野鳥さんの邸宅事情

こんにちは!ようこです。

ドイツはここ何週間か、南ドイツの洪水被害が深刻で、
連日、テレビや新聞で報道されています。
避難先の体育館でインタビューを受けた初老の女性が、
『自宅に残してきた鳥さん達が心配なの。
餌と水が足りていてるかどうか・・・。』
と溜息混じりにコメントされていたのが大変印象的でした。
被災地の皆さん、その家族である鳥さん達が、
一日も早く安心な生活に戻られること、
心から祈らずにはいられません。

鳥さんのお家、といえば鳥小屋。
この週末にお呼ばれして出かけたお宅の奥さんは、誕生日プレゼントに
木に設置できる野鳥小屋をプレゼントされていました。
シックな黒い壁に白地で書かれていたのは・・・
"BED&BREAKFAST"!!
ここに宿をとる鳥さんはきっと、優雅な朝を過ごされることでしょう。

そしてもう2軒、最近見かけた野鳥小屋。
ブログ1


どうです、このアバンギャルドな佇まい。
ところが、あまりの前衛的なフォルムのせいか、
鳥さんの人気は今ひとつのようで・・・。

とりきちさんいわく、一階部分の空間が広すぎて、
大きな鳥さん達が来て、小さな鳥さん達を追っ払ってしまうからでは、
とのことでした。
デザインは素敵ですが、やはり住み手の需要に考慮しない物件は、
テナントが入りにくいのですね。
それなら、中から灯りで照らして室内のインテリアにしてはどうか、
などと勝手に別の使い道を考えてみたりして。

こちらが全体像です。
ブログ3


お次の野鳥小屋は・・・
ブログ2


子育ての時期なのか、親鳥がひっきりなしに
出たり入ったりしていました。
コンクリート製は、通気性に優れているそうです。
ドイツで質実剛健なのは、人間だけではないようです。

さて、お客様アンケートでもお問い合わせの多かったバード・ケージ。
近い将来、大型の黒枠バード・ケージをお試し販売開始予定です。
こうご期待!
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR