『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪♪』 

♪♪旧東ベルリンの動物園、
”Tierpark”(ティアパーク)に潜入してまいりましたっ!パート3♪♪


こんにちは♪ヒンメルですよっ(◔⊖◔)つ♪

前回に引き続き、ティアパークを散策中のヒンメルですが、さっそく参りましょう(・∀・)☆ミ☆彡

前回は、Bimmelbahn(路面電車)に出会いましたが、今回、目の前を走って行ったものは…

blog3-1.jpg

園内には馬車も通っているようですねぇ… 天気の良い日に馬車に乗って動物園を周るのも気持ちよさそうですよっ(◔⊖◔)つ♪

そして、ふと目を茂みの方に向けてみると… (●⁰8⁰●)!

blog3-2.jpg

本物…ではなくて、ペリカンさんの銅像が!
茂みの中に立っているので、姿形は一瞬本物と見紛うほどΣ(・∀・;)ちょっと驚いちゃいましたよっ…

blog3-3.jpg

コチラはペリカンさんエリアなんですねぇ!ペリカンさんについて説明している看板も発見しましたよっ(゚∈゚ )
そして、その看板の目の前にペリカンさんたちの大群が水浴び中でございましたっΣ(゚∀゚ノ)ノ★★

blog3-4.jpg

なんとも自由に動きまわっているペリカンさんたち( ´∀` )♡

blog3-5.jpg

来園者たちも目の前で気持ちよさそうに小川のほとりで水浴びと日向ぼっこをしているペリカンさんたちを見て、思わず微笑んでましたよっ
(^ν^)

そして、ペリカンさん達がいる小川を越えて園内を進んで行くと...

blog3-6.jpg

突然、目の前にお城がっ(●⁰8⁰●)!!!!
動物園にお城があるんですか(・・?

blog3-12.jpg

そう、コチラは、動物園内にあるSchloss Friedrichsfelde(フリードリッヒスフェルデ城)なんです(゚д゚)

フリードリッヒスフェルデ城は、1684〜85年にかけて作られたお城でその歴史は330年にもなるんです。
その長い歴史の中で、貴族や伯爵などが住居として実際に生活を送っており、第2次世界大戦時には一度倒壊されてしまいましたが、1981年には再びそのお城の姿を取り戻したのでした。今のお城は1800年代の様相をそのまま残していて、城内の壁には歴史的な絵画が飾られ、動物園やお城の歴史についての文献も展示されているとのこと。

そして、お城の中には、クラシックな舞踏場もあり、定期的にコンサートなどが行われているそうですよっ(゚∀゚)2009年以降、お城は動物園の管理のもと、ベルリン動物園運営団体(ティアパークとツォーロギッシャーガルテン)によってお城の管理や様々なイベントが行われているんだそうですよっ。

…と、お城の前になにやら人だかりが…

blog3-7.jpg

blog3-8.jpg

!!!( ゚д゚)!!!ちゅ、中世の人たちの姿が!?

まるで18世紀にタイムスリップしたかのようなこの出で立ちの人たちは一体!?

実は、この日、フリードリッヒスフェルデ城では”ロココフェスティバル”なるものが開催されていて、参加者たちが皆ロココ時代のコスチュームを身にまとい、動物園に来園していたのですっ(゚д゚)!!
(この姿で電車に乗ってきたの!!??(笑))

300年前にはこうしたドレスを着た人たちが本当にこの地でこのような格好をして生活を送っていたんだぁ…∈(⊙ө⊙)∋と、感慨深いモノがありますよねぇ。

そして、参加者の皆さんが実際に踊り出しましたーーーっ(゚∀゚)(笑)
園内を流れるBGMは当然クラシック。本当に300年前にタイムスリップしたかのような感覚ですよっ(*'ω'*)

20人ほどの男女が当時の舞踏会を髣髴とさせるような踊りを披露してくれましたっ!!

blog3-9.jpg

blog3-10.jpg

blog3-11.jpg

子供がドレスを着ている姿もかわいいっ(*´▽`*)♡♡♡

思いがけず動物園内で行われていた面白いコスチュームフェスティバルを目撃できました♪♪

さぁ!それでは、鳥さんに会うために園内を散策していきましょ~~
(≧∇≦)b

blog3-13.jpg

まず、最初に出会った鳥さんは… どんな鳥さんかな…??

blog3-14.jpg

茂みの中でゴソゴソ動く鳥さんを発見(●⁰8⁰●)

blog3-15.jpg

こちらは『マナヅル』さんでした(゚∀゚)優雅に闊歩してますっ。
鶴さんに出会えるとは、幸先が良いっ(◔⊖◔)つ

blog3-16.jpg

そして、次の鳥さんもアジアエリアに生息する鳥さんのようですが…

blog3-17.jpg

コチラは『オグロヅル』さん。どうやら大型の鳥さんに分類されるツルさんエリアから開始したようですっ(゚∀゚)♪

blog3-19.jpg

そしてお次は…

blog3-18.jpg

キジ科の『ベニジュケイ』さん。
とても綺麗な羽を持つベニジュケイさんは、金網の間からパシャリΣp[【◎】]ω・´)

blog3-20.jpg

そのお次は、『アオミミキジ』さんです。
ネーミングが気になるところですが…(;´・ω・)

blog3-21.jpg

写真からわかるように、この凛々しいお姿です!
目の周りが赤く、そして、アオミミ…ではないのですが、顔をぐるっと白い羽が覆っています。
アオミミキジさんを見ているとなぜだか、“縁起のいい鳥さん”に思えてくるのは、ヒンメルだけ…??(・∀・:)

blog3-22.jpg

そして、お次は、『アラビアイワシャコ』さんです!
すんぐりむっくりな姿が本当にかわいかったのですが…

blog3-23.jpg

これ、砂浴びをしているんです( ´∀` )(笑)
カメラの近くには2羽のアラビアイワシャコさんがいたのですが、2羽とも目の前でブルブル震えながら、砂の中にその身を埋めてどんどん潜り込んでいきました(笑)
キジ科の鳥さんたちはよく足で落ち葉を掻き分けたり、砂浴びを行うようです。
実際に目の前で見れて、ほほえましい光景でしたよっ(フ・θ・)フ

blog3-24.jpg

残念だったのは、こちらの『ハクオウチョウ』さん…
スズメ科の鳥さんとのことですが…

blog3-25.jpg

カメラのピントが合わず、はっきりしたお姿をお届けできません…
( ノД`)
しかも、小屋の中の奥の奥… とらえられた姿はぼんやりした2羽のハクオウチョウさんでございました…(;´д`)トホホ
ちなみに、ハクオウチョウさんは人間の笑い声のような鳴き声を発することから、英名の「笑いつぐみ」という名前がつけられているんだそうですよっ!

blog3-26.jpg

そして、今回お届けする最後の鳥さんは…これまた“縁起のよさそうなお名前”、『カンムリキジ』さんです。

blog3-27.jpg

接近してみたものの、睨まれて緊張…(●⁰8⁰●)
そのおかげで迫力ある写真が撮れましたよ(笑)

blog3-28.jpg

目の周りが真っ赤なのも特徴ですが、尾も長いのも特徴ですね。

さて、今回はツル科、キジ科、スズメ科の鳥さんたちをお届けいたしました(*^^)
まだティアパークの動物さんたち、そして、鳥さんたちと沢山出会っておりますので、そちらをどんどん紹介していきたいと思いますよっ!

…の前に、横丁にも新しいスタッフが加わり、ぜひスタッフブログをご覧の皆さまにご紹介したいと思ってますので、次回は9月から横丁スタッフの仲間に加わった“ゴメルンザムライ”こと“マリウス”さんのインタビューをお届けします♪♪
もちろん、ティアパーク特集もまだまだ続きます∧( 'Θ' )∧

次回もお楽しみに♪♪

ヒンメル(◔⊖◔)つ☆
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR