FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の保護施設、兼、動物の養老院

今日は、前回私の話で触れさせていただいた動物保護施設に関して、少し書かせていただこうと思います。

Vogelgnadenhof und Altenheim für Tiere e.V.という施設が、
ベルリンの北東の方Brankenburgという地域にあります。
動物愛護の社団法人が開いた動物の保護施設という点では、
以前から取り上げられているTierheimと似ていますが、異なる特徴が幾つかあります。

動物の養老院5


”Vogelgnadenhof”は“鳥の保護施設”、 ”Altenheim für Tiere”は“動物の養老院”といった意味…
なので、年老いた動物たち中心の保護施設でしょうか。
その他に、私が気づく限りの大きな差は、規模。
ベルリンのTierheimティアハイムは、ドイツ最古で最大ということもあり特別なのかもしれませんが巨大で立派、
アメリカのSF映画や人気テレビドラマの舞台に使われているくらいモダン。
一方、養老院の方はとても小さい。庭付きの一軒家を改造したような建物。
騒音が少しうるさく聞こえる高速道路の横で、周りは一軒家が並ぶ住宅街。
何にしても、場所はどちらもベルリンの外れ、
土地が必要であることと、騒音や臭い対策からであろうと想像しています。


私が訪れたのは、数年前、この養老院のオープンデー。
度々道ばたで見かけるこの施設のポスターが気になったので、思いきって訪問してみたのです。
オープンデーは、ご近所のバザーのようなかなりアットホームな趣。
寄付金も兼ねた、数ユーロの入場料を払って中に入ると、中高年のご夫婦らしき方ばかり。
推測するに、ほとんどがご近所さん、私のようなアジア人は一人もいなかったのでかなり一瞬肩身が狭かった、
でもジロジロ見られたりなどはなかったので長居しました。
テントを張った屋台で、手作りケーキやコーヒー、ビールとソーセージを販売していたり、
寄付を募るブースがあったり、動物保護施設の案内や団体のパンフレットが置かれていたり。
驚いたのは、庭にラジオ局などの協賛による舞台が出来ていて、
ドイツのヒット曲、懐かしのメロディを歌手の人が出て来て歌いまくる、そしてそれに合わせて訪問客が歌う、愉快に踊る。

動物の養老院1


一瞬どこに来たのか忘れそうになりましたが、奥に進むと、ちゃんと動物たちが小屋にいました。
お庭に設置された小屋には、インコを始めとしたたくさんの小鳥さんや小動物たち。
私はオカメインコさんたちのほっぺの可愛さに毒されて、ずっと見とれていました。
大きなオウムを肩に載せて訪問者にアピールしているスタッフも庭を徘徊していました。
多分元々は住宅の一部であろう建物は幾つかに区切られていて、ネコたちが保護されています。
でも、どのネコも何となく寂しそうな表情に見えたのは、私の思い込みでしょうか。
入り口の前にあるお庭では、犬たちがスタッフの方やお客さんとふれあっていました、
大きなシェパードらしき子から小さなテリアのような子たち。
犬たちはネコちゃんと違って嬉しそうに見えました、
スタッフの人たちとじゃれ合っている犬たちは特に。
ちなみに、私はティアハイムに行くと、犬のコーナーを見るのが辛い。
何故かというと、その建物に足を踏み入れた途端、
たいていの場合、たくさんの犬たちに一斉に吠えられるから。
人間に関して相当嫌な悲しい経験をしていて不信感があるのかな…
と私と友人は想像しているのですが、
養老院の犬たちは、人間とのふれあいを楽しんでいるように見えたのでホッとしました。
訪問客のおじさまやおばさまも、たくさんの動物たちを見ながらニコニコしたり、話しかけたり。
皆さん動物好きなのが、よく伝わりました。

動物の養老院7


オープンデーは、楽しい雰囲気でしたけれど、
何せここは養老院なので、ホームページを眺めていると非常に悲しい気分になります。
ルーマニアから怪我した犬を保護して来たのは良いものの、手術するお金が足りないなど。
彼らの目的は、
養老院の経営、
動物保護の啓蒙活動や情報交換の場の提供、
動物の為の緊急の救護、
をすること。
鳥は、正しい知識無く扱われることが多いし、動物愛護の法的な状況が悪い。
または、年取った、または病気の動物たちは簡単に処分されてしまう。
そんな動物、およそ300匹を保護して、ごはんを食べさせて、病院に連れて行く。
この施設も募金などで経営されていて、お金が集まらないなど、問題点は多いようです。


動物の養老院8


どの愛護団体も、ホントに心優しい、また、芯の強い方々によって経営されているのだなあと感謝です。
ドイツは日本より、動物愛護の状況は進んでいるとは思いますが、まだまだ問題はたくさんあるようです、
想像ですが、小さな施設はやはり運営が難航していたりするのかもしれません。
率先して活動してくださる方々には敬意を表せねばならないし、
また、多額は無理かもしれないけれども、
できる限り財政的支援をせねばいけないな、と改めて感じます。

ゆうこ
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。