることがありました。
今はそれを随分、回避できるようになりました。

今日は、たまたま息子が祖母のもとにお泊りのため、
こうしてブログが書けています。
ですが、普段は16時頃までに保育園へお迎えがあり、
仕事は「絶対」15時半頃に、見切りをつけなくてはいけません。

毎日の仕事時間の中で、時計が
昼の12時頃を回った時点で、
私の心の中のストップウォッチが鳴り始めます。

チッチッチッチ・・・

今日は、あと何ができるだろう!?
と、頭がフル回転します。

こうした時間の使い方に対する問題意識を、
何とかスタッフと共有して、業務の無駄を減らし、
限られた時間でも、最大限のサービスを
お客様に提供できるようになれば、と心から思います。

* * *

今の限られた仕事時間の中で、
私の仕事に優先度をつけるとすると・・・

1.日常業務が回るよう、会社の運営にかかわる
  支払いや、お金の流れを把握し、遅延しないようにすること。

2.とりきち横丁のお客様の代表として、
  スタッフに任している仕事の中で、
  特別な対応を迫られたとき、すぐに判断し、
  お客様にきちんと、誠実に応対すること。

3.ドイツにある数多くある鳥関連の商品から、
  日本のお客様のニーズにあった魅力的な商品を探し、
  お店に置いていくこと。
  
4.楽しいお店づくりを目指し、ご来店されたお客様が
  ワクワクするページを作り、商品のお届けに至るまで、
  楽しいお買い物ができる環境を整えること。

5.とりきち横丁の顔として、ドイツをはじめ日本で、
  一時帰国の際に、お客様や法人・事業主のお客様と
  積極的に交流を図ること。

といったことに集約されると思います。
これらに関わる業務をこなすことが、私の役割です。

* * *

私の場合、息子の保育園お迎えがなかったら、
まず、昔のように、夜中まで仕事を続けてしまうでしょう。
こうした意味で、息子に感謝!です。

お迎え後は、家で息子と絵本を読んだり、
ときには近所へショッピングへ。
そして、お料理とお食事。
後片付けに、お風呂、絵本の読み聞かせ。
こうした家庭での「ルーチンワーク」に、
夫と分担しながら徹します。

息子が寝てからが、やっとゆっくりできる時間です。
ドイツのニュースを観たり、最近は、オンライン書店で
日本の本を、よく読むようになりました。
可愛い鳥さんのブログも、こっそり訪れては、
癒やされています。

忙しく疲れている時は、寝かしつけたまま眠って
しまうこともありますが、息子が2歳を過ぎ、
持てるようになった、ほんの少しばかりの
Auszeit(自由時間)を楽しみたいと思います。

今やっと少しずつ、自分の中で、仕事と生活の
バランスが前よりも取れてきた気がしています。

ここに、あとは鳥たちと過ごせる時間が持てれば、
最高に幸せです。

とりきち
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR