『ヒンメルと行く!ベルリン探検記♪♪』

♪第15話 ベルリンで最も有名な観光地へ〜ヒンメルひとり訪問編〜♪

17.jpg

さっそくですが、こんにちは、ヒンメルです!

今回は、旅の相棒であるヒロさんを置いて先に飛んできてしまったので(^^ゞ、コチラはわたしひとりで紹介しますよ♪~(´ε` )

さてさて、さっそくですが参りましょう!

18.jpg

今、自分がいるこの場所の標識には、『Platz des 18. März』(3月18日広場)と書かれてますよねぇ。

実は、ティアガルテンを巡っている旅の時も登場した、6月17日通り(Straße des 17. Juni)と繋がっている広場なんです!

つまり、以前ヒロさんと一緒に訪れたジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)とも繋がっているんです!→☆そちらの回はコチラ☆

そんな重要な広場に面しているのは…

19.jpg

こーんな立派なを擁しているなのですが…

20.jpg

柱の内側にはこれまた立派なレリーフが施されていますねぇ。

21.jpg

それぞれの柱に円と長方形のレリーフがありますねぇ。
ベルリンの画家、Christian Bernhard Rodeさんがデザインしたものなんだそうですよ。

(じ、実は、知らなかった…Σ(゚д゚lll)ス、スミマセン…)

IMG_0055.jpg

さっ、(気を取り直して♪~(´ε`;))それではこの柱の間を通って、正面に行ってみましょ〜!

IMG_0057.jpg

みなさんっっ!ついにやって来ましたよっっ!!!

IMG_0061.jpg

これが、ベルリンで最も観光客が訪れる観光名所である、
『BRANDENBURGER TOR』(ブランデンブルグ門)ですっっ☆
一緒に写っている人たちと比べると、このブランデンブルグ門がとっっっても大きい門だということはわかるでしょうか!?

フリードリッヒ2世の命を受け、建築家のカール・ゴットハルト・ラングハンスさんという方が設計したブランデンブルグ門は1788〜91年にかけて建設されました。3年で完成したんですねぇ。

ちなみにこのブランデンブルグ門、高さ26m、幅65.5m、奥行き(先ほど通った柱)11mという大きさを誇っています。

ちなみにドイツ語でTorというのはという意味なんですよ!
ベルリンではよくこのTorという言葉が入っている地名が多かったりしますねぇ。

このブランデンブルグ門、おそらく、『なんか見覚えがあるなぁ…』と思われる方が必ずやいると思うんですっっ!

そう、実はこのブランデンブルグ門、あの歴史的な瞬間の現場なのであります!!!

それは今から24年前の119日に、このブランデンブルグ門前の東西を隔てていた壁が崩壊する瞬間を世界中の人々がテレビの前で見ていたのではないでしょうか。

img_1041304_11831060_1.jpeg
※ネットから拝借いたしました。

『そういえば、なんとなく、ぼんやりだけど、確かにこのブランデンブルグ門前に設置されていたベルリンの壁の上に登っている人たちがハンマーを持ったりして壁を壊していた映像を、ニュースで見た気がするんだよなぁ…』

…って、いつかヒロさんが話してくれてたなぁ…(´ε` )

※年齢バレる…(笑)

ちなみにこのブランデンブルグ門正面旧東ベルリン側になります。先ほどの『Platz des 18. März』側に壁が建てられていたので、ジーゲスゾイレ旧西ベルリン側ということになります。

壁がまだあった時代は、このブランデンブルグ門の下を通ることは一般市民にとって許されていなかったということになるんですね… まさに歴史が変わる瞬間を見つめてきたとても重要な建造物ですね…(・・)

IMG_0063.jpg

そういえば、門の大きさもさる事ながら、あのてっぺんに乗っかっている像も気になりますよねぇ…

IMG_0062.jpg

4頭立ての馬車のことをクアドリガといいますが、このクアドリガが市内を望むように東向きに設置されてます。

ちなみにこのクアドリガは1793年にドイツの彫刻家ヨハン・ゴットフリート・シャドウによって作られたもので、クアドリガの上には、ナポレオン戦争の勝利を記念した鉄十字紋章付きの杖を持つ勝利の女神ヴィクトリアが乗っているんですね。

このクアドリガが夜ライトアップされていると、とってもキレイなんですよ〜(*´∀`*)♡
その写真は次回ご紹介しますよ〜〜〜♪♪

IMG_0071.jpg

さて、今回はブランデンブルグ門の歴史を軽く紹介しましたが、今度は観光地としてのブランデンブルグ門をご紹介したいと思います!

次回もお楽しみにねぇ♪♪

ヒンメル
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR