とりきちのお仕事 AtoZ


先日、中古の事務机をベルリン市内の
ある男性から譲り受ける機会がありました。

彼に、なぜ机が不要になったか尋ねると、
彼はこう言いました。

広告代理店の仕事を始めて
僕にはかつて10数名のスタッフがいたけれど、
スタッフの管理やシフトの調整、
税務署や税理士とのやりとり、経理、雑用etcに
追われる毎日になってしまった。
僕が本当にやりたいのは、広告の仕事だ。
なのにそれができなくなってしまった。
だから2名を残し、スタッフには辞めてもらい、
再スタートすることに決めたんだ。


それを聞いて、とりきちは彼の勇気ある決断に驚き、
そして大きく共感したのでした。
とりきちの最近の仕事は、スタッフの管理、
シフト管理、経理、受注・在庫管理などばかりで、
なかなかお客様との接点が持てなくなっています。
新商品を置きたいのに時間が取れない、
ブログも更新したいのに、できない。
お客様から頂いたとりきちへのメッセージにも全て返信できない。
毎日の限られた時間の多くは品物の発注、支払いなどなど。

小鳥が大好きで、始めた仕事なのに、
自分は何をしているのだろう、と。
ふと虚しくなることが増えてきました。

そういうとき、お店のイラストに登場する、
かつて一緒に暮らした、セキセイインコのぷぷとクラウスの顔を見て、
しばし昔の日々の思い出に浸ってしまいます。
一人で、できる範囲の仕事をこなしていた日々。

机を譲ってくれた彼の決断は、
同じくスタッフを抱える者からみて、実に勇気あるものです。
でも、今のとりきちにはできません。

日本にいる小鳥さんがドイツからお送りする品で
喜んでくださる限り、そして飼い主さんであるお客様からの
喜びのメールを読むにつけ頑張ろうと思えます。

一人ではできなかったことが、
チームになることで叶うことが増えてきました。
喜びを分かち合える仲間の存在はかけがえのないものです。

世界規模で見たら小さな小さなお仕事だけれど、
日本の皆さまのお役に立てている。
そしてその中で、自分もスタッフもドイツで生活ができている。
それは大変ありがたく、幸せなことです。

とりきちは日々の仕事に忙殺され、
もっと見るべき大切なことを見失ってきているのかも知れません。

彼のように規模を縮小するのではなく、
違う方法で、自分をリセットする必要があるように思えます。

この春に大阪でお客様にお会いすることが、良い機会になりそうです。
皆さま、とりきちとスタッフに、喝をお願いします!

まだまだここが不満だ、ここを何とかして欲しい。
そんなお声をいただくことで、闘志が湧いてきます。

以上、店主つぶやきでした。

とりきち

プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR