廃墟となったSpreepark遊園地、潜入ルポ☆

Spreepark 10

皆さま、いつもお世話になっております、しおん です。

今回、私がブログで扱う題材はずばり、ベルリンで廃墟となった
遊園地、Spreepark (シュプレーパーク) です!

日本の奈良県にあるドリームランドのような(?)廃墟の遊園地。
先日、パリから遊びに来た友人を連れ立って
そこで行われているツアーに参加してまいりましたので、
ご報告いたします。

シュプレーパークとは…

ベルリンの壁が存在した1960年代終わりに
旧東ベルリンに建てられた遊園地です。
当時は年間約170万人もの入場者を迎え入れた、
一大アミューズメント施設でした。

しかし壁統一後、90年代初頭に入場者は激減し、
99年には年間約40万人まで落ち込みました。
そして2002年に倒産となり、遊園地は完全に閉鎖されました。

その土地の買い手は長い間見つからず、
廃墟となった遊園地はそのまま荒廃の道を辿りました。
ベルリンの有名な都市伝説の一つに、夜な夜な動くはずのない
遊園地の観覧車が回っているっ!?という話があります!
まぁ、実際には風による影響かと…。

倒産して12年が経った2014年、Grün Berlin GmbHという、
主にベルリンの自然を管理している会社がその跡地の
管理をベルリン市より委託され、現在は週末にツアーを
行っています。料金は5ユーロ(約600円)
時間は約1時間半
集まったツアー客は老若男女、ドイツ人と外国人併せて
計20名ほどでした。
ツアーではかつてのアミューズメント跡地を
くまなく見させてもらえたので、とても満足感のあるものでした!

Spreepark 1

遊園地に一番近い最寄り駅はPlänterwald(プレンターヴァルト)
そこから約15分ほど歩きます。
首都とは思えぬほどの広大な森!その中に遊園地があります。
手前に写っているのが、今回パリから遊びに来てくれた友人です ^ ^

Spreepark 2

かつての遊園地の入園口。
ガイドさんのお話しによれば、ドイツ東西が統一する前は
入場料はかからず、アトラクションごとに
料金を支払うシステムだったようです。
そして統一後、入場料を15マルク(約920円程度)と定めたそうです。

Spreepark 3

イギリス村とよばれる施設の建物。2014年、そこへ
侵入してお酒を飲んでいた人たちの火の不始末によって
大火事が起こり、大半は焼失してしまいました。

Spreepark 4

都市伝説になっている、噂の観覧車です!
日本の大きな遊園地のものにも見劣りしない
立派な観覧車でした。
ツアーガイドさん曰く、今後もこの観覧車だけは
当時のシンボルとして残していって
いつか復活させたいそうです。しかし
それには約10万ユーロ(約12億円)の巨額の資金が必要とのこと!!
一体、どなたが買い取ってくれるのでしょうか…。

Spreepark 5

コーヒーカップは落書きだらけでした。
東ドイツのオリジナルのキャラが
描かれていましたが、どことなくムーミンを
髣髴とさせます。

Spreepark 6

Spreepark 7

当時一番人気のアトラクション、ジェットコースターです。
Drachenmaul(ドラゴンの口)と呼ばれるトンネル内へと突入する時には
「キャーーー!!!!」と人々の歓声が響き渡ったそうです。
ドラゴンというよりは猫のようにも見えますけど…。

Spreepark 8

横たわる恐竜。かつては入場口付近に置かれ
入場者たちを迎え入れたオブジェだったそうですが、
90年代初頭、ジュラシックパークなどのハリウッド映画が
流行った頃にはこの恐竜の迫力のなさが目を引いてしまい、
遊園地の後方へと追いやられてしまったそうです。
その後、恐竜ランドを作る計画が持ち上がりましたが、
あえなく倒産となってしまったため、実現しませんでした。
この恐竜以外にもあと数体が存在していましたが、
誰かに持ち去られてしまったそうです。

以上が、主なかつてのアトラクション現場と写真になります。
他にもスワンの乗り物や360度見渡せる映画館、パイレーツ船などの
アトラクションの形跡が色々とありましたが、
写真が遠くからしか撮れず不鮮明だったため、
割愛させていただきました。すみません!

かつての遊園地を覆いつくす茫々とした草木を
見ていて、ふと「盛者必衰」という言葉が浮かびました。
まさかベルリンの土地で、パリジャンの友達を前にして
そんな日本の言葉を思い出すなんて~!
思いも寄りませんでした。

今後、こちらの遊園地の跡地がどのように
使用されるかはまだ未定とのことでしたが、
皆が楽しめるような施設ができたらいいなぁ、と僕は願います。

普通の観光とは一味違った、廃墟の遊園地ツアー。
ご興味のある方はぜひとも下記のページより
詳細をご覧くださいませ。

https://gruen-berlin.de/en/our-parks/spreepark

それでは、この度はスタッフブログをご覧いただきありがとうございました!
来週はまたスタッフが一周致しまして、たけしよりお届けします ^ ^
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR