横丁サービス『国際書留』について

皆さま、こんにちは!ようこです。

今回は、横丁の発送サービスのひとつ 『国際書留』 について
最近増えているお客様からのご報告を踏まえ、
横丁側の対策について、皆さまにご案内させていただきたいと思います。

ここ数ヶ月間で、『国際書留番号が検索できない』
というご報告が増えてきています。

『本当に出荷されているのだろうか?』
『通関で留め置きされているのでは?』
『紛失してしまったのでは?』等々、
書留の料金をお支払いいただいているにも関わらず検索できない場合、
お客様に余計なご心配をおかけすることになり、
ひいては横丁に対する信用低下につながってしまうおそれもあり、
横丁内で、対策を色々と検討いたしました。

まず、検索できない原因として、以下のことが考えられます。

現在横丁では、荷物集荷サービスを利用しています。
お客様のお荷物は、横丁オフィスにて集荷されてから
一旦地域の配送センターに運ばれ、
そこから更に大きな配送センターに配送されます。
本来ならば、ここで書留番号がスキャンされるはずのところが、
そのスキャンが漏れてしまったまま、次の配送段階に
進んでしまっている可能性が高いです。
そうすると、日本の空港に到着した時点で
初めてスキャンされることになり、
この時点でやっと、郵便局の検索サイトに反映されてきます。
スキャン漏れ、というのは、日本の郵便サービスの常識からは
非常に考え難いことですが、ドイツの郵便事情では、
非常に残念ながら、あり得る話なのです。
とりきちが、ドイツ郵便局に改善を訴えましたが、
郵便局がお役所体質であること、
配送過程が数段回に渡っていること等から、
そう簡単に状況が変わる可能性低いかと思われます。

集荷サービスを利用する以前は、スタッフ一同で、
全てのお荷物を郵便局窓口まで運び、出荷していました。
この方法ですと、持ち込めるお荷物の数に限りがある他、
発送準備にかけられる時間も制限されきます。
そのため、業務の効率化という意味で、今年の春から
集荷サービスの利用を開始いたしました。

現状を踏まえ、とりきち横丁が具体的にできる対策として、
国際書留付きのお荷物については、以前と同様、
スタッフが直接郵便局へ持参する方法を、今週から実施しております。
この方法ですと、窓口で書留番号がスキャンされ、
翌日には追跡サイトに確実に反映されるようになりました。
(出した日付、郵便局の情報も反映されます)

追跡ページリンクは、こちらです → 『英語版』『ドイツ語版

以上の対策を、クリスマス前までの特別体制として、
期間限定で実施してまいります。
その後の対策につきましては、郵便局の書留発送状況などを見ながら、
検討してゆきたいと思っております。

これまでご心配をおかけしてしまったお客様方には、
重ねてお詫び申し上げます。

これから予想されるクリスマス商戦&郵便局繁忙期に備え、
横丁一同、引き続き、細かなところから気を配り、
ミスやトラブル発生防ぐ工夫をしてまいります。
愛鳥さんへのクリスマスプレゼント、年末年始期のごはん補充などを
検討されているお客様は、どうぞお早めのご注文をお願いいたします。

それでは、皆さまが、愛鳥さんと素晴らしい秋を満喫されますよう!


プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR