『ヒンメルのとりきち横丁訪問記♪♪』

♪とりきち横丁スタッフではこんなスタッフたちが働いています!Vol.7〜アリサさん編〜♪

こんにちは♪ヒンメルですよっ(◔⊖◔)つ

さっそくですが…
横丁オフィスには、こんなモノもあったりするんですねぇ(^o^)

image-7_20140630063647aae.jpg

さて、前回、ユキモさんのインタビューが終わり、
今回からは、”Praktikum”(プラクティクム=企業研修、インターン)としてとりきち横丁にやって来た”Praktikantin”
(プラクティカンティン=インターン生)さんたちのインタビューをお送りしますよっ!

現在Praktikantinさんはベルリンの大学で日本学を専攻している
お二人
横丁スタッフと日本語でのコミュニケーションはまったく問題ありませんっ(・∀・)

”どうして横丁で働こうと思ったのか?”
”二人の目に横丁はどう映っているのか”


色々気になる質問をお二人にぶつけてみましたよっ!
勿論お二人は上手に日本語で答えてくれましたっ(◔⊖◔)つすごいねぇ!

それでは、最初にエストニア人アリサさんに迫ってみたいと思います♪

alisa1.jpg

ー『とりきち横丁』はどのように知りましたか?
また、『とりきち横丁』のPraktikumに応募したい!と思ったキッカケは何ですか?


『大学からメールで色々な求人をもらって、とりきち横丁にすぐ興味を持ちました。
私の日本語はまだ上手くないですが、日本人と一緒に働けば、もっと練習することができると思いました。
また、わたしは小さなペットが大好きなので、ペットのために何か良いことをしたいと思い応募しました。』


ー日本語がとてもお上手ですが、なぜ日本語を勉強しようと思ったのですか?どのくらい日本語を勉強していますか?
日本語の面白いところ、難しいところ、好きな言葉など、教えてください。


『子供の時からアジアに興味がありました。
高校の時、一週間に一度日本語の授業があって、二年後「日本語をもっと勉強したい!」と思いました。でも卒業した後、1年間授業がありませんでした。大学で今まで二年間日本語を勉強してきました。
日本語は本当に面白くて、楽しい言語です。漢字はもちろん一番難しいですけど、頑張ります!
また、日本語には沢山面白い言葉があります。例えば グルグルピカピカチカチカなど。
でも私の一番好きなことわざは「石の上にも3年」です。日本語の勉強は沢山時間が掛かります。すぐに日本語を習得することは難しいので、このことわざはその通りだと思いました。

ーアリサさんは実際にまだ日本を訪れたことがないということですが、将来日本のどこに行ってみたいですか?それはなぜですか?

『今、寿司レストランでバイトをしていますが、ドイツの寿司は多分ちょっと違います。だから本当の日本料理を食べたいと思います!
南から北まで、色々な所の専門を食べてみたいです。美しい自然と、有名な神社やお寺もみたいです。
日本の音楽やファッションに興味があるので、東京へもぜひ行きたいです。沢山のお店やコンサートがあります。Ghibli(ジブリ)の美術館へも行きたいです!』


ー日本の文化で一番興味のあるものは何ですか?

『前の質問に答えた時に、言ってしまいました!(笑)やっぱり、料理とファッションが好きです。
前は日本の映画と音楽にも興味がありましたけど、近年のことはよく知りません。』


ー『とりきち横丁』にPraktikantinとして入って約1ヶ月経ちましたが、現在行っている業務は何ですか?ドイツでの労働経験と比較して違いはありますか?

『色々なことをしています。
(インタビュー当時)1ヶ月だけですからまだ沢山勉強しなければなりません。日本人は本当に礼儀正しい人たちです。』


ー『とりきち横丁』のスタッフに対する印象はいかがですか?横丁オフィスの雰囲気はどうですか?

皆さんは優しくて親切な人です。雰囲気はとても良いです。仕事をしている時も、厳しい仕事の感じがぜんぜんありません。だからいつもとりきち横丁へ行ったら、やる気になって仕事ができます。』

ー鳥は好きですか?今まで鳥を飼っていたことはありますか?または他の動物を飼ったことはありますか?

鳥はきれいだなと思います。でも飼ったことはありません。
いつもフワフワなペットを飼っていました。ハムスターは私の一番好きな動物です。今年新しいハムスターを買いたいです。


ーアリサさんはベルリンにある大学で勉強していますが、ベルリンの魅力は何だと思いますか?またベルリンおすすめの観光スポットを教えて下さい。

『ベルリンには色々な国の人が住んでいるので、沢山レストランがあります。色々な世界の料理を食べることができます。
Zoologischer Garten という動物園へはぜひ行って欲しいです。
若い人たちには、Friedrichshain(※フリードリッヒスハイン地区)は多分良いと思います。クラブが沢山あります。ベルリンの近くにあるポツダムにはきれいなお城(※サンスーシー宮殿)があります。』


ー今後、どのような仕事をしてみたいですか?将来の夢は?

自分の趣味を生かせると色々な国へいける仕事をしたいです。大学を卒業する後で、できれば、大使館や旅行会社で働きたいと思います。でもまだ言い切れないです、沢山の可能性があります。』

ー『とりきち横丁』の商品を買って下さる日本のお客様へ一言メッセージをお願いします!

『お客様が幸せになれるよう頑張ります。よろしくおねがいします。』

アリサさん、インタビューに答えてくれてありがとうございましたm(_ _)m

アリサさんは横丁スタッフ一同で行ったカラス麦穂の刈り取りも一緒に頑張ってくれましたよねっ(◔⊖◔)★
また、現在ベルリンにあるお寿司屋さんでアルバイトもしていて、お寿司を作るのがとても上手なアリサさん!これからも日本文化に親しみを持ってくれると嬉しいねぇ♪♪
横丁でのお仕事も、アリサさんの貴重な経験になりますように★☆

さて、次回はドイツ人アンネマリーさんに迫るインタビューですよっ!お楽しみに♪

ヒンメル

△▼オマケ▼△

またまた、新しいモノに飛びつくヒンメルですよっ♪

image-5.jpeg

カナリーシード穂もよろしくね(◔⊖◔)つ
プロフィール

横丁スタッフ

Author:横丁スタッフ
ドイツ・ベルリンにある
『とりきち横丁』の
スタッフブログです。
新製品やドイツの鳥事情
横丁での出来事などを
お知らせしていきます♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
とりきち横丁のつぶやき
リンク
QRコード
QR