FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン 蚤の市めぐり

あすきです。

先週のゆみさんのブログでも書かれていたとおりドイツでは休日というものを大切にする習慣があるようで、日曜日は大きなショッピングセンターやスーパーでも閉店していて、休日はゆったり過ごすということが多いようです。

しかし、ベルリンに旅行に来た方は日曜日に店が全然開いてなくてつまんない...なんてことはありません!
ベルリンは日曜日に蚤の市、つまりフリーマーケットがいたるところで開催されているのです。

蚤の市というと小さな広場でママさんたちが古着を売りにいくなんてイメージかと思いますが、ベルリンの蚤の市は毎週行っても飽きません。
例えば、マウアーパークという公園で開かれる蚤の市は人であふれかえっていて、晴れた日は歩くのもままならないほどの混雑です。

何が売っているかと言えば、古着や日用品はもちろん、アンティーク製品、陶磁器、アクセサリー、カメラ、はがき、...などなどなんでもあります。
それに加えて、果物やワインの販売、カリーブルストやビールなどのごはんも食べることができ、もうほとんどお祭り状態なのです。
子どもが遊ぶコーナーも作られていたり、ダンサーやバンドのライブも一日中行われていて、アンティークマニアでなくても楽しめます。

他にも博物館島(という博物館が集まっている地区があります)の裏にある東ドイツ製品を扱った市、プレンツラウアーベルク地区のBIO商品市、シェーネベルク地区の古着市などとそれぞれの蚤の市にも特色があります。

ドイツ各地の都市でも週末の蚤の市は行われていますが、ベルリンほど蚤の市が多い街はありません。ベルリンは先進的な街でもありますが、古い物も大好きという印象です。
東西分断の歴史から東ドイツを懐かしんで(ノスタルジーと東を意味するオストをかけて「オスタルギー」などと呼ぶこともあります)製品を物色したりすることもあるのでしょう。実際、東ドイツ製品は派手さは無いもののチープなかわいさが素敵だったりもします。

僕は古いフィルムカメラをたったの10ユーロで買ったり、古着を破格で買ったりと毎週のように蚤の市を満喫しています。
ビール片手にぶらぶらと蚤の市をまわるなんていうのもドイツらしい休日の過ごし方なのです。

ですから、ベルリンへ旅行をする皆さん。日曜はゆっくり休むのもいいですが、蚤の市へ行ってベルリンならではの楽しみ方を満喫してはいかがでしょうか?

DSC05124sds.jpg
画像は記事とは関係ないおっちゃんです。エジプト文字にこんなのありそう。
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。