FC2ブログ

宇宙話 by マリウス

皆さん、こんにちは。

今週のブログはマリウスが担当しますね。

最近のドイツは秋らしくなってきました。天気が悪くなって夜早く暗くなってしています。

前回のブログはもうかなり前ですが、そのときは私の大好きな宇宙のことを聞きたいと言いましたね。

では、さっそく書いてまいりますね。

ドイツの学校(Gymnasium ギムナジウム、高校と同レベル)では、宇宙についての教育が少なくて残念です。

私が高校生だった時、宇宙の授業は半年もなく、週一回で1時間でした。

その理由で自分から宇宙の本を、祖母からよくもらって、勉強したんです。

宇宙は私が大好きなテーマですから、書けることも多いです。
とくに、私は宇宙の広さが面白いと思います。

我々人間は、広さを説明してくれれば分かりますけれども、実は人間は宇宙の広さの想像がつきません。

マスコミにもよく間違って宇宙の広さが説明されています。例えば、地球と月の距離です。
よく見えるイメージはこんな感じですね。

erdemond.jpg



しかし、本当の距離はこれですよ。

maBlog3.gif

信じられないまでに遠いですね。
私は初めて知ったとき、びっくりしました。

アポロ計画の人たちは本当に勇気を持っていましたね、そこまで行きましたから。

その上、地球と月の間に太陽系のすべての惑星が入ります。
こちらをご覧ください。

maBlog1.jpg

すごいですね。

惑星を太陽と比べたら小さくになりますけれども↓

sun-size copy


ちなみに太陽の光は何色なんでしょうか?

それはよく勘違いされることです。
太陽の光は、本当は白いんです。

もし黄色でしたら、雪が何色になりますか?(笑)

しかし、どうして黄色い星と勘違いされていると思いますか?

それは、日没時に地球の大気のせいで太陽の見た目が黄色に変化するからです。

昼の白い太陽を人間は直接見ることができませんから、太陽が黄色と勘違いされています。

直接見たら目が傷つきますよ。見ないでくださいね!

まだまだ始まったばかりですが、今日はここまでにしましょう。

ところで現在一番大きい星はUY Scuti (ユーワイスクティ)です。
画像を見てください。

maBlog4.jpg

自分は小さく感じますね。(笑)


宇宙と比べたら、我々の世界はほこりの一個見たいですね。



それでは今日はここまで。
読んでくれてありがとうございます。

また今度!私のドイツの学校の経験をちょっと書いてみると思います。
来週はシオンさんが担当します。楽しみですね。

マリウス

日本語がおかしいところがあったら、コメントに書いてください。( *´艸`)
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR