忘れてはいけない、大切なこと

お久しぶりです、店主のとりきちです。
週末を使って書いていました横丁かわら版秋号の
テキストですが、長くなりそうでしたので、
こちらにて、まとめさせていただきました。

「忘れてはいけない、大切なこと」

とりきち横丁をつうじて、大好きな小鳥さんと
鳥好きさんのお手伝いができる仕事に携われることは、
大変ありがたく幸せなものです。

その一方で、お客様から対価として
お金をからいただく限り、きちんと商品を
お届けする責任が生まれます。
趣味の延長ではもう、決してできません。

とりきちは最近、今抱えるあらゆる責任に
時として押しつぶされそうになり、
大切なことが見えなくなってきているのではないかと、
自問自答を繰り返しています。

小鳥と過ごす素晴らしさ、かけがえのない、
小鳥さんの可愛さを大切にする心が消え、
単に「商品」を届けることだけを目指すようになったら。

その恐ろしい瞬間が訪れたときこそ、
このお仕事を潔くやめるべき時だと思うようになりました。

先日、お部屋の荷物を整理していたとき
パラっと出てきた頂きものの、私の愛するインコ、
ぷぷとクラウスのイラストを久々に見て、
当時過ごした光景が本当に色鮮やかに蘇りました。

その光景だけでなく、当時抱えていた悩み、
喜び、悲しみ、すべてが蘇り、
ぷぷとクラウスの存在の大切さ、
小鳥のもつ代えがたい存在感を改めて実感し、
しばし涙にくれました。

その涙は、あらゆる責任から冷たく、
カチコチになっていた とりきちの心を
ゆっくりと、ゆっくりと溶かし、
温かな世界へ、そっと解き放ってくれたようでした。

お客様は皆、とりきちと同じく小鳥さんと生活を共にし、
様々な思いを持ちながら、愛する小鳥さんのため、
生きておられる。
愛する小鳥と過ごす時間に限りがあることは皆知っている。
だから懸命に、その一瞬一瞬を大切に生きている。

その生活が少しでも潤い、さらに素晴らしいものになる
お手伝いができれば、よいのではないか。

このことを決して忘れてはいけないし、
大切にしていかなくては、
いつか私をはじめ、とりきち横丁は
大きな過ちを犯してしまうと思います。

ドイツにいながらにして、いただくご注文メールから
読み取れることには限りがありますが、
同時にいただくメッセージや、
受け取りましたメールに添えてくださる文章を
私だけでなく、スタッフと共有し、
お客様に寄り添ったお店作りにつながるよう、
ありとあらゆる小さなことから
取り組んでいきたいと思います。

長い文章にお付き合いくださり、
ありがとうございました。

とりきち

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR