ザイフェン買付け旅行記~前編~

皆さん、こんにちは!ようこです。
2月15日から3日間、ベルリンから南へ約250km、
おもちゃの街ザイフェンへ行ってきました。
2回に渡り、もみじと私で、ザイフェンについてご紹介します♪

既にとりきち横丁でも扱っている、手作りの木のおもちゃ。
今回の旅の主眼は商品の買付けですが、
新たな商品との出逢いにも期待大。
また、もみじとようこは初めてのザイフェン。
街の景色、空気を楽しむことも、大きな目的でした。

人口の3分の2はおもちゃ作りに従事している、
というザイフェン。
目貫道りの右も左も、おもちゃのお店が軒を連ねています。

P1001031.jpg
生憎の空模様でしたが、その分、お店の壁や屋根の色が
しっとりと目に優しく、街歩きを楽しむことができました。

P1001051.jpg
道の名称を示す標識も、こんなに愛らしい。

P1001054.jpg
ショウウィンドウには、イースターの飾りが並び、
間近になった春の訪れを感じます。

P1001032.jpg
こんな大きなトナカイさんを飾っているお店も。
(カナダの国旗は…なぜ?)

P1001089.jpg
そして、夕方になると灯る、外灯のまた可愛らしいこと。

心をくすぐられる、といえば、
小鳥さんにちなんだモノを、街のあちこちで見かけました。

P1001025.jpg
家の壁に付けられた、奇をてらわないデザインの、
居心地の良い(と思われる)鳥小屋。

P1001028.jpg
温度計も、こんなに素敵です!

そして、今回の買付け旅行で、
私が特に楽しみにしていたのが…

P1001058.jpg
ここ、このお店を訪ねること。
横丁の置物の中でようこ断然一押しの『マチコとハルキ』
とりきちが、この2羽と出逢ったお店です。

『マチコとハルキ』が横丁商品として登場して以来、
自分でも欲しくてたまらなくなり、ちょっと前にザイフェンを旅行した
くまきちに頼み込んで、個人用に買ってきてもらいました。
今回は、他のデザインの『マチコとハルキ』もお迎えしたく、
心踊らせてお店に足を踏み入れました。

そして、出逢ったのが、この2羽です。

P1001145-(2).jpg


マチコ巻きのスカーフ、チェックの茶色、
ハルキの山高帽の深い緑と粋な首巻き。
自然な木の色合いと相まって、
見れば見るほど可憐な2羽です。
大切に連れて帰り、今は2ペアとも、
リビングの本棚が定位置です。

忙しい毎日の中で、そこを見れば心が和む。
横丁の置物が、お客様の暮らしの中で、
そういう役目を果たしてくれたら、
こんな嬉しいことはありません。

さて、とりきちともみじと一緒に色々なお店を巡って、
こんなことを感じました。
大きな卸しの工房(会社)から仕入れている商品、
自分のお店で作っている商品、
お店によって品揃えは様々です。
複数のお店で同じシリーズを目にすることもあれば、
『ここにしかない』一品を置いているお店もある。
品揃えと展示の仕方、店員さんの接客の様子などから、
店主の意向、趣味、時には哲学のようなものまで
伝わってくるような気がしました。
そして、そんなお店が集まったザイフェン。
振り返ってみて、なんだか街全体を
『ものづくりの誇り』が漂っていたように思います。

商品を提供する側として、『お店』ってなんだろう。
そんなことを考えさせられた旅でもありました。

さて、『ザイフェン買付け旅行記~後編~』は、
横丁でも人気商品となっている Roland Weber Söhne シリーズの
マイスター、ヴェーバーさんの工房を、
もみじがご紹介します。
どうぞお楽しみに!

♡おまけ
P1001043.jpg
泊まったホテルの朝食で『半熟玉子』を頼んだら、
こんな風に出てきました!
ホテルの方の心遣いも一緒に、しみじみ美味しくいただきました。
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR