2016年総括・横丁スタッフ編

小さな会社の、とりきち横丁を設立して、間もなく5周年を迎えようとしています。

最初は一人で始めたお店でしたが、家族が増えるのに伴い、2012年の会社設立と同時にスタッフを本格的に募集しました。

以来、現在にいたるまで、本当に多くの人たちがスタッフとして働いてくれ、日本帰国や家庭の事情など、様々な理由で去って行きました。

いざ良いチームづくりを!と思った矢先に、不可抗力でやめざるを得ないスタッフを見送る切なさは何度経験しても辛いものです。

***

「ドイツで働く」ということは、容易なことではありません。

その人の滞在許可(ビザ)にもよって、最悪、働けない身分であったり、学生や扶養中の方だとひと月あたり450ユーロの上限が定められたりと、たとえ優秀な方でも、思うように働けなくなるのです。

採用面接ではまず、パスポートの提示が必須で、そこに貼られている滞在許可とその種類を確認する作業から始まります。

約半数の人たちが、滞在許可の問題や、働く条件そのものが合わず、面接の本題に入れないままお帰り頂くこともあります。

ましてや、ドイツ国中またはベルリンにいる日本人から「鳥好き」の方が応募して下さる確率は、宝くじさながらと言えるでしょう。

幸い、現在は鳥好きスタッフのタケシがいたり、長期にわたって滞在可能なスタッフが多く集まって、しばらくは、今できあがりつつあるチーム(ドイツ9名+国内スタッフ5名)で2017年を迎えることができそうです。

***

数年前から導入している、日本風の言い方での「インターンシップ(企業実習)」も功を奏し、若く優秀でやる気のある、ドイツ人やドイツ生まれの若い学生たちが、私たちと働くようになりました。

日本人のお客様向けの会社ではあるけれど、とりきち横丁はドイツの会社です。

ドイツ人や、ドイツで生まれた外国の方たちを積極的に受け入れて、仕事は日本語が完璧ではなくても、ある程度仕事が回るシステムづくりを今、急いでいます。

その結果、失業率の高いドイツ社会で、私たち小さい会社が少しでも貢献できれば嬉しいですし、国籍にとらわれない仕事のシステムづくりができれば、誰でも働けるバリアフリーな環境ができあがります。

***

5周年を間もなく迎える、とりきち横丁で最年長スタッフは、しおんです。

名前から女性と思われるお客様も多いのですが、実は男性で、次に横丁スタッフ歴が長い、ヒロとともに、店主とりきちの両腕となってくれています。

彼ら二人に、私の希望や計画を話すだけで、新人スタッフまで情報がすみずみに伝わり、意思疎通が図れるようになってきました。

***

一方の日本国内で働くスタッフ5名は、普段はドイツと日本で遠隔でのやりとりになるにも関わらず、お客様へ届けるお荷物一つ一つを正確に、かつ鳥愛たっぷりに届けてくれています。

とりきちの日本出張時は、とりきちズエンジェルズとなり、最強のチーム構成で各種イベント、営業などに臨める体制が出来上がりました。

この文章を書いているそばから、秋の出張のことを思い出してしまい、辛く過酷なものであった一方で、最高に楽しく、良いスタッフに恵まれた滞在だったと心から思えてなりません。

***

自分自身が優秀な方は、スタッフなんて雇わなくても全て一人でできるでしょう。

ですが、私は鳥は大好きだけれど、人=スタッフの力を借りないと、昔と同じように、お客様にドイツから、鳥たちの商品をお届けできなくなりました。

良い意味で、優秀なスタッフの力をうまく借りて、私だけができる仕事に集中できる方法を模索し、日本のお客様にとって、魅力あるお店「とりきち横丁」でい続けられたらと願っています。

***

今日は終業後、2016年を締めくくる、忘年会も兼ねたクリスマスパーティが横丁フロアで開かれます。

スタッフだけではなく、スタッフの家族も参加し、それぞれが一品を持ち寄るアットホームなものですが、1年色々あったけれど、本当によく頑張ったと互いにねぎらい、そして2017年につなげる良い会となればと思います。

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR