DDRプロダクト

こんにちは、るーです
日本の皆様、夏の暑さに負けていませんでしょうか?
こちらベルリンは涼しくなり、もう秋の気配が漂ってきました。

今日はささやかな楽しみについて書こうと思います

せっかく歴史的なベルリンにいるので、
旧東ドイツ DDR(GDR)時代の食器を探すのが楽しみの1つです。
昭和のキッチュ感とでも言えばいいのか、懐かしいキュンとする印象があります

大きなフリーマーケットでじっくり探したり、
DDR製のものばかり集めたショップに行くのも楽しいのですが、
なんと住まいの近所に穴場スポットが!!!
しかも1ユーロって!
shop

このジャンクの中から気にいるものを掘り当てた時には満足感でいっぱい
店内には1ユーロ以上のものが、多くはないけど整然と並べられています。
しかもフリーマーケットよりもお買得な気がします。

こちら、これまで収集した中でのお気に入り
buy
左は各1ユーロ、右は2か3ユーロでした。

stamp
このように裏に大体DDRまたはGDRと書いてあることが多いです。

お店の方にどこで入手してるのか尋ねたら、普通の家からだそうです、多分。
ドイツ語がまだまださっぱり分からないので、
質問したところで返答が聞き取れず
でも、Hauseって言ってたし、このジャンクぶりを見ると、
各家庭でいらなくなったものを引き取ってるのかなー、なんて勝手に解釈しました。

お給料が入った日、ここに寄り道して物色するのがささやかな楽しみの一つです♫
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR